新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

コロナ禍の海外旅行✈︎inロサンゼルス🇺🇸 Part2 【準備編2】

RYO / 暇つぶし

こんにちは!前回に続きまして、準備編2弾です。
ぜひ最後までご覧ください😄

前回の記事はこちらからどうぞ↓↓↓


航空券の次は宿の確保

航空券は、
行き 特典航空券【JAL 関空ーLAX エコノミー】
帰り 片道航空券【ユナイテッド LAZー成田 エコノミー】
に決定しました。

滞在日数は、弾丸の3泊5日(機内泊のため)
仕事の都合などで残念ながら今回は、とても短い旅行になってしまいました。


ホテル選びは難しい

毎回の渡航で結構な時間をかけるのが、ホテル選びです。
僕の絶対条件としてこんなのがあります。

・治安の良いエリア ・行動するのに便利なエリア ・口コミが極端に悪くないか

この条件を探すのが結構大変なんですよね…
よく使うサイトは、【Booking.com】です!
Booking.comは、キャンセル無料や朝食無料のプランが
他サイトよりも多いように感じます。

しかし今回は、以前から貯めていた【Marriott Bonvoy】のポイントで
マリオット系列のホテルを探すことにしました。

ホテルの場所って結構重要ですよね。

Marriott Bonvoy

日本国内にも多くの系列ホテルがあるマリオットですが、
(マリオットホテル、シェラトン、コートヤード、モクシーなど)
宿泊のたびに地道にポイントを貯めたり、キャンペーンでポイント2倍!
なんかも時々やっているので、チェックしてみてください!

マリオット直営のサイトから予約が一番お得です!

今回は、円安でもともと高いアメリカのホテル代がさらに高騰しているので
ポイントを利用してマリオット系列のホテルから探しました。


ロサンゼルス市内のホテルエリア

ロサンゼルスは「エリアによっては、とんでもなく治安が悪い」という
情報があったので慎重に選びました。

赤いエリア→治安が悪いエリア 青いエリア→観光客向けホテルが多いエリア

全てを網羅してはいないと思いますが、
地図の赤いエリアは基本的には避けた方が良いと思います。
とくにダウンタウン下のスキッド・ロウには気をつけましょう。

【スキッド・ロウ】
ダウンタウンエリアや日本人街にも近く、
気づかずに立ち入ってしまうケースもあるとかないとか…
LA市内で最も治安の悪いエリアとして有名です。
日本人の皆様は、気をつけましょう。

↓参考のYouTubeをどうぞ! EXIT JACKさんの動画より


ダウンタウンエリアに決めた

先ほどのマリオットのサイトを検索していると、ダウンタウンエリアの
とあるホテルがヒットした。
Westin Bonaventure Hotel / ウェスティン・ボナベンチャー・ホテル
というホテルです。

必要ポイント数も予算範囲内で、アクセス良好なLA市内中心部の
ダウンタウンエリアということもあってここに決定することにした。

特徴的なデザインのホテル

このホテルを見てふと思った… LAは初めてのはずなのに…
「なんか見たことあるぞ、んんん! あれだ!!!」

GTAⅤ!グラセフだ!!!!😆

そう、GTAⅤの舞台はロサンゼルス ロスサントスなのだ
このホテルもそっくりな外見で登場する。
GTA知らない方、勝手に盛り上がり申し訳ございませんww

そっくりですね!

その後勝手にテンションを上げつつ、2泊のホテルを確保。
ちなみにダウンタウンエリアは、【リトルトーキョー】と呼ばれる日本人街
も近くにあります。
そのエリアは、日系ホテルや日本食店・スーパーなどがあり
日本人には便利なエリアもあるので滞在の際は検討してみてください!


最終日は、空港の近くで泊まろう

3泊目のホテルは、帰国便が午前便ということもあり空港近くのホテルを
探しました。もちろんマリオット系列で

LAX空港(ロサンゼルス国際空港)周辺には、たくさんのホテルがあります。
海外の帰国便が早朝便や午前便の場合は、前日は空港周辺のホテルに
宿泊することをオススメします。
例えば、交通機関のトラブルで間に合わない・送迎のトラブルで間に合わない
など予期せぬトラブルを避けるためや、少しでも睡眠時間を確保したい方は
近い方がいいですよねww

で、最終日はポイントを使用せずに予約するので
一番安いところにしました。
ルネッサンス ロサンゼルス エアポート ホテルというホテルに決定
日本円で1泊 15,000円ほどでしたのでかなりお手頃価格でした。
空港との無料シャトルバスもあるとのことで安心です。

↓参考のYouTubeです Haru Dailyさんの動画です。


さてやっと飛行機、ホテルが決定してこれでやっと3年ぶりの海外旅行に行ける
と思ったのですが…



帰国用PCR検査ってどうするんですかい??

そんなこんなで、休日の朝から始めた様々な作業ですが
気づいたら日も暮れていました。

しかしここで最重要課題である
【帰国用PCR検査】のことをすっかり忘れていたことに気づく…
今日はもう気力が無かったので次の休日に調査をすることにした😵

検査費用は高いです

2022年3月下旬某日の休日
厚労省HPを調べると単にPCR検査と言っても何種類かあって
日本帰国用に使用できるのは、決められたものだけとのこと。
「めんどくせ」と思いつつもLA市内で検査と証明書を発行してもらえる
ところを探すことにした。

やはり、クリニックや専門の検査場でしかやっていないそう。
価格も150USD~300USDくらいで高いな…
という感じでした。日本語対応のところだともっと高いところもありました。

ググってると、なぜかHISさんのページがヒットした。
「なるほどHISも旅行業で今稼げないから、PCR検査の紹介で稼いでるのか」
とおもいつつHISのサイトを検索していると。


帰国用検査130USD

「LA市内で130USD 証明書も発行します。日本語対応です。」
安いし安心の日本語対応です!HIS最高!と思い予約することに。

「あ、場所を確認しないと!」
安さのあまり場所を確認することを忘れかけたので確認すると

なんと!!!
まさかの滞在先ホテルである「ウェスティンホテル」の中に検査場
あることが判明!
ラッキーすぎる展開に神様に感謝しつつ無事に予約完了をしました。

↓現在の価格は145USDになっています。 事前予約が必要です。


Part2は以上
次回は渡航直前の準備から!
最後まで見ていただきありがとうございました😄
気に入っていただければ、いいね&フォローをお願いいたします!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!