見出し画像

介護職にとって大切なこと

介護現場への就職経路


介護職員になるために多くの方は資格を取って職員になっていると思います。昔ですとヘルパー2級や今だと初任者研修など。そこで技術の勉強をし資格を取得し現場で勤務されている方と福祉学校を卒業してから現場に就職する方の2つの経路の方が多いと思います。

また、転職をされ介護現場に働きに来る方も多くいます。前職が福祉とは関係がない方もご縁があり、介護職員になる方もいます。

しかし、どの経路にも共通しているのが「介護技術」は学んでいることです。

介護技術があるだけでは介護は出来ない


資格を取得し介護現場に入職すると「教わることもなく直ぐに介護に立ち会う新米介護職員」の方々もいます。しかし、上手くいかないことも多々あります。

「トイレ介助」や「入浴介助」「食事介助」を嫌がる方や「帰宅願望がある方」、「自宅から出たくない方」など多くの介護職員はこのような経験をしていると思います。

どんなに介護技術があっても拒否をされたり、嫌がれればその技術は発揮されません

しかし、上記のような場面に遭遇した場合に取られる手段が「職員を変えて試してみる」や「少し強引に介護をするという手段」を取られている方もいると思います。介護をする上で悩まれている方も多いと思います。

コミュニケーションに始まりコミュニケーションに終わる介護


介護をする上で一番大切なことは「コミュニケーション」です。

介護技術はもちろん上手な方が良いですが、介護が出来なければその力は発揮されません。

それ以上に重要なのがコミュニケーション。

介護職員が介護をするのを拒否されたり嫌がれることはどうしても起きてしまいます。しかし、拒否を減らすことも出来ます。

それが日々のコミュニケーションを行うことにより得られる「信頼関係」

例えば、自分自身が知らない人にトイレ介助や入浴介助をされている姿を想像してみて下さい。どんな人も嫌だと思います。それは介護を受ける方々も同じ気持ちを持っています。だからこそ、コミュニケーションが大切です。

コミュニケーションと言って「そんなに一人の人とお話をする時間が取れない」と言う方もいると思います。確かにお話をする時間を取ることが出来れば一番良いのですが中々取れない方の方が多いと思います。介護現場では日々業務に追われている方も多く、コミュニケーションに時間を割けない現状もあります。

だからこそ気を付けるのは「挨拶」をすることや「声をかける」こと。

何気ない一言が信頼関係を築く


朝の「おはようございます」食事の「美味しかったですか」入浴後の「気持ち良かったですか」などの一言一言をしっかりとかけることがとても大切です。

コミュニケーションはもちろんたくさんお話をする時間も大切ですが、それと同じくコミュケーションを取った量も大切です。

「どれだけその方と交流を取ったか」

だからこそコミュニケーションの量も大切です。

コミュニケーションの量を増やすことにより信頼関係を築けます

介護職員こそコミュニケーションのプロ

「介護職員こそコミュニケーションのプロであれ」

どんなに技術があっても、コミュニケーションが出来ていなければ介護をすることは出来ません。

もし出来ていたとしてもそれは介護者目線の介護になってしまう可能性があります。

「コミュニケーションに始まりにコミュニケーションに終わるのが介護」

新人の方もベテランの方も介護技術と一緒にコミュニケーションにも磨きをかけることが大切です。

どうしても時間に追われ、業務に追われ、コミュニケーションが出来ていないこともあると思います。

だからこそ

すべての介護職員がコミュニケーションのプロを目指して欲しいです。


HANALAB情報

YouTube:わくわくHANALABメソッド

Twitter

https://twitter.com/HANALAB8

LINE公式

ホームページ

レクリエーション介護士2級通学講座



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
21
はなラボの学びの場へようこそ! 「noteを学びの場に」をテーマに配信! 主なトピックスは「医療介護業界のこと」「ビジネス実践塾」などを配信しています!! HANALAB専任講師の1人 ふくちゃん先生のマガジンも配信中! https://lit.link/kaigodanzi