見出し画像

人生最後の日までイメージしたことはありますか?

私は今、

『人生学』

という新しい講座をつくろうとしています。

7月頃の開講を目指しています。

https://note.com/hanagreen_school/n/n7487917ce94b

その目的は、

人生最後の日まで、健康でいたいし、

精神的にも経済的にも自立していたい、

人生最後の日まで、

“今日も充実した幸せな一日だったなー!”

…と、

今世を終わりにしたいと思っているからです。

多くの人たちは、今を見ています。

もちろん、今を見ることも大事ですよね。

でも、時間の経過とともに、世の中は変化していくし、周囲の人たちも変化していくし、人は、老いていきます。

この先30年、40年後の自分の日々をイメージできますか?

老後の話になると、

年金や貯蓄など、お金の心配をする人が多いけど、

そもそも、

人生最後の日まで、収入を得られるような生き方を選べば、

そんなに老後のお金を心配する必要もありません。

人は、楽しいことが好きです。

楽しいことは、自然に行動できるし、

だれかに指示されなくても、自分からやりますよね。

私は、

仕事も、楽しいことをやれば、

“一生働きたくない”とは、思わないんじゃないか、

と、考えています。

“一生働きたくない”という人たちは、

仕事が楽しくないものだからですよね。

仕事が楽しくて、充実感を感じられて、収入も得られるのであれば、

きっと、人生最後の日まで仕事をしたくなるんじゃないかな。

だって、楽しいことは、やりたいから。

私は、

人生最後の日まで、健康でいたい、

という人たちに伝えたいことがあります。

人生最後の日まで、精神的にも経済的にも自立していたい、

という人たちに伝えたいことがあります。

自分のために、だれかのために生きることは、何にも代えがたい充実感があります。

そして、この充実感こそ、幸福感であり、

この感覚は、人を健康にするのではないでしょうか。

孤独は、認知症やうつ病の発症率を高めるという

医学的データがあります。

人は、人とかかわり合いながら生きていく、

成長していくことが、健康な一生につながると思っています。

人生最後の日まで、自分の食べたいものを食べ、

行きたい場所に、自分の足で行き、

会いたい人と一緒に過ごして、

仕事に充実感を感じて、だれかの幸せに小さな貢献ができたら。

そんなふうに、人生最後の日を迎えたいな、

と、私は思っています。

そのために、今日できることをやっています。

昨日も、今日も、明日も、自分の未来につながる1ピースです。

70歳、80歳になっても、“今が最高ー!!”と、思っていられるように、私が、これまでたくさんの方とお会いしてきて感じていること、

私自身の暗黒時代の経験も含めて(笑)

きっと、だれかの未来に役立つような気がして、

健康で幸せに生きるための知恵を伝えたいと思っています。今日も、世界中の人たちの心に安心と幸福があってほしいから。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!