見出し画像

フェミニストと会話ができない男の思考を考察する


 石川優実さんの #KuToo しかり、女性が合理性のない悪習を強要され、それが辛いと意思表示するだけで、恨みでもあるかのような反論が挙がる。見ているとそれはほぼ「男」からだ。

 やりとりを見ていると、複数の男が一人の女性をやり玉に挙げて、袋叩きになっていることが多い。どんな人でも、色々やりとりをしていると、途中で食い違ったり、思いが意図通り伝わらなかったりすることは起こる。

 しかし彼らはお構いなしに揚げ足取りをし、あまつさえ外見や職業で中傷しだす。 大人気ない。

 まず、人から反意を示された時、それがきちんとした意見交換ならいいのだが、そうでない場合、結構なストレスになる。

 ここはひとつ、「彼ら」の言葉が、「意見」なのか「野次」なのか、考察してみる。


「ある女性の主張」例えば #KuToo

「例えば職場で義務付けられるパンプスやヒール。それによって足腰を痛めたり、外反母趾になったりと、健康を害するだけでなく、仕事がはかどらなかったりという、いわばいわれのないハンデ戦を強いられてきた。これはやめにすべきではないか」

 上が石川さんの #KuToo の主旨を代弁出来ているかはともかく、これを今回のテーマとしたい。

 これに対する、よくある反対意見を全てではないが拾っていく。


「オレがオレが系」リプ

 ※リプ・・・リプライ。主にTwitter上で使われる用語。「返信」のこと。下らないリプのことをクソリプなどと言う。 

 -男だって、ビジネスシューズやスーツを強要されてきた。女ばかりが強要されてるわけではない。

 これはつまり、「聞いて聞いて、俺だってこんなに辛いんだよ」というもの。「相手の意見を聞き入れていない」「相手の立場に立っていない」ことが考えられる。 「俺が、俺が…」だ。

 「足や腰を痛め、外反母趾になる人もいる」
 「業務上それを着用することに合理性がない」
 「それを強要されているのは、主に女性である」
 と言っている。

 聞き手(あなた)の苦痛は尋ねていない。自分の意見は一旦引っ込めて、ここはひとつ相手の話を聞いてはどうか。 こういう人は僕の経験上男に多い。人に対する「聞く耳」が育っていないのだ。

 誤解しないで欲しいのは、「相手に何でも迎合しろ」と言っているのではない。少なくとも一度黙って耳を傾けて、話を受け入れる。よく反芻し、それから自分の意見を言う。つまり「会話」だ。

 自分の苦痛を引き合いに出して相手の意見を潰しても、お互いに何も解決していない。
 その時点でもう会話が成立していないのだが、一応この意見に対して解説したい。

 まず、スーツを着ることは大して苦痛ではない。コーディネートを気にしなくていいし、洗い替えを定期的にクリーニングに出すだけだ。 しかも女性にも共通しているので男性だけの苦痛でもない。 そしてビジネスシューズについてだが、あんな動きやすいもの、パンプスやヒールとの比較にはならない。

 子供の頃母親の(低い)ヒールをふざけて履いたことがったが、3分と歩けず、痛みですぐ脱いだ。当時幼かった僕は、「大人は大変なものを履いているな」くらいにしか思わなかった。

 しかし大人になった今、例えばこれから仕事で長時間歩き回るという状況になった時、仮に「パンプス」や「ヒール」しか靴の選択肢が無かったら絶望的だ。だって、子どもの体重でもすぐ歩けなくなったのだから。足が痛むことと仕事の能率が下がることは確定的だ。

 実際営業経験があり、いいだけビジネスシューズは履いたが、紳士向けのそれは動きやすい。当然女性もそうするべきだ。 石川さんが考案した靴は僕はいいと思う。それについては次で述べる。


「知ったか・決めつけ系」リプ

 ―こんな靴、そこらへんで売ってるだろ。これで儲けようみたいなのが見え見えだな。

 石川さんが考案した、働く世代の女性向けのフラットな靴を、上のように批判する人がいるが、それには二つ見落としがある。

 まず一つ、思ったほど売ってないこと。女性向けのビジネスライクな靴で、フラットなものは少ない。中高生向けか、更年代以上向けならそれなりにあるが、働き盛り世代向けの靴は、高い低いの程度の差こそあれど、パンプスやヒールの類が多いことに気付かされる。

 男性も試しに女性向けの靴コーナーを見てみたらいいだろう。僕は靴売り場にいたこともあるが、今思い返しても、女性向けのフラットな靴は少なかったなと思う。つまり、石川さんの考案したような靴というのは、ありそうで少ない。なので、こういう提案は多い方がいい。

 そして二つ目。仮にそういう靴があったとして、それを履くことを会社が許してくれなかったりする。そもそもそれが問題だという主張である。

 何が「知ったか」なのかと言うと、そんなに女性向けの靴を気にしたことが、そもそもあるのか、という点。そして「靴を選ぶ自由」など与えられていない場合が多いことを知らない、という点。

