29_4735_角2金2歩2-

【金歩≧銀桂?双裸】19.07.17. ('、3[___]

【手順】
▲5三角※  ▽4四銀合  ▲3六歩   ▽2五玉
▲4三角※  ▽3四歩合  ▲2六金   ▽2四玉
▲2五金打  ▽2三玉   ▲3四金   ▽1二玉
▲1三歩   ▽同 玉   ▲3一角成  ▽2二金合
▲2四金   ▽同 玉   ▲2五金   ▽1三玉
▲1四歩   ▽1二玉   ▲2一角成  ▽同 金
▲1三歩成  ▽1一玉   ▲2一馬   ▽同 玉
▲2二金                 まで29手
※:いずれも限定打
注:最終手余詰なし、成不成非限定なし、変同なし、余詰なし

【七夕の双裸】19.07.07.25 (x3_ヽ)_ と同じ配置で持駒が【角2金銀桂歩】の35手詰完全作から【角2金2歩2】の29手詰完全作に変わった。手数の観点からすれば金歩>銀桂、戦力として見れば金歩=銀桂となるため、トータルとしての価値は金歩の方が(銀桂より)高いと考えられる(んなわけあるか、場合によるわ)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

「ためになるわ」と感じて頂ければサポートを頂ければ幸いです。よろしくお願いいたします。

(〜'ω' )〜ありがとうございました
化学出身(工学)の ”はる筆線屋” と申します。 ①自分の感性と知見を切り口にした科学・哲学エッセイ、詰将棋をメインに書いてます。 ②量子力学は化学科の視点で眺めてますので、物理学科の方とは見方に差異があると思います。 ③宇宙妄想好き。 よろしくお願いいたします。

こちらでもピックアップされています

【詰将棋】双裸玉部
【詰将棋】双裸玉部
  • 15本

詰将棋界で見向きされないマイナージャンル「双裸玉」の探索をやっています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。