見出し画像

「えいやっ」と始めてしまうことが大切。

 

 昨日、TwitterとYouTubeチャンネルをついに開設してしまった。

 以前からやりたいな、と漠然と思っていたことだった。Twitterは正直「やらずにいたい」と思っていたが、やはり何事も経験というか、はじめたら何かが変わるのではないかという気持ちもあってやってみることにした。
 そしてYouTubeチャンネル。これはかなり前からずっとやりたいと思いつつ、なかなか一歩を踏み出せなかったジャンルだ。わたしがYouTubeをやりたいと思っていたのは2~3年前からで、そのときから講義形式の教育系のチャンネルがしたいと思っていた。しかしすぐに始めなかったのは、「まだ自分に教育系のチャンネルができるほど知識はない、もっと勉強をしてからしよう」、と思ってしまったからだった。
 つまりちゃんと準備が整ってから始めよう、と思ってしまったのだ。そして時間のながれは残酷なほど速く、気がつくと数年が経ってしまった。「いつかしよう、準備が整ってからやろう」と思っているうちに、わたしは結局雑多なことにながされ、いつかやりたいと思っていたYouTubeのことも忘れてしまいそうになっていた。

 このままではいけない、と思い、思いきってカメラとホワイトボードを買ってみた。それでもいざチャンネルを作ろうと思うと迷った。こんなわたしが始めてもいいのか、顔を出すことによって何か不都合なことが起こるんじゃないか、やっぱりやめといたほうがいいのではないか。しかし先にカメラとホワイトボードを買っていたのは正解だった。わたしはもうやらざるをえなかったからだ。
 しかしそれでも昨日、チャンネルを公開するまで逡巡した。
 だが、「えいやっ」と始めてみた。
 それでできたわけだが、正直そんな感じで始めてしまったのでクオリティは低いし、これからどうしようかということは見通しが薄いままでいるのだが、そんなことをちゃんとしようと思うとまた平気で数年経ってしまうので、とりあえず始めてしまうことが大事なのだと思う。

 noteとYouTubeとの併用はどうしようか、ということはやっていくうちに決めていこうと思っている。
 わたしは昨日も書いたように、「いつか人前で講義ができるような人間になる」というのが夢としてあるのですが、これは今から10~20年かけてゆっくりと叶えたい夢であって、50歳までにはそうなりたいと思っている。
 その練習、勉強のためにYouTubeを立ち上げたので、できるだけ動画での発信も定期的にやっていきたいと思っています。もちろんnoteの毎日更新もつづけていたいと思っているので、どういう形になるかはわかりませんが、同時進行でやっていきます。

 いまとてもやることが多く、わくわくしていています。
 迷うことは多かったけれど、「えいやっ」と思いきって始めてよかったと思っています。




 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
(▽◕ ᴥ ◕▽)
12
だれかの《教養》の一部になれるような記事を書くことを目指しています。50歳までに池上彰さんみたいになることが夢。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。