見出し画像

『島の住宅01』植栽メンテナンス

去年の10月に引き渡しを終えた「島の住宅01」の外構の植栽メンテナンスを西海園芸さんにお願いしました。当時は冬に入る前でしたから、植栽は冬眠中。今では鮮やかな緑になり、実をつけ始めていました。

画像1

残念ながら枯れてしまった株立ちの幹などを剪定してもらいました。

画像2

クライアントからの要望で植栽の種類を明記した外構図面を頂き、植物の位置と種類を確認。

外構工事を担当した西海園芸の職人の皆様も、始めてクライアントから感想をもらい、満足のいく仕事になったことを喜ばれていました。

外構計画の際は、島内の植物の生態系に配慮してもらうこと、島の緑や海の風景に馴染みながら、周囲に圧迫感を与えない空間的余白と集落の新たな風景をつくることを検討いただきました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んで頂きありがとうございます!あなたのサポートが執筆の活力です。応援よろしくお願いします。

あなたの「スキ」が励みです!
8
Mizutani Hajime,atelierHUGE主宰,書籍等:地方で建築を仕事にする(学芸出版)臨海住宅地の誕生(新建築社)現在知Vol1(NHKブックス),日本建築学会 2018年-2019年 建築雑誌編集委員,空間の探求と再現が仕事,島暮らしの猫好き。

こちらでもピックアップされています

atelierHUGEの仕事日記
atelierHUGEの仕事日記
  • 7本

atelierHUGEでのプロジェクト進行状況を公開できる範囲で日記にしています。