見出し画像

Runtripでnice run!を貰える喜びにハマっている

近頃、よく走るようになった。
自粛ムードが漂うゴールデンウィークにあって、
体力低下にもケアしたいし、
さりとて何処も行くところなんて無いので。
(明日はコストコに繰り出す予定だが)


とは言え、人気を避けて、黙々と走るというのは悪くない。
普段なら排気ガスがモクモクしているが、
不幸中の幸いとは言いたくないが、車も少ない。
世界的にもCO2排出量が減っているそうで、
まあ悪いことばかりでは無いとでも考えないと、
何処かでやり切れない気持ちもあったりする。(^^;;

今は持ち物の断捨離を進め(過ぎ)たせいで、
ランニングウォッチも無いので、
Stravaというアプリを使って
ランニングの記録を残すようにしている。
そしてランを終えた後は、
Runtripというサービスにアップしているのだが、
近頃、このSNS(というのかな?)が、
やたらと気に入っている。
https://runtrip.jp

いわゆる「いいね」に相当する、
nice runというのがあって、
ワタシのような拙いランにも、
沢山のnice runを頂けている。
これがもう、素直にうれしいのである。(笑)

その数はFacebookあたりの比ではなく、
何というか、つながっている感が有り難いのだ。
承認欲求とかでは無い、こんなご時世だからこその
いわゆる“絆”を感じられるのが、
やはり良いなぁとしみじみするのである。

今日は自宅の堺市から、ひたすら北上して、
大阪市との境の大和川を越えて、
住吉区に歩を進めてみた。
往復すると20km弱の距離であったが、
川を越える橋に差し掛かり、昨日の投稿ではないが
手持ちのiPhoneでパシャリと一枚撮ってみた。
(もうちょっと良い写真なら良かったが)
https://note.com/haiparasan/n/n719f8a01f157
川沿いでは、いくつかの家族が距離を保ちながら
それぞれに工夫して休みを過ごしておられた。
一部の心無い人はともかく、皆でコロナを乗り越えるべく
力を合わせている感も、また良きかなと思った。

ご当地では、「大阪モデル」なるコロナに対する
独自基準が示された。
https://www.nippon.com/ja/news/thepage20200505001/
安倍さんが何にも示さないので先んじた格好だが、
本当にこういう「出口」が見えないと、
日々辛くなってしまうので、良いと思う。
もう一踏ん張りして、この基準をクリアして、
一緒に走れる日を迎えたいものである。

この記事が参加している募集

いま私にできること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ワタシもスキです
6
「全身表現舎 キワダチ」主宰。ミニマリストにして、ランナー(の卵)。50歳を目前にして介護職への転身を模索中。※facebookの設定の問題で下のボタンからではなく、リンクはこちらに。https://www.facebook.com/yamavaya
コメント (1)
素敵なnoteありがとうございます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。