見出し画像

R-1ぐらんぷり2019がめちゃくちゃ面白かったけどお茶の間の笑いと劇場の笑いの隔離化を感じたって話  [ピン芸人][霜降り明星][岡野陽一][悲鳴][芸人殺し]

面白かったですね。
R-1ぐらんぷり2019。

奇しくもキートン氏がTwitterで呟いていたこと
現実になってしまったわけですが
(ぶっちゃけ筆者も似たような結末を予想していました)
そんな邪推を抜きにして見ても
霜降り明星粗品氏のネタが面白かったのは紛れもない事実でして。
M-1優勝からのR-1優勝という
史上初の快挙を成し遂げた霜降り明星に代表される
お笑い第七世代の勢いを感じるショーレースでありました。

逆に過去出場したR-1中でも屈指のネタを用意してきたのにも関わらず
投票形式の性で決勝に進めない
おいでやす小田氏の持ってなさも異常過ぎて最高でしたし
自作小道具メルカリ出品おじさんと化した
前野氏(クロスバー直撃)
あるあるネタ+ちょい足しで新鮮さを補う妙技を見せた
セルライトスパ 大須賀氏
正統進化を遂げて再度R-1に舞い戻ってきた
三浦マイルド氏ルシファー吉岡氏
突然現れたマイレジェンド、ミスターデンジャー(松永光弘)氏などなど…

だーりんず松本氏が禁断の自虐スタイルで決勝戦に進んだときなんかは
そのうち「変な売れ方した芸人」とか銘打って
ア○トーーク辺りに呼ばれちゃうんじゃないかとか妄想しちゃったわけで。
(だーりんず大好き)
どの芸人さんも本当に面白かったです。

その中でも特に笑わせてもらったのが
敗者復活戦から勝ち上がってきた岡野陽一(元巨匠 岡野)氏

人間のエゴだけで加工された鳥を慈しみ、
鶏肉に風船を括り付け空に飛ばすことで
かつての姿を取り戻そうと奮闘する[鳥側に寝返った男]
という
ツッコミどころしかないシチュエーションと、
とことんナチュラルにヤバいおじさんを演じる岡野氏に
腹筋を根こそぎ持っていかれました。
個人的には三浦マイルド氏と岡野氏が一緒だったCブロックが
事実上の決勝戦みたいなところありましたね。


でもなぁ…

岡野氏のネタ、本戦では悲鳴が飛び交いまくってましたけど
敗者復活戦じゃバカ受けだったんですよね。

敗者復活戦では他にも

大谷健太
キャプテン渡辺
モグライダー芝

のお三方とかも凄く面白かったです。

でも決勝に進んだらどうなってたのかな…

今回の決勝のお客さんの反応だと…うーん…

ここ数年[お茶の間の笑い][現場の笑い]の剥離化が
また一段と進んでいる気がするんですよね…
何度も言いますけど今年のR-1決勝に出てた芸人さん
みんな面白かったんですよ。
でも同時にショーレースに出ることを避ける芸人さんが
増えてきてるのも分かるっていうか。
筆者が古いタイプの人間なだけと言われれば
それまでなのかもしれませんけど、
[笑い]に対する価値を湾曲させるかのごとく
無駄な装飾が増えてる気がしてなんだかなーって思うんです。


そんなわけでグダグダと書いてまいりましたが、
とりあえず筆者が言いたいのは



ものまね王座決定戦じゃねぇんだから。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

何かに使わせて頂きます。

ありがとうございます!
8
あなたの心のフリスクになりたい系マガジン