Gunosyの営業に聞いてみた!vol.1-裁量を持って働く!MVP受賞者に聞く広告営業のやりがい-
見出し画像

Gunosyの営業に聞いてみた!vol.1-裁量を持って働く!MVP受賞者に聞く広告営業のやりがい-

【Gunosy Ads】official note

自社プロダクトであるグノシーやニュースパスの広告営業を行うマーケティングソリューション事業本部。年に2回行われる2020年度下期全社締会で、同部よりMVPを受賞した3人に仕事内容、やりがいをインタビューしました。

決め手はワークライフバランスと挑戦できる環境

画像4

國谷
皆さん、MVP受賞おめでとうございます!
まずは、Gunosyに入社した決め手や入ってからのギャップを教えてください。
古橋
Gunosyに入ったきっかけは、知人の紹介です。もともとメディアや広告が好きだったのですが、業界的にハードワークな印象で。Gunosyは残業が少なく、ワークライフバランスを大切にする会社だと思ったことが決め手になりました。入社してみてのギャップは、経験や即戦力重視かと思っていましたが、意外と色々な部署を経験させてもらえる環境だったことですね。
姜(かん)
前職ではソフトウェアの営業をやっていたのですが、マーケティング戦略や営業ツールがガチガチに決まってからおりてきて、あまり自分のやっていることが活きている実感がなかったんです。ビジネスパーソンとしてこのままで大丈夫か不安になり、ベンチャーのGunosyなら裁量権を持って働けそうと思い入社を決めました。想像していた以上に裁量が大きく、入社してすぐは慣れるまで大変でしたが、自分次第でなんでも挑戦させてもらえる環境だと思います。
保坂
前職もアドネットワーク(以下、ADNW)の会社だったのですが商流でいうと末端なので、もっとクライアントさんの気持ちに寄り添える立場になりたいと思うようになりました。広告出稿も行っているGunosyなら、これまでの経験を活かしつつ、もっと知見を広げられるのではと思い入社を決めました。ギャップは、想像していた以上にワークライフバランスを確立しやすい環境だったことです。リモートワークやフレックス導入後は、さらに働き方が多様になった気がします。みんな使っているので、使いやすいです。
國谷
では、簡単に皆さんの仕事内容を教えてください。
古橋
私は、自社プロダクトの運用型広告のセールスがメイン業務になります。ただ、予約型広告のセールス機会もあるので、両方担当しています。あとは、サブマネージャーとして自チームの売上数値の管理や売上達成のための施策の策定や進捗の管理もしています。

かなちゃん(古橋)たち営業が獲得してきてくれた広告案件の運用や案件状況を数値を元に分析、改善提案しています。あとは、他社と協業で作っているプロダクトの広告周りの窓口や社外向け資料の分析、作成なども行っています。
保坂
古橋さんと同じ自社プロダクトの営業チームのマネージャーとして、営業方針や売上数字の管理を行っています。また、ADNWのメディアセールス兼、事業管理もやらせてもらっています。


主体的に動いた受賞までの取り組み

スクリーンショット 2021-08-31 14.16.38

國谷
色々な業務に携わっているんですね!
その中で今回の受賞理由は、ご自身でどこがポイントだったと思いますか?
古橋
私は営業として0→1の新規開拓と、1→100の既存拡大の両方をできたことが大きかったと思っています。市場規模は大きいけど、お取り組みを拡大できていなかった代理店さんを任せてもらい、そこで成果を出せたことが受賞に繋がったのかなと。常に期待値を超えることを心がけていて、予算を200%以上達成した月もありました!
保坂
古橋さんの200%達成の時は本当にすごくて。月半ばで予算を達成しているのに、その後のアポ数が未達の人たちよりも多いんです。たまたま達成できたわけじゃなくて、愚直に提案を重ねた結果の200%なんですよね。
古橋
代理店さんへのアプローチ数を増やすことは心がけていました。私が引き継いだ代理店さんの前任者たちもあまりアプローチしきれていなかったので「なぜGunosyへ出稿してもらえていないか」のボトルネックが明確になっていなかったんですよね。なので、ボトルネックを把握するため各代理店さんの方々にヒアリングとそれを解消できるような提案を重ねていきました。
アプローチを重ねることで関係値構築もできて、ありがