見出し画像

eBASEBALLとプロ野球

 11月3日にNPB・KONAMIが共催する、もうひとつのプロ野球「eBASEBALL プロリーグ」が開幕しました。今年で2年目ですね。昨年に比べると視聴者や観客、賞金も増え、会場も豪華になりました。

(※eBASEBALLには実況パワフルプロ野球が使用されています)

 実は私、eBASEBALLが初めて開幕した昨年の秋までプロ野球選手どころか12球団の名前すら知らなかったのです。しかし1年経った今、北海道日本ハムファイターズと読売巨人軍のファンになっています。(短期戦のソフトバンク強すぎ😭😭😭)

 eBASEBALLはプロ野球の面白さを知るひとつのきっかけです。

 NPBがeBASEBALLを開催している目的は2つあると思っています。1つ目は私のような野球を知らない人にプロ野球を知ってもらうこと。2つ目はプロ野球ファンに1年間プロ野球を楽しんでもらうことだと思います。
プロ野球のシーズンが3月下旬から10月、11月から1月までeBASEBALLがあります。

 ゲーム好きからすると国内の大きな組織が主催して賞金を沢山出してくれる大会は少ないのでNPBとKONAMIが共催して大会を開いてくれることはとても嬉しいのです。(勿論スポンサーにも感謝しかない)

 しかし、スポーツ好きからするとどうでしょう。「プロ野球」を楽しむことが目的なのにゲームはスポーツじゃない、スポーツと一緒にするなという声が少なからずあるのです😿(球団公式Twitterで応援リプを送るあたたかいファンもいます)

 ゲーム好き兼野球ファンの私からするとそんなことはどうでも良い。

 スポーツもゲームも第一は楽しむこと。第二は楽しませること。ゲームはスポーツであるか否かではなく、「オフシーズンにeBASEBALLを開催するのでプロ野球をゲームを通して楽しんでください」というNPBからのメッセージなのです。

 ということでプロ野球ファンの人たちにeBASEBALLの(個人的に思う)面白さを紹介したいと思います。細かいルールはeBASEBALL公式サイト(https://e-baseball.konami.net/pawa_proleague/)をご覧ください🙋 

 まず1つ目、二軍や控えの選手がスタメンになることがあります。二軍の足が速い選手を代走や外野の守備固めに使ったりしていました。能力が高い又は何かに特化している選手は現実のプロ野球の成績に関係なく使うって感じです。この選手をここで使うのか!ってことがよくあります。

 2つ目、打順がプロ野球と全く違うことも。eBASEBALLは5イニングしかないので1番からパワーがある選手を並べていました。併殺の特殊能力がある選手を1番に置くというパワプロあるあるの戦術も。

 3つ目、実際のプロ野球と似ています。
 例えば、盗塁はピッチャーの目線をよく見ないとできないですし、盗塁を読まれて刺されることもあります。
 ピッチングもプレイヤーが動揺するとストライクゾーンに球が入らなくなり、四球を出すこともあります。
 守備が難しそうと感じたのは実際のプロ野球と同じく「ZOZOマリンスタジアム」です。他の球場より風で球が流されやすくなる設定がされているので落下点が読みにくそうでした。又、守備を交代した選手のところに球が飛んでくるというプロ野球あるあるも。 

 

 ここまでの話を簡単にまとめるとオフシーズンにeBASEBALLっていう野球ゲームの大会が面白かったからみんなも観ようぜ!ってことです。

 KONAMIのyoutubeチャンネルに昨年からのアーカイブが残っているので贔屓の球団の試合からでも観てみてください😆第二節はyoutube等の配信サイトで今週末に配信されます。 

 

 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます😃
2
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。