Gyo Kimura
『3-2-5をどう止める?』はやぶさイレブンvsグラシア相模原
見出し画像

『3-2-5をどう止める?』はやぶさイレブンvsグラシア相模原

Gyo Kimura

今回は恩師のご厚意でスタッフとしてベンチ入りさせていただいた神奈川県1部リーグの試合についてまとめていきます。また、この試合の中での怒った現象を基に更に深掘りをして、今後似たような現象が起こった際に対処できるように対応策を考察していきます。

両チーム紹介

6/26(日)に厚木市にある荻野運動公園ではやぶさイレブンvsグラシア相模原の試合が行われました。

グラシア相模原

私はジュニアユース、ユースとグラシア相模原でプレイしていました。今回はグラシア相模原の監督からこの試合のベンチ入りのお誘いをいただき、主に戦術面でサポートさせていただきました。グラシア相模原は相模原市を中心に活動しており、全カテゴリーにチームがあるクラブです。特に育成には定評があり、実際にトップチームのほとんどの選手がグラシア相模原の育成年代からトップに上がってきた選手で構成されています。この試合でもスタメンの8人がグラシアの育成年代出身でした。

私とチームメイトだった同級生や先輩、後輩がプレイしている姿はどこか懐かしさがありました。

そして、ホームチームのはやぶさイレブンは厚木市を中心に活動しており、昨シーズン神奈川県2部リーグから昇格し今シーズンから神奈川県1部リーグに所属しています。ここまでリーグ戦無敗で首位に立っているチームです。

チームには元プロ選手が在籍しており、浦和レッズや清水エスパルス、ザスパクサツ群馬などでプレイしていた永井雄一郎さんが選手兼監督を務めています。また元日本代表の水野晃樹選手や元Jリーガーの永里源気選手らも在籍しています。

素晴らしい雰囲気

今回ははやぶさイレブンのホームゲームということで、はやぶさイレブンが試合を開催するにあたって素晴らしい雰囲気を作ってくれました。スタジアムの外には屋台が出店しスタグルが楽しめました。

スタジアムの外の雰囲気

また県リーグでは人工芝での試合が多い中、今回は天然芝での試合でした。

この続きをみるには

この続き: 3,211文字 / 画像12枚

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Gyo Kimura

もし宜しければサポートをよろしくお願いします! サポートしていただいたお金はサッカーの知識の向上及び、今後の指導者活動を行うために使わせていただきます。

Gyo Kimura
◆University of South Wales ◆神奈川県出身 ◆Pontypridd United (ウェールズ1部)アカデミー分析責任者兼アカデミーコーチ ◆ウェールズ代表U-14アナリストインターン ◆Twitter: @chacha2645