#4 実例【ウソのようなホントの話】理事長萩原大巳のコメント
見出し画像

#4 実例【ウソのようなホントの話】理事長萩原大巳のコメント

この実例は、原状回復の業界の中でも、理想と現実の開きがあまりにも大きいケースです。
そのギャップが問題なのです。

なぜ?なぜ?なぜ?と考え検証すると、テナント様が負担しなくてもよい工事が、見積額の実に95%でした。

特に築古の建物は、新しい設備、内装にリニューアルします。そのリニューアル工事をテナント側に押し付けているケースです。

悪意なのか?
原状回復の法律を知らないのか?

管理会社はビルオーナーの言いなりです・・困ったものです。
でも、これが現実なのです。

山田査定員、いい仕事しましたね!!(でかした)

金言
「確かめよう 原状回復内容と賃貸契約書」
「見て、聞いて、相談しよう、原状回復」



#4 実例【ウソのようなホントの話】はコチラ ↓↓


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
こんなオジさんの話を聞いてくれて、ありがとうよ
一般社団法人RCAA協会の理事長しています。環境にやさしい「人が主役」である未来のワークプレイスをクライアントとともに共創を表現しており、また私たちの目的でもあります。