ロジスティクス倉庫システムのリスクの特定と管理

ロジスティクス倉庫システムのリスクの特定と管理

画像1

建設段階のリスク。

1)設計要件のリスク。

設計要件は設計の基礎です。実際、要件が妥当であるかどうか、および設計指標が適切であるかどうかは、プロジェクトに大きな影響を与えます。多くの企業はこれを明確に理解しておらず、設計ガイドラインや指標について無感覚で過度に心配しています。また、ビジネスをクリアする方法、設計要件を明確にする方法、極端なことを避ける方法も比較的困難です。

2)設計計画のリスク。

ロジスティクスシステムの構成は非常に複雑な場合があり、その設計作業は1人で完了しないことがよくあります。ただし、設計チームでは、すべての人の知識、能力、および経験が異なります。設計における根本的な問題をどのように回避するかは、プロジェクト建設における主要なリスクです。

設計過程において、設計が関連仕様(防火仕様など)に準拠しているかどうか、レイアウトがスムーズであるかどうか、機器やシステムの選択が合理的であるかどうか、設計が高度で美しいかどうかが重要なパラメータです。設計リスクを評価するため。

3)機器および設置の品質リスク。

設備の品質はどうですか?一方では会社の能力と蓄積に依存し、他方では特定の製品に依存します。ただの凝ったツアーにとどまるのではなく、現実的な調査を行い、いくつかの重要な指標の質問を提起し、ユーザーの意見に耳を傾ける必要があります。

ロジスティクス倉庫システムは非標準的なシステムであり、現場での設置作業が多くあります。設置品質は、機器の品質の重要な部分です。棚、コンベヤー、選別機、スタッカーなど。現場でインストールしてデバッグする必要があります。最高の機器でさえ、インストールが失敗した場合、品質は要件を満たしません。私の国では、物流機器の設置率が非常に低く、設置者の専門性の欠如が設置品質の悪さの重要な理由の1つです。これはまた、企業が設置品質にあまり注意を払わず、リスクを認識していないことも反映しています商業物流

4)建設期間のリスク。

新しいロジスティクスプロジェクトが時間どおりに完了することはめったにありません。時間通りの完了は、プロジェクトの成功を測定するための重要な指標です。すべての建設期間の管理の中で、土木建設期間、特に承認段階とクロス建設段階は、管理が最も難しいことがよくあります。

建設期間の管理は、機器の生産サイクル、設置サイクル、土木建設サイクルなど、科学的である必要があります。建設期間をやみくもに圧縮することはできませんが、科学的な分析と管理によって建設期間を合理的に管理し、過度に長い建設期間を回避することもできます。

5)資本リスク。

資金調達のリスクは、プロジェクトの資金調達チェーンの中断に現れ、作業の中断やプロジェクトの終了につながります。たとえば、朱海の有名な巨大な建物は、資本チェーンが壊れたために取り壊されなければなりませんでした。

建設の遅れ、予算超過(主に準備金の不足による)、資材価格の上昇など、資本チェーンに影響を与える多くの理由があります。実際、ほとんどのプロジェクトは過剰に支出されるため、企業は十分な準備をし、十分なリスク認識を持っている必要があります。

6)労働安全上のリスク。

リスクは主に次のように現れます。一方では、人員と財産の巨額の損失を引き起こし、他方では、修正のための生産の停止を引き起こし、建設期間に深刻な影響を及ぼします。したがって、すべてのプロジェクトにおいて、生産安全リスクの防止が第一に置かれます。

セキュリティリスクを防ぐことができます。ほとんどの生産安全リスクは、運用仕様、タイムリーで効果的な監督と検査、および専門的な運用を強化することで解決できます。

精選文章:

人工智能賦能物流業發展趨勢

智慧物流在5G時代的發展與物流技術變革

人工智能在物流領域的應用

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!