自分の心に話しかけ、自分の心を守る

他人からの言葉や態度に、心が揺さぶられる事は多々あります。

人は見えるものに意識がいきますから、良い言葉には喜び、悪い言葉には悲しみ、怒ります。

見えないもので、唯一分かるものがあります。

それは、「自分の心」です。

人の心は分かりません。いくら考えても、想像でしかないのです。

でも、自分の心は分かります。

嬉しい、楽しい、悲しい、怒り。

何で心が揺れ動いたのかも分かります。

この際、心が揺れ動いた原因は、無視します。

考えても、分からないですし、考えすぎると、人ばかり見てしまう事になります。

不安や悲しみ、怒りで乱された自分の心に語りかけます。

「辛かったよね。我慢したよね。頑張ったよね」

自分で自分を受け入れます。これを自己受容といいます。

自分が弱いからとか、情けないとか、責める気持ちが出てくると思います。
それも、受け入れます。自分は弱い、情けない。今は。

そう、今はです。今を受け入れれば、人は強くなれます。

スポーツの世界と一緒です。素直に負けを認めた人ほど切り替えが早く、負けた経験があるので、乗り越えるイメージがつきやすいんです。

自分も練習中ですが、この自己受容が出来ると、楽です。

自分を責めなくなります。

勝ちを自慢したり、攻撃的な人がいたら躊躇なく無視出来ます。

自分の心を守れるんです。

心が守れたら、心は安定します。

そして、安定剤はいらなくなります。

心に話しかけ、心を守りましょう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

うつ病、社交不安障害をメンタルケアと栄養面から治していきます。

心の友よーーー💗
6
うつ病+社交不安障害の難治性うつ病。現在は寛解中。ただ、寛解に10年以上かかってしまいました。 同じように苦しまれている方の少しでもお役に立てるならと、自分の体験や思い、考え方を書いていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。