年収1000万への道

11

フリーランスを死に至らしめるオシャレ病。シェアオフィスやカフェに貢ぐな

「独立から1年で年収1,000万いきました!」
とプチ成金アピールしている私だが、固定費は極限まで削っている。この固定費の低さが、今回のコロナ・ショックでかなりプラスに働いた。

(仕事で)毎月絶対必要なのはパソコンの電気代くらい。資料の本はKindle Unlimited(電子書籍読み放題サービス・月額980円)で探すことが多い。

コロナにより取材案件は激減、取材以外の案件も少し落ち着き、売り

もっとみる
幸せになりました。
15

会社員失格女が年収1000万に至るまで|独立準備期

■目次
1、絶望した時こそ独立せよ
2、副業で適性を見よ

大学卒業の1週間前に内定先を(実質)クビになり、1年ごとに3社を転々とした「会社員失格女」が独立してから1年半で年収1000万に至るまでの話。とにかく挫折ばかりだった私が、独立しようと心に決めた時のことから。

1、絶望した時こそ独立せよ

「好きなことだけしたい。私は会社員失格だ」
うず高く積まれた資料のまんなかでパソコンを見つめながら

もっとみる
私もスキです。
43

会社員失格女が年収1000万に至るまで|「低単価の壁」を突破するには

初心者ライターが最初にぶつかるのは単価の壁だろう。実力がなければ高単価の仕事は来ない。クラウドソーシング系のライティング案件をみると、地を這うような低単価案件が魑魅魍魎のようにあふれている。「だれでもいい」とする低単価案件をいくらこなしたとて、生活費を稼ぐのは夢のまた夢と思われる。

実力と実績が伴わなければ単価は上がらない。いきなり書き始める人がいるが、これはご法度である。1本目の原稿を書きなが

もっとみる
私もスキです。
14

できるライターは「平凡なイタコ」になる

魅力的なコンテンツは、圧倒的個性と圧倒的共感によって生まれる。驚きと共感が同居して初めて人の心を奪うのであり、どちらかだけではハートを射抜けない。

商業ライターは、強い個性を共感できる文章に翻訳しなければならない。珍味が多くの人に愛されるのは、料理のプロが手間暇かけて精巧に調理するからだ。文章のプロであるライターは、鋭い言葉の角を適度に和らげ、絶妙な塩梅に調理する。尖った言葉を尖ったまま提供して

もっとみる
私もスキです。
15

ライターになりたくて、なれなかった3年間

社会人になってから約3年間、ずっとライターになりたいと切望していたのに、どうにもこうにもうまくいかなかった。前に進もうと足を動かすたび、ぬかるみにはまってずるずる滑って、右へ左へ揺らいでいた。



新卒で営業職として入社した求人広告会社では制作部に憧れたが、制作部のリーダーにものすごく嫌われた。なまじ負けず嫌いで無理くり受注してくるパワープレイが災いし、制作部に確認しないまま短納期受注して反感

もっとみる
私もスキです。
13

オタサーの姫は優秀なマーケターである

オタサーの姫は(かわいくないのに)なぜモテるのか

失礼ながら、「オタサーの姫」は総じてあまりかわいくない傾向がある。それなのに、なぜオタサーでモテるのか。オタクが多いから、あまりかわいくなくても通用するのか。否、オタサーの姫はマーケティング能力が高いからモテるのだ。

かつて私はオタサーの姫を「こんなんだったら自分のほうがモテるだろ」とバカにしていたが、いざオタク男子の輪に入ってみたら全然モテな

もっとみる
私もスキです。
14

「初めまして」で爪痕を残すと忘れられないヒトになる

忘れられない人は、初対面で爪痕を残す人だ。ひとめ会ったそのときに、良くも悪くも強烈なインパクトを与えた人は記憶に残り、なんらかの感情を抱かせる。悪くてもいいのがミソだ。

『耳をすませば』のヒロイン・雫は、やがて恋仲に落ちる聖司に対して
「やなヤツ!やなヤツ!やなヤツ!!」
と連呼した。3回も言ったのだから、相当やなヤツだったに違いない。
腹が立って気になってモヤモヤし続け、結局好きになってしまっ

もっとみる
私もスキです。
14

会社員失格女が年収1000万に至るまで|仕事の効率を上げる方法

「自宅では仕事がはかどらない」という人は一定数いる。
かくいう私も、独立初月から会社員時代の給与を上回る収入を得たものの、自己管理はまったくできていなかった。

独立直後は家のリビングにぽつんと座り、パソコンを前にしてネットサーフィンにいそしむ日々。今までぐうたらしていた家ですぐに仕事モードになれるかというと、なかなか難しい。
やるべき仕事はいただいていたのだが、おしりに火がついて慌てて着手するた

もっとみる
幸せになりました。
10

会社員失格女が年収1000万に至るまで|新人フリーランスに必要な武器

目次
■新人でも戦えるたった2つの武器
■コミュニケーション能力を高める4つのポイント
■行動力を高める4つのポイント

▼バックナンバー
1:会社員失格女が年収1000万に至るまで|独立準備期
2:会社員失格女が年収1000万に至るまで|1か月め

私はライターとして独立した初月から会社員時代の月給を上回ったが、さほど文章がうまかったわけではない。なぜ最初から仕事に困らなかったのかと言うと、新人

もっとみる
幸せになりました。
22

会社員失格女が年収1000万に至るまで|1か月め

目次
■会社員時代の給与を下回るべからず
■時給換算して考えよ
■さて、初月の収入は?

前回:会社員失格女が年収1000万に至るまで|独立準備期

■会社員時代の給与を下回るべからず

独立直前は、3000~5000円前後の原稿を月に数本書いていた。会社員としての給与は月30万。5000円の原稿を60本書けば同じ金額になるが、最初からその量の発注があるはずもなく、単価の高い案件も手に入れる必要が

もっとみる
幸せになりました。
21