エディー・ジョーンズ、ハルFCで2日間の「顧問役」を務める。
見出し画像

エディー・ジョーンズ、ハルFCで2日間の「顧問役」を務める。

オールブラックス・ニュース

イングランド代表のヘッドコーチであるエディー・ジョーンズは、ラグビーリーグのハルFCで2日間、「顧問役」を務めました。

ジョーンズはスーパーリーグのチームに合流し、月曜日に行われるカタランズ・ドラゴンズとの対戦に向けて、トレーニングに積極的に参加しています。

61歳の彼はラグビーリーグに強い関心を持っており、2019年にはウォーリントン・ウルブズで過ごしました。

ハルFCのヘッドコーチであるブレット・ホジソンは、以前にもイングランド代表のキャンプを訪れ、同僚のオーストラリア人が選手やアシスタントと一緒に仕事をしているのを見たことがあります。

「ジョーンズは、ブレット・ホジソンHCの招待を受け、これから2日間、トップチームの選手たちにアドバイスをしながら過ごすことになりました」とクラブはツイッターで伝えています。

イングランドは、7月4日にアメリカ、10日にカナダとトゥイッケナムでテストマッチを行い、イングランドA代表は6月27日にスコットランド代表と対戦します。

ジョーンズは、ブリティッシュ・アンド・アイリッシュ・ライオンズの南アフリカ遠征に選ばれた11人の選手を欠くことになりますが、この試合を実験の機会とするでしょう。

今年の初め、イングランドはシックスネーションズで史上最悪の5位という結果に終わりましたが、その後、ラグビーフットボール協会が行ったレビューで、ジョーンズは批判を免れました。

その後、ジョーンズは日本に渡り、サントリー・サンゴリアスでラグビーディレクターとしての仕事を続けていますが、この動きは非難されているものの、RFUは支持しています。

この記事が参加している募集

スポーツ観戦記

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
オールブラックス・ニュース
noteではオールブラックスのニュースを中心に、海外のラグビーニュースを書いていきます。記事は翻訳ソフトを使って書いているので、訳などがおかしい場合はご指摘下さい。修正します。