トップアスリートや達人を目指す上で、必要不可欠なゆる体操のテクニック

これから先はトップ選手、あるいは達人を目指している人だけ読んでください。

優れたパフォーマンスを実現するために、ゆる体操を指導員から直接学ぼうと決意するとします。

すると、ゆる体操教室では最初に「モゾモゾ」「クネクネ」などの擬態語を言いながら体操をすることを教わります。

初めは物珍しさもあり、「モゾモゾ」と口にしながら行いますが、数ヶ月後慣れるにしたがって、自宅で一人の時は擬態語を言わなくなる、とか、教室ですら黙って行う、とかいう場合も人によってはあるかもしれません。

ちゃんと擬態語を言いながら行う、と習ったはずなのに…
これだと、一時的にパフォーマンスが上がったとしても、一流の域には辿り着けないでしょう。

「えっ?!黙ってやっても、動きは相当良くなるんですけど…言わないままじゃトップアスリートにはなれないんですか?」

と聞かれたら、答えは
「YES!」だ。

擬態語を言いながらゆる体操をすることは、トップ選手になるための必要条件です。

そういうふうに、ゆる体操はできている。
高岡先生は、どえらい仕掛けをしてゆる体操を作ったものだ、と僕は只々感嘆している。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

福海正人。ゆる体操正指導員にして達人調整師。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。