見出し画像

私は私のままで生きることにした

①【自分からみじめになってはいけない】
わずかな好奇心を満たすために他人の生活を見物して、「みじめさ」という代償を支払ってきているかもしれない。
あなたの好奇心やエネルギーは、
あなた自身の人生をよくするために使った方がいい。
何枚かの写真で見る他人の人生なんかより、
自分の人生のほうがずっと大切なのだから。

私たちの目に映る他人の姿はすべてではない。
人はそれぞれ、傷や不完全さを抱えている。
だから、あなたが理解しないといけないのは、
実は誰の人生もそれほど完璧ではないということ。

②【自分らしい人生って?】
大体の人が周りの環境に合わせ自分で人生を選択する作業を怠る。
自分の人生なんだから自分で考え自分で行動することによって言い訳をしない大人になろう。
まず自分に関心をもって、
これまでどう生きてきたのか、
人生でどんな価値を大切にしたいのか、
何に幸せを感じるのか、
「自己感覚」を探してみよう。
やらなければならないことではなく、
自分が本当に好きなことを見つけよう。
「何がやりたいのか、自分でもわかりません」
そんな人たちにはこう聞き返したい。
「好きだからやってみたことって、何かある?」

③【当たり前だと思っていたことに疑問をぶつけよう】
私が子どものころにも、勤勉さと誠実さが奨励された。
高熱が出ようが休まず学校に行けば皆勤賞として称えられた。
それは当時の韓国が製造業のさかんな国だったことが関係している。
製造業では、創造力や個性よりも、勤勉と誠実という資質が求められた。
けど現在は違う。世界は変わっている。
それでもまだ何も考えずにただただ僕たちは過ごしている。
これまで真理だと信じてきたことを問い直すとき、私たちは一歩先に進める。

④【自分以外の何者かになろうとしないこと】
カンナムの皮膚科専門病院で働いていた彼はなぜ幸せではないのだろう?
彼が追い求めていたのは、社会的地位、経済的安定、周囲のひとからみとめられること。
自分を見つめることを知らずに生きてきたため、内面が空虚なままだった。
彼の目標は医師になることだったのになったらなったででかい病院へときりがない。
私たちにとって大切なのは、自分を証明する名刺ではなく、誰かに証明する必要のない自分自身になること。

「不可能の国」
イギリスのジャーナリスト、ダニエル・チューダーによると、韓国は、教育、名誉、ルックス、職業的な成功といった分野で達成可能な高い基準を定め、それに画一的に合わせるよう、大きなプレッシャーを課している国だという。
私たちは自分なりの答えをもつ権利がある。
それは間違いではなく、各自にとっての正解だ。

⑤【すべての人に理解されようとしなくていい】
結婚してる?とか仕事は?とか貯金は?とか
自分のスタイルと違うという理由だけで、
私を色眼鏡で見て、いい加減な人間だと判断を下す。
そうした人たちを前にたじろぐ必要はないし、自分の正しさを証明しようと頑張る必要もない。
あなたは、偏狭な人たちの理解を得るために生きているのではない。
あなたの人生はあなたのものだから。

⑥【ときには寄り道してみよう】
精神科医のキム・ヒョンチョルは、
ハンガリー、日本、韓国の共通点として
「寄り道が許されない社会」と言った。
そしてこの三国のもう一つの共通点が自殺率が高いこと。
韓国は寄り道は人生を台無しにすると考えられている。
大学進学、就職、結婚、出産、マイホーム購入
適齢期に実行しないと人生失格のレッテルが貼られ社会的に孤独になる。

北欧の国々で幸福度が高いのは所得が多いからではなく、
大きな自由度、他人への信頼感、多様な才能と関心への尊重にあるという。
私たちはそのちょうど真逆にいる。
自由を奪われ、画一的な人生を強いられる。
もし、どんな人生を送っても、あるがままの自分が尊重されるという安心感があったなら、私たちはどれだけ自由で幸せになれるか。
好きなだけ寄り道のできる自由と、お互いの寄り道を許可する寛大な目。

⑦【身軽に生きよう】
旅行のとき心配だからといって大量に物を持っていくが帰ってきたら半分以上使ってないということはよくある。
別にいるものがあれば現地で買えばそれも思い出になるしあまりもっていきすぎると逆に疲れる。
人生も心配ばかりして荷物が増え過ぎてないだろうか?
旅行中に一度も取り出さなかった荷物と、
まだ起こってもいないことへの心配と、
人生を重くする不必要な欲望と、
恥じる必要のない恥と、
疲れるだけの過剰な関係。
こうしたものに対して「さようなら」を。
それらを放棄すれば、自由になれる。

⑧【自分の幸せに関心を持つ】
「不幸手帳」→「幸福手帳」
そして自分が何に幸せを感じるのか、
自分はどうすれば立ち直れるのか、
自分はどんなときに生きていると実感するのか
という、自分の幸せを扱うノウハウを知っておくことが大事。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
YouTubeでハジメ塾というチャンネルをしてます。オンラインサロン「ハジメ会」も是非覗いてみてください。まずはTwitterをチェックお願いします🙇‍♂️◆Twitterhttps://twitter.com/hajime264
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。