プログラミングを1ヶ月ガチで毎日12時間以上くらいやった結果
見出し画像

プログラミングを1ヶ月ガチで毎日12時間以上くらいやった結果

はじめまして、ぐるたか@guru_takaと申します。

私はプログラミングスクール『ジーズアカデミー』のLABコース(平日に授業があるコース)に入学。2018年10月上旬スタートで、1ヶ月ほど経ちました。

プログラミングは超ド素人。html, cssに少し慣れ親しんでいる程度で、それ以外の言語はほぼ未経験です。

そんな私が毎日平均12時間以上プログラミングした1ヶ月間の軌跡をお伝えします。授業内のハッカソンも終わり、1つの節目になったので、noteに学習記録をまとめることにしました。

プログラミングをこれから勉強する方々に、少しでも励みになれば嬉しいです。

きっかけ

会社にいてもダラダラ時間を浪費している感じで危機感もあり、もともと退職予定でした。しかし行き先は不透明…。そんな中、田中さんのnoteに出会い、「未経験でここまでできるの!?」と衝撃が走りました。

プログラミングの可能性を感じ、ダイレクトメッセ。お話を聞き、入学の決意が固まりました。ぶっちゃけ不安もありました…が「今しかない」と思って、覚悟を決めるわけです。

そして、プログラミングに浸る生活がスタートします。

1週間目

ジーズアカデミーでは、課題発表が週2であります。先輩方いわく、この課題がめちゃくちゃ大事らしく、+αで成長速度が変わると助言を頂きます。

また2ヶ月間は”コード書きまくろう!”と。

最初の課題はhtmlとcssで指示書に従って、ランディングページを作成することです。「余裕じゃん…!」と思っていたら、過去の先輩方が作った作品をチラっとみると衝撃が…。

まだ習っていないJavaScriptで本格的なゲームが登場。驚嘆と同時に、唖然としました。

「これはマジで休日をプログラミングに捧げないと、ヤバイな(滝汗)」

そう思って、土日月はじめて本気出して作った作品がこちら。

私が初めてプログラミングで一から作った作品です。思い入れが深いですw
・クイズ
・ビンゴ
・チーズばら撒く

多分、土日月は食事、睡眠、風呂以外はすべてプログラミングしました。おそらく1日、15時間はやったと思います。本当にバグだらけで、習ってもしないJavaScriptを必死にググって何とか形にしました…。

特にチーズばら撒くやつは10時間も死闘するも、ゴミしかできず、マジで泣きそうになった記憶がありますw

奇跡的に、参考になるソースを夜に発見し、一から作り直して夜中に完成できたときは、まじで嬉しかったです!平日の課題ではjqueryでランディングページを自分好みに一から作り直しました。

最終的にバグが残ってしまい悔しい結果に…。ここで同期の1人がphpを使って、凄い作品を作っており、”自分も頑張ろう…!”と意気込みます。

2週間目

2週目から、4週目まで学習する内容はほぼJavaScript!なので課題もJavaScriptを使った作品になっていきます。次のお題はJavaScriptでジャンケンを作る内容!

そこで作った作品がこちら

noteだけだと何もみえないですが、画像とりましたw

・糸通しのようなゲーム
・魚、泡、草、石をpgのみで表現
・ジャンケン(おまけ)

この作品も土日月、平均15時間くらいはプログラミングに費やしたと思います。魚や泡、水藻、石を描くことが難しかったですが、どうしても形にしたくて、死ぬ気でコード書いて完成させました。

この作品をキッカケに、「ググる力と気力があれば何とかなる」と自信がつきました。今思えば、本当にやりきって良かったです。

3週目目

次の火曜の課題は魚の群れに挑戦しました。理由はわかりませんが、ここで私は生き物を表現するのが好きと気づきますw ただ惜しくも、バグが残るような結果に…。しかもアルゴリズムが難しすぎて、挫折しました…。

これだけでは寂しい成果物なので、違うゲームを作りました。またしても魚ですw

他サイトでCSSのみで表現された魚が印象的にアルゴリズムやコードの書き方を参考にしながら、自分なりにゲーム化しました。

ただ、今までと違って、一から作ったわけではないので、達成感は今までより小さいものに…。ここで、”課題はゴミでも良いから0→1を心がける”ことをマイルールにします。


