見出し画像

2019/11/15 #幸せをテーマに書いてみよう

ごきげんよう。

実はというほどでもないけれど、ごきげんようという言葉は私にとって懐かしく親しみのあるワードだ。ちんまりした幼女がごきげんようと言い、ぶっきらぼうな17歳もごきげんようと言い、いずれもミスマッチだった。ごきげんようの似合う女性には、未だ遠い。

私事だが、結婚してから自己犠牲をしている気持ちが強くなってしまっていた。

効率が悪いのと、許せないことが多いせいだと思う。

ごはんのことを考え、ふとした時に結婚式のことをやらないとと思いつき、ふとした時に掃除していないことに気づく。洗濯したはいいもののアイロンが溜まっていく。水回りの仕上げが自分の首をしめ、こたつの上が散らかったまま寝ることが許せず片付ける。それでもシンクにはお茶を飲んだ若干の洗い物を残して眠る。休みの日には作ったごはんのレシピを書き写す。作り置きを考える。やれなかった家事をする。スマホを見てオンラインショップをみながら足りないものや欲しい物を考える。タイムラインを追いながらブックマークやいいねをつける。ふと思い出したことを検索して脱線していく。

情報が過多だ、と気づいた頃にはフォロー数もサファリのお気に入りも開きっぱなしのブラウザもすごいことになっていた。

脳がつねに動いている気がして、なんにも考えたくない、と思うと実家に帰る。

結婚の反対等があり疎遠になっていたが、結婚してからは近いのでよく帰っている。仕事帰りに実家に寄り、翌朝仕事に向かって帰宅するので、夕飯とお風呂をもらって家族の顔をみるための帰省だ。そうではなく、休日を過ごしたくなった。高校生の頃、母とラジオを流しながらカフェオレを飲む午後から夕方の時間が好きだった。その時にしか存在しない会話をする、考え込んだことやリストアップされたものを片付けていくこともない、ああいう時間を無性に過ごしたかった。

そう思っていたら、旦那さんから連絡がきた。お互い年末年始は仕事なので、かわりに急遽来月に帰省したいと言う。私はシフト制勤務のため休みは希望を出せば休める。しかし友人との予定や母の誕生日で希望休を使うつもりだったので、希望上限数を大幅に超えてしまう。

これが家庭を持つということかあ、と思いながら友人との約束を1つキャンセルした。

かわりではないが、今日明日と久しぶりに長く実家へ帰ることにした。


結婚することはゴールではないとよく言うし、私もそう思う。

それでも結婚しているというだけで、最近結婚したというだけで、「今が1番楽しい時期だね」「幸せいっぱいだね」と微笑まれる。時にはその言葉の裏を感じながら微笑み返す。

もちろん望んでいた相手と望んでいた結婚をして、幸せな時期を幸せに過ごせている。

ただ、幸せだなと思うのはさまざまな場面がある。選び取らなかった幸せ、残してきた幸せ、選んだ幸せ。私には全てを手に取る余白はない。時々実家に一瞬帰り、時々ほんの少し好きなものを見に行き、多くはない彼との時間をつくる。

まるで薄く薄く幸せの瞬間を切り取っては並べているようだ。

この瞬間が幸せ、と思うそれらは、違う種類、違う厚さなので、目に見えるならば歪で、重ねれば崩れてしまうようなものだと思う。

カフェオレを母と飲む時間も、一人で朝早く起きてラジオを小さくつける時間も、旦那と互いを労わりながらも頭の匂いがくさいと言い合う時間も、帰ってきたら「予定潰させてごめんね」と謝ってくれる時間も、なにかを調べていたら自分の好きなものが見つかる時間も、幸せな時間だ。

セーラー服でごきげんようと言いながら廊下を走っていた頃は小さな世界だったから、すべてを手にしていたのだろう。

今の私が手にしたものの多さは、手にとりきれない量になった。しかもその中から幸せだと思えるものを切り取っていくことの難しさは意志と関係ないところで複雑になっていた。

だから薄く薄く、幸せな瞬間をナイフで切り取っていく。

幸せの瞬間は歪であればあるほど、私は大人になったのだ、世界が広がったのだ。幸せを与える存在にもきっとなれている。どの幸せも、どんなに小さくなっても、愛しいものだ。


時にはその切り口に涙が滲んでも。


(あきらとさんはじめ、運営の皆さま、楽しい企画をありがとうございました。)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

なんと!!ありがとうございます!
19
できるだけ朝ノートにできますように。 日々思うことに何かをつかめたらいいと思う。 💍2019.10.1 marriage/🕊2020.6.6 wedding/🦔Twitterはプライベート寄りのため鍵かけていますがお気軽に。

コメント2件

コメントありがとうございました〜
僕の所にコメント返しするよりも、にんにさんのnoteへのコメントの方がいいかな!?と思い〜こちらへ〜
仕事、結婚生活と忙しいと幸せって気付きにくいですよね〜
でも、その中からいっぱい幸せを感じとっていけてるのもまた幸せ〜
かいひなたさん
コメントありがとうございます。
長文を読んでくださりありがとうございました。忙しさの中で、手元にある幸せに気付きにくくなってしまって…。幸せを感じる時、なにかを失って得ての結果だとじんわり感じて、キュッとした気持ちになるのです。でも幸せの種類がたくさん増えたのは嬉しいなあも思います(*ˊᵕˋ*)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。