見出し画像

WordPressが使いにくいなら静的サイトジェネレーターを使えばいいじゃない

本格的にブログを作るならWordPress、というのが合言葉になりつつありますが、みなさんWordPress好きですか?わたしはめっちゃ嫌いです。理由は以下の通り。

使いづらい(管理画面わけわかめ、重い、定期アップデートが面倒)
コスパが悪い(無料テンプレートが雑魚、有料コンテンツが多い)
自由度が大して高くない(最新サービスの反映が遅い、フォークできない)

かと言ってフルスクラッチでブログを作るのは悪手です。ページを増やすたびにhtmlファイルを作って、記事一覧をひとつずつずらして...この面倒くさい作業をぜんぶやってくれるのがWordPressや静的サイトジェネレーターです。

(追記)フロントエンドエンジニアやWebデザイナーの方でもWordPressやめて静的サイトジェネレーターに移行したよ!という声も多く。誰でも簡単に便利に、が謳い文句のWordPressの便利さ簡単さが何回使ってもぜんぜんわからず、私もしかしてアホの子?と落ち込んでいたのですが、同じような悩みを持ってる方(しかもWordPress経験済のプログラミングガチ勢)がいるという安心もあり、試してみるにあたりました。またこの記事はWordPressをディスりたいわけではなくて、「WordPressなにもわからない」となってしまった方にひとつの選択肢を提示したいという気持ちで書いています。

プログラミングの端っこをかじるぐらいの生粋の素人らしく、3年遅れぐらいで静的サイトジェネレーターに出会いました。静的サイトジェネレーターとは簡単に言うと、少しのプログラミング(というかググること)ができればWordPressより早く安く便利に安全に自由度の高いブログを作れる代物です。というわけで、今日はWordPress不便すぎって人向けに、静的サイトジェネレーター最高と惚気るだけの記事を書きたいと思います。

ローカル環境でブログをぜんぶ作ってくれる

Webサイトはディレクトリ(フォルダ)でできています。ディレクトリの中にhtmlやcss、画像が入っていて、ページに合わせて必要なものを引っ張ってきて組み合わせる仕組みです。静的サイトジェネレーターは、必要な材料(後述)を渡すとホームページに必要なhtmlやcss、画像などをぜんぶパッケージにしてディレクトリとしてビルドして(書き出して)くれるサービスです。作業はターミナル(Mac)やコマンドプロンプト(Windows)を使ってできるので、ローカル環境(パソコン上だけ)で完結します。編集のためにデータベース(オンラインの管理画面)にアクセスしないので乗っ取られることもありません。動作確認をしたあと、静的サイトジェネレーターのつくったディレクトリをサーバーにあげればブログは完成。とっても簡単です。

静的サイトジェネレーターにとって必要な材料とは、htmlテンプレートとブログエントリです。空のテンプレートにブログエントリを自動で流し込んでひとつひとつhtmlとして書き出す、といったことをしています。

ブログエントリは.mdや.markdownというファイルに書きます。普通、htmlに文書を入れる場合、見出しは<h1>見出し1</h1>や段落は<p>段落</p>と書かないといけず、基本的に面倒くさいです。.mdはsyntax(構文)が簡単になっていて、見出しは#見出し1、のように書くこと自体がラクにできています。静的サイトジェネレーターは.mdを読んで、html構文に翻訳してくれた上でテンプレートに入れてhtmlを生成します。

プログラミングを大して知らなくても使える

静的サイトジェネレーター自体には色々と種類がありますが、メインどころJekyllHugoGatsby.jsです。言語はそれぞれRuby on Rails, Go, Javascript/Reactですが、知らなくても使えるので安心してください。わたしは使いたいテンプレートに対応しているもの、との理由でとりあえずJekyllを使いました。RubyもRailsも一ミリもわかりませんが無事にサイトは完成しました

どのサービスもドキュメンテーション(リファレンス)がしっかりしていて、公式サイトやチュートリアルを追うだけで言語がわからなくてもプログラムを走らせることができます。バージョンなどで問題が起こった場合は「○○ not working why」などで検索して、出てきたスレの解を片っ端から試せばいずれ動くようになりました。

自由度が高い

クリエイターにとって、サイトの見た目は命...そのためには自分で自由自在に編集できることは大切です。どのサービスを使うにしても、ファイル構造がわかってしまえばhtmlテンプレートとcssを直に編集して好きな見た目のサイトを自由自在に作れます。動作確認はローカルサーバーを立てて(インターネットに繋がずに)できるので、フィードバックが早くて正確なのも特徴です。WordPressで更新するたびに反映されてなくてCookie削除していた日々よ、さようなら。

コスパ最高

WordPressだとサーバーやドメイン、テンプレートやプラグインを買う必要があります。静的サイトジェネレーターだとGitHubを使えばドメイン料だけ、そうでなければドメインとホスティング料だけでページを持つことができます。

やってみたいこと

Hugoもちょっとお試ししてみたんですが、使いやすそう...!ということで、HugoやGatsby.jsでJekyllで作ったブログが再現できるかやってみたいと思います。またJekyllもHugoもGitHubと連携してる模様。GitHubの使い方もあんまりわかってないので、これを機に調べてみたいなあと思います。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも読んで頂きありがとうございます!頂いたサポートは「ごほうびコーヒー」を買いにいったカフェで虚空をみつめながら新しいアイディアを模索するのに使わせて頂きます。

58
フリーランサー/メディカルイラストレーター in ボストン。理学修士。ジャーナル、インフォグラフィック、教育ビデオなど、サイエンス系のイラスト、3DCGが得意です。ポートフォリオはこちら→ http://maomiyamoto.com/ Twitter @meeowmiya
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。