4週間目

firebaseを学び、リアルタイムDBやちょっとしたログイン機能を実装できるようになりました。課題はチャット機能。この時、課題に対して、1週間の猶予があったので、チャット+firebaseを使ることにしました。

しかし、チャット機能を作り込んでいたら、大量のバグ、そして意味不明な公式ページ解読の戦いが始まりました。チャット機能は地味ですが、このとき、4日間、毎日12時間くらい、バグとにらめっこしてました。

最終的に納得のいくチャットが完成。ここで、忍耐力やバグ解消力のレベルが急上昇した気がします。

余った時間(日月)でfirebaseを使ったyoutubeを一緒にみるwebサービスもどきに挑戦しました。本格的にAPIを使うのも初です。それがこちら

深夜まで格闘するも、これもバグが残って惜しくも完成版は出せず…。ただ、もっと時間に余裕があればそれっぽいものが作れそうという実感が湧いきました。

このサービスも、今思えばマジで良い経験でした。バグとの死闘、APIの使い方の解読、デプロイまでの作業で、ググる力や解決力が伸びたと思います。

そして、1つのサービスを完成までもっていくのは大変…と良い体験ができました。

1ヶ月目

ジーズアカデミーでは1ヶ月たつと、JS選手権(ハッカソン)があります。制作期間は1週間!私はcanvasよりも高度な表現ができるp5(ライブラリ)を使った作品を挑戦することにしました。

そして完成させた作品がこちら。はじめてのメディア・アート作品です。

ずっと日本の四季をプログラミングで表現したかったので、挑戦してみました。地味なんですが、木のアルゴリズムがほんっっっっとうに鬼畜です。木以外はオマケのようなものですw

皆さん、「木 作り方 js」とググってみてください。検索しても何もでてきません。自分でアルゴリズムを組むしかないんです…。初日12時間かけてもできなかった時はメンタルブレイクしました。

2日目、花や草、月などに着手し、3日目、木に再リベンジ。何とか無事に完成できました。p5の情報も少なく、海外の公式サイトをみながら、試行錯誤して形にする作業は血肉になったと思います。

何より嬉しかったのは、初めてclassを自分で実装できたこと!!!

先生やチューターに質問しても、実装できず、めっちゃ悩んでいました。なので、自分の成長を大きく感じ、自信にもなったハッカソンです。ようやく”コード書きまくる”が報われた瞬間でした。

結果もありがたいことに2位を頂き、満足のいくハッカソンになりました。

1ヶ月全力でプログラミングして思うこと

私は1ヶ月間、先輩方の助言を信じ、プログラミングをし続けました。しかし途中で、燃え尽きそうだったんですよね…。

・課題発表たったの1.5分半のために頑張る意味があるのか…?
・クラスの概念がわかる日は本当に訪れるのか…?
・ここまで歯を食いしばってやって、卒業後には成長できてる…?

今回のハッカソンで、ようやく意味があった…と心から言えることができました。コード書きまくる意味が何となくわかった気がします(何となく)

今後について

今、メディア・アートにハマっています。また別記事で書く予定ですが、メディア・アートは数学や物理を芸術にしてくれるもので、私には救世主のようなものでした。

とはいえ、まだまだレベルは拙いものなので、より高度な表現や新しい表現ができるよう、独学で学習していく予定です。

一方で、webサービス大好きマンでもあるので、来週から始まるphpも手を抜かず、全力でやっていきます(欲張りかもしれませんがw)

なおハッカソンが終わった休日、勉強のためローカルサーバー構築にトライしたのですが、ググる+エラーのループで、10時間くらいもかけて完成…。環境構築で休日が消えるという…。バックエンドは苦手かも…。

次の報告は今日から1ヶ月後です。 最後までご覧いただき、ありがとうございました!m(_ _)m




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ぐるたか

プログラミング学習中です!初のプロダクトはおっぱい関数ジェネレーターです。よろしかったら、フォロー宜しくお願します!!!

圧倒的感謝っ…!
ぐるたかです。とある会社で、webサービスを開発中。社内のタスク自動化でNoCodeツールを使用するようになり、衝撃を受け、世に広めたいと思う。NoCode、LowCodeのレシピや、実際に役立った自分自身の事例を中心に発信する予定です!