見出し画像

山ちゃんに惚れた理由はこれじゃないでしょうか

南海キャンディーズ山里さんが蒼井優さんと結婚しましたね。
だいぶ出遅れましたけど、書きます。
今だったら闇営業問題とか書いた方がいいんだろうけど、言葉が私の中ですんと落ち着いたのが、今なので。

各所で、いろいろ皆さんがコメントしていて、ウオッチングしていました。
美女と野獣だなんて言ったりして、顔面がどうのと言った人がバッシングに謝罪したりして。
いやいや山ちゃんって格好良いから、そもそもスペック高いから。などと言う人たち。
って急にオンナどもが言い出したな。と言い出す爆笑問題太田さん。

どうして蒼井優さんが山ちゃんを好きになったか。
私はおそらくこれじゃないかって思うことがあったので書きますね。

これでしょ。

山里亮太著『天才はあきらめた』。

私の最初の蒼井優さんと山ちゃんのコンタクトは、

しずちゃんと仲良しの優ちゃんが、この著作に大変感動して、付箋紙を貼って、しずちゃんに「読んで!」と大プッシュしてきた。
今、いちばん尊敬しているのが山ちゃんだ。
ということをしずちゃんが言っていた

という記憶です。
私が、「二人がつながったな」と思った瞬間はこれです。
去年の終わりか今年の初めだったでしょうか。
ちょうど本を読み終わったときに、この話を思い出したので、鮮明に覚えているんです。
わかるぞ、蒼井優。
と思った。まさか結婚するとは思わずに。

かの著作は、本人の芸人半生を書いたものです。
天才になりたくて、自分を凡人と認めたくなくて、辛酸をなめまくり、
周りの人に迷惑をかけ同時に助けてもらい、それでも信じてがんばってきた山里さんの恥と努力を全部開いて見せた感動の本。
これから大人になる人全員に読んで欲しい。
そして大人になった人に突き刺さる一冊です。

これ読んだら、好きになるよ。
自分の恥をさらした勇気と男気、これからも道を踏み外さないだろう、っていう確証がこの本にはある。
これだけのことをした人はもう下にはさがらない。
上昇していくのみ。応援しちゃう。
周りに迷惑かけたっていうけれど、それでも今の深い反省から人に対する愛情がわかる。
それはきっと本に出てくるご両親から受けついだものだろう。
私もこれ読んでめちゃくちゃ彼の株が上がりました。
南海キャンディーズの漫才のファンで、二人をずっとウォッチングしているんですけど、山ちゃんの発言は終始一貫していないことが多く、その場で一番うまく通る答えをしているんだろうけど、一方で、「嘘つきめ」って思っていました。
もちろん才能があって、面白くて、すごいっていうのを前提に。
しかし読んでみて、意味のあるウソしかついてこなかったからいいんんじゃないかと考えを変えた。
仕事をしている社会人としての姿勢がとにかく素敵だから、文句言えないです。働くって、大変なことと知っているから。
ウソつき病じゃなかった。失礼な勘違いでした。ごめんなさい。 

結婚に至ったきっかけはこの本、だと思うんです。
でも、そんなに語られていないよね。
記者会見で言ってました?私が見逃したのかな。
どの芸能記事にもそうは書いていない。

こっからは私の考えです。

あえて言ってない、ってことはないだろうか。
そんなことのために、この本を書いたわけじゃないから。
たまたま人気女優と結婚に至ったとしても、この本がきっかけ、となれば、
「なんだ釣りに使ったのかよ」って言われてしまう、その可能性を考えたのではないでしょうか。
この本に詰め込まれた、たくさんの人たちの人生が一括して、蒼井優をつり上げるための道具にされてしまうのを避けたかったんじゃないか。
あの人への感謝も、この人への恨みも、なーんだ幸せになるためだったんかい!って言われちゃったら、最悪だ。
読めばそんなわけないってわかるけど、たいていの人は読まないわけだし、表面で判断するよね。
山ちゃんが関わってきた人がキラキラ輝くような内容を、「本で惚れました」と言うことで終わらせるわけにはいかない。

おそらく私の考えすぎです。
本はとってもおすすめです。
素敵だな、って本心から思うと思います。
だから、芸人さんはもれなく人生を本に書いてくださいませ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
お笑いファン
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。