市川博之
日本DX大賞 支援機関部門 優秀賞
見出し画像

日本DX大賞 支援機関部門 優秀賞

市川博之

自治体変革PJ-DXの取り組みが、2022年の日本DX大賞支援機関部門で優秀賞となりました。
日本DX大賞「支援機関部門」、受賞企業決定!

自治体変革PJ-DXとは、こんなものです!

本年度は、袋井市、藤沢市、東京都庁、墨田区にオリジナル版を提供しており、カスタマイズをする形で浜松市などにも活用の幅を広げております!(まだまだ、増えていく予定)。

私のところにくる依頼のパターン

昨年度デジタル人材の研修で、DXやRPA、デザイン思考、先端技術などを「学んだ」が、概要や効率化するのは分かったが、DXをどう進めていいのかわからない。だから、マインドチェンジをする・実践につながる研修をしたいという依頼がちょくちょくやってきます。それを見て思うのは、うーん、勿体無いの一言。たしかに、職員さんの一定数は答えを欲しがるけれども、答えをあげたらやるのとは違うのです。答えがなければできないであれば、いつまでも、誰かに聞かなければできないなので、それをぶち破る研修を私は用意します。

替天行道

誰も作らないのであれば、自ら一緒に進んでくれる自治体と研修から実践へと使えるカリキュラムを作り上げる。世の中にないならば、試しながら改善できる仲間と挑戦していけばいい。そういう意気に感ずる仕事を成し遂げるのがよいのです。

DXは人材で数倍よくなる

今一番いいツールを見つけるのではない、常に改善を続けるマインドと業務のデザインをできることが、この研修の本質です。DXは、人材が活用することで変革することで数倍、数十倍よくなります。これこそが、地に足のついた改革と言えるでしょう。

講師も募集中

自治体変革PJ-DXは、シビックテックな仲間たちとシビックテックギルドという形で地域性やジャンルを担保できるように協力して提供しております。向き不向きもあるので、自分でもできるかなという方は相談してください。


お問い合わせはこちらから!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
市川博之
東京造形大学特任教授、シビックテックラボ 代表理事、市川電産CEOとしてICT全般の「デザイン×デジタル」を組み合わせコンサルティング〜開発実装を支援している。主な著書は「データ活用で地域のミライを変える!課題解決の7Step」。最近は自治体変革DXに取り組んでいる。