見出し画像

「あの子に教えたいデザインの話」 定期マガジンについて【質問&疑問に答えるコミュニティ】

この記事は定期購読マガジン「あの子に教えたいデザインの話🖌️」がどんなマガジンかを解説する記事です。

この定期購読マガジン「あの子に教えたいデザインの話🖌️」では色々なおすすめフォントを紹介したり、デザインのちょっとしたコツがわかるマガジンになっています。
選ぶためにも必要な「どんなフォントが存在するのかをまずは知る」ということができます。

そして、定期購入していただいた方のレビューも行います🙆🏻‍♀️
「サムネイル作ってみたんだけどなんかいまいち……」
「こういうときどうしたらいいんだろう……」
という質問にできる限り答えていく場所にしたいと思っています
☺️

パクってOKな作例や、ちょっと気をつけるだけでクオリティがあがるワンポイントも紹介しています。

今はなんとなく判断してしまっていることも「ここ、こうやったらもっとよくなるよね」が自信を持って言えるようになるといいなぁと思っています。

バックナンバーは単品購入になってしまうので、長く続けるとお得になります。これは、noteさんの定額マガジンの仕組みだからというのもありますが、継続してデザインのことを考えてもらうにはいい仕組みかも……と思っています!

というわけで、定期購読マガジンは月900円で2記事更新約束の予定です!

【マガジン内容】
・記事更新 月2本(フォントの紹介やデザインのコツ)
・質問疑問にできる限り答えていく!

・・・

現在では世界中に数え切れないほど存在しているフォント。様々なフォントが生まれた背景には「Web技術の進化と普及」も大きな影響を与えているとわたしは考えています。

紙やグラフィックはもちろん、Webサイトを構築する上でも様々な表現が可能になった今(サブセット化も楽になったし、TypeSquareみたいな強すぎるサービスもあるし、STUDIOもTypeSquareと連携してるし、Google Fontsもあるし最高)

そんなわけで、もっともっといろんなフォントを使って、デザインを楽しんでいけたらなぁと思っています😊

このマガジンで新しいフォントとの出会いと楽しみをお届けしていきますので、気になった方はぜひ!お待ちしております!💪🏻


あの子に教えたいデザインの話🖌️
購読はこちらから!

※この記事は解説用記事です。以下有料エリアはマガジン購入者向けのフォントのライセンスに関する基礎知識等のみになっています。


📔「書体」と「フォント」の違い 

まずは言葉の意味を整理しておきましょう。

この続きをみるには

この続き:2,420文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月に2本以上読む場合はマガジンでの購読の方がお安くなります。 1本単体購入の場合:500円

デザインのコツの話やフォントを紹介したりしています。定期購読の方の質問や疑問にもお答えしています。「サムネイル作ってみたんだけどなんか...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただき、ありがとうございます! サポートは制作費にあてさせていただいております🙏🏻

🙏🏻🙏🏻🙏🏻🙏🏻🙏🏻🙏🏻
17
フリーランスデザイナー / ガジェットとインターネットとわくわくするサービスが大好きなクリエイターです / レビューやITニュースを音声で配信中 / 「ショートカットキー使い倒してますか?」の人です。/ https://voicy.jp/channel/458

コメント5件

要望ありがとうございます〜〜!早速!有り難い!最高です!!!


こちら、ちょっと長くなるんですが大事なことなので暇なときにぜひ🙏

サムネイル画像と一口に言っても、「目的」や「どう見せるか」は様々ですよね。それによってどんなデザインに落とし込むのかが変わります。
例えば、
「とにかく目を引いてクリックさせるためのサムネイル」が必要なときもあれば、
「内容をひと目でイメージできるためのサムネイル」が必要なときもあります。ある程度の型はあるものの、適切かどうかはプロジェクトごとに異なります。
なので、「なんでこの背景色?」「なんオレンジ柄?」「なんでこのフォント?」のような話は、コンセプトメイキングから語ったときに初めて語れるんです……!(=全部繋がっているので部分的には語れない)

こういうのは実績紹介の中で語られたりしますよね。で、これって“知って面白い”けど“自分のものにはなりにくい”情報なんです。なので定期マガジンの中に盛り込むには形式が合ってないかなと。

定期マガジンは多数の人に向けて発信するものなので、スキルアップ系の内容ならばいろんな人に当てはまる「普遍的なテクニック」を届ける方が向いているという仮説で今は進めてます🤔

それに、マガジンの中だけでコンセプトメイキングからどういうデザインに落とし込むのかを学んでもらうのは難しい……!これをやるなら別の方法で届けます!(短期ワークショップとか)

というわけで、むしろちーさんが気になっている「こういう意図でこれを作った!」のお話は定期マガジン以外のところでわたしも発信していきますね☺️🤟


長い!!
熱いコメント返し🔥ありがとうございます!
単一記事では語れないくらいボリューミーなものだったとは!
別の場所での発信楽しみにしています(๑•̀ㅂ•́)و✧
ちーさんのツッコミはいつも的確でいいとこついてくださるので
つい熱くなる……!笑

事例発信サボりがちですが、
実は今月末か頭に出せる事例記事の準備中です💪その時はぜひ!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。