見出し画像

見やすい文章を書くための5つの心得

こんばんは。はまじんがーです。
今日も3記事目の投稿となりました。

今回は、「どうやったら見やすい文章を書けるのか?」について。

どんなに内容が素晴らしくても視覚的に見づらい文章を読む気にはならないですよね。
いくら性格が良くても見た目がブサイクだとモテないのと同じです(違うか)。

というわけで、見やすい文章を書くために心得たいことをまとめてみました。

1. 箇条書きを用いる
2. 漢字とひらがなのバランスを意識する
3. 文章が不必要に長くならないようにする
4. 句点(。)が出てくるたびに改行して文頭を揃える
5. 「この」「その」「あの」などの指示代名詞を少なくする

一つずつ説明していきたいと思います。

1. 箇条書きを用いる

例えば、上記の5つの心得を箇条書きを使用せずに書いた場合、

見やすい文章を書く上での心得は、箇条書きを用いること、漢字とひらがなのバランスを意識すること、文章が不必要に長くならないようにすること、句点(。)が出てくるたびに改行して文頭を揃えること、「この」「その」「あの」などの指示代名詞を少なくすることです。

みたいな感じになります。
どちらが見やすいかは、一目瞭然ですね。

このように、ある観点について情報を列挙する場合は箇条書きを積極的に用いることが文章を見やすくするコツです。

2. 漢字とひらがなのバランスを意識する

漢字が多すぎると読みづらいですし、ひらがなが多すぎると幼稚な文章に見えるからですね。

まあ、普通に書けばそんなにおかしくなることは無い気もしますが。

3. 文章が不必要に長くならないようにする

不必要に長いと、当然読みにくいですからね。
書き終えた後に一度読み直したりとかしてみると、意外にいらない表現とかたくさん入ってたりします。

なるべく文章をコンパクトにまとめることも読み手への配慮ですね。

4. 句点(。)が出てくるたびに改行して文頭を揃える

改行をすることで、読み手がどこまで読んだかを分かりやすくするためです。

特にスマホで文章を読む時などは1行あたりの文字数が少なくなって文章の折り返しが頻繁に行われるため、改行がなかったらどこまで読んだのかを見失いやすくなってしまうんですね。

5. 「この」「その」「あの」などの指示代名詞を少なくする

文章を途中から読んでも、意味が伝わりやすくするためです。

指示代名詞が多いと、それが何を指しているのか文章を遡って確認しないといけない。
ネットの文章を一文一文じっくり読み込む人はなかなかいないでしょうから、飛ばし読みされることを前提に記述することが重要ですね。

最後に

以上、見やすい文章を書くための5つの心得でした!

これらを意識して、見た目が整ったイケメンな文章を書いてみてくださいね!

以前も取り上げましたが、見やすい文章について詳細に学びたい人は是非こちらの書籍も手にとってみてください。

今回の記事は以上です。
お読みいただき、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます(^-^)
35
業界最大手大規模システムのアーキテクトを務める傍ら、業界トップのコピーライターの側で勉強中。趣味は読書、映画、野球観戦、広島育ちのカープファン。好きな音楽はAcid Black Cherry、Janne Da Arc(活動再開・復活熱望中)。「書く」を通して豊かになろう。