Screenshot_ランジャタイ

超暴走オルタナティブ漫才の切り札 ランジャタイ は笑いの教科書を破り捨て切って貼って遊ぶ

時は2006年。
鳥取県から上京しNSC東京高に入学。
入学初日から同期生全員に「お前、面白いんか~?」と絡み続け
総スカンを喰らったのにも関わらず、
その後も奇行を繰り返しNSCをわずか3か月で解雇された
尖り過ぎな男、伊藤氏。
そして富山県から上京しNSC東京高に入学。
伊藤氏の若気の至りという言葉で済ませるには
あまりにも無理のあるHow are you doing?
唯一「面白いよ~」と返答した男、国崎氏。

そんなマンガのような出会いを果たした2人が意気投合し、
2007年に結成されたお笑いコンビがランジャタイ

↑左が伊藤氏、右が国崎氏。

SMA NEET Project→フリー→オフィス北野を経て
現在は再度フリーとして活動中。
2015年からYoutubeにてランジャタイのぽんぽこラジオを配信開始。
2017年にはオールナイトニッポン50周年記念パーソナリティーオーディションの最終選考に残り
ランジャタイのオールナイトニッポンRが放送され
M-1グランプリ2017では準決勝まで進出。
他の有名どころだと「ゴッドタン」
テレ朝の「お願い!ランキング」に出演された事もあるので
名前だけでも知ってるという方もいらっしゃるのでは無いでしょうか。

ネタは主に漫才。
国崎氏(ボケ担当)の話すエピソードを伊藤氏(ツッコミ担当)が
国崎氏8:2伊藤氏くらいの割合で
雑談していくようなネタが多いのですが、
「何をキメたらこんな漫才が作れるのか」
Youtubeのコメント欄に書かれるくらい
奇想天外、カオティック、バイオレンス。
しかしどこかファンシーな空気の漂う不思議なもの。
一度アクセルを踏んだら最後。
少年マンガ+歌舞伎+壊れたおもちゃな立ち振る舞いで
暴走しまくる国崎氏と
お笑い芸人としてのツッコミと
お客さん目線のツッコミを自由自在に使い分け、
ネタによっては国崎氏に圧倒されてるフリをして
実はただ無視してるだけだったりする
曲者中の曲者、伊藤氏が織りなす
シュールレアリズムとポップアートの融合のような空間は
野球で例えるなら160km/hの消える魔球。
バンドで例えるならMELT BANANA
フィクションとノンフィクションの間をド派手に彷徨い
会場を阿鼻叫喚の渦に(自分たちごと)引きずり落とすのです。

そんなオルタナティブかつダイ・ハードな漫才を繰り広げる
ランジャタイのおすすめネタを
以前使用してみたら割と良い感じだったカレー形式でご紹介。


甘口

[お鍋の美味しい季節になってきました]

開始1分で「何が言いたいか全然分からない」とツッコミが入るように、
決して交わる事のないと思っていたものが
次々と融合を果たしていく超展開のドン・キホーテのような作品。
メチャクチャ面白いですが
伊藤氏が割とまともにツッコミしてるので甘口です。


中辛

[くそったれ人生にさよならぽんぽん]

タイトルの時点で既に意味が分かりませんが
M-1グランプリ2017の敗者復活戦で披露されたネタ。
ランジャタイの飛び道具である
(こいつらのネタ全部飛び道具じゃねぇかとか言わないで)
「…って思うじゃん?」漫才の1つで
ネタの途中から悟りの境地に入る伊藤氏と
ブレーキの壊れた笑いの暴徒、国崎氏の強制リセットに悶絶して下さい。


辛口

[T.Nゴン Nの秘密]


2人が敬愛するビートたけし氏が新たに立ち上げた
芸能プロダクションT.Nゴンの謎に迫るサイコドキュメンタリー漫才。
とにかく「N」が強過ぎるの一言に尽きます。
何を言ってるのか全く分からないけど
後半パートで涙腺が緩むようになってきたら
あなたもランジャタイラーの仲間入り。


激辛

[お茶ねこ]

タイトルからして意味が分かりませんが(2回目)
お茶をキーワードに繰り広げられる超展開のコストコのような作品。
ネタの途中、舞台上の2人が阿鼻叫喚し始めるのも納得の
スケールのデカさ(物理)と投げっぱなし過ぎるラストが最高。


世の中には色んなタイプの笑いがあります。
ネタの台本だけ読んでも十分面白い芸人さんもいれば
実はそこまで大したこと言ってないんだけど、
アクションや言い方で笑いに昇華させていく芸人さんもいます。

しかしランジャタイは
そのどちらにも当てはまりそうで当てはまらないといいますか。
もしこの世に[笑いの教科書]があったとしたら
その教科書を破り捨て、破れたページを繋ぎ合わせて
勝手に遊び始めてしまいそうなコンビなのです。

追伸

MELT BANANAはこんなバンドです。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

何かに使わせて頂きます。

ありがとうございます!
18
あなたの心のフリスクになりたい系マガジン

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。