 そして何が「決めつけ」なのかと言うと、石川さんがそれで儲けようと決めつけている点。 そもそも、仮に儲けようとしているとして、それは別に悪くない。

 でも、決めつけのリプを見て、それを真に受けた人が、石川さんに悪印象を持ち、彼女がせっかく成功しても、妬む恐れがある。 この活動が世の多くの人に受け入れられ、結果として彼女が利益を得るのなら、それはむしろいいことだ。人の役に立つアイディアを提供した人が栄えるのは当然だ。

 もちろん、ヒール自体の否定ではない。問題が無いなら、ヒールやパンプスを履きたい人はもちろん履けばいいと思う。何度も言うが、「自分の意志では履かないもの」を、社会や会社の決まり事として、合理性なく強いられていることがまずいのだ。

 今僕は「自分の意志で履く人はいるだろう」と言った。そこでありがちな反論が次だ。


「とんでも解釈系」リプ

 -パンプスやヒールを履きたい人だっているだろう。女性みんながパンプスやヒールに反対しているわけじゃない。女性の代表を気取るな。

 これはあえて名前を付けるのなら、「とんでも解釈系」だろうか。一言も「女性みんなが嫌がっているに決まっている」とか、「二度と誰にも履かせるな」とは言ってない。いつ、「女性全体が反対している」ことになったのか。

 もっと言うと、いつ「全体が反対していないと、それを主張してはいけない」ことになったのか。

 更にもっと言うと、そういう自分こそ女性の気持ちを代弁しているつもりか。

 石川さんの署名活動自体は、3万人超の賛同が得られている。それだけの人が趣旨に同意している。それで十分結果は出ている。別に何千万人もの意見である必要などない。

 じゃあ一体何万人なら認めると言うのか。達成しようがない条件を提示し、「それができなければ認めない」みたいな考えとも取れるが、一体何様のつもりなのか。 いずれにせよ、解釈がとんでもなく逸脱している。


共通して言える、「話を聞いてない」

 これまでなかば無理やりネーミングしてきた「○○系」は、それぞれの特徴を象徴的に分類しただけであり、結局それぞれに共通して言えるのは、「人の話を聞いてない」ということだと思う。

 これには、「読解力が無い」「決めつけ」「知ったか」「自分の話をしてしまう」など、全てが該当する。

 更に共通して言えるのは、「相手の意志を無視して、言われた相手がどう受け取るかを顧みずに、単に自分が思ったことを言っている」ことじゃないだろうか。人によっては、「それが自分の意見だ、仕方が無いだろう」という人もいる。

 でも、それが「自分の意見」だからって、何を言ってもいいことにはならないし、相手の意思を無視してもいいことにもならない。

 もっとはっきり言うと、男や上司や権力者の話なら黙って聴くくせに。

 というのが僕の印象。違うと言っても、やってることは結局一緒だ。

 納得いかない人はこの記事を何度か読み返してみて欲しい。上のどれかに該当していたら、それは「意見」らしい意見ではなく、どちらかと言うと、「難癖」や「野次」に近いものになっているかも知れない。

 それこそ、この文章をじっくりと読み、「文章の意図を読み取る」ことができないのなら、「人の気持ち」も聴き取れないだろう。


記事冒頭の画像について

※この画像を無許可で使っています。問題があればお知らせください。

 #KuTooを表現したこの画像、男性にはすこぶる評判が悪いようだ。僕は、その批判の殆どに、特に説得力のあるものを見つけられなかった。

 例えばこんな意見を紹介する。

 「この運動って、女性の苦痛を無くしたいじゃなくて、男を苦しめたい、やり返したいってのがメインだよな」

 失礼を承知で言うが、この人は幻覚でも見ているのか。どこをどう見たらこんな考えになるのか。男が不便そうな印象のある描写に随分過敏に反応するなと思う。

 この画像を見て、仮に「男が虐げられている」と感じたなら、次に気付くべきことは、「それを普段女性は強いられている」ということじゃないだろうか。

 これは僕の解釈に過ぎないが、そこに気が付かずに、発言者に大人気ない中傷と決めつけをぶつけてしまうなんて、現代に根強く残る女性軽視の縮図を見ているようだ。

 男たちよ、女性が好きな靴を履いて何か困るのか?

 別に俺たちは何も迷惑しないじゃないか。

 よってたかってちょっと大人気ないぞ。

 ということを言いたかった。


 今回は以上となります。 ありがとうございました。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

605
北海道の会社員です。 エッセイ中心。 自分が思う、「弱者の視点」からの意見が多いです。 【声かけ写真展の廃止を!】 → http://chng.it/7ZPmrhR4tY

この記事が入っているマガジン

コメント1件

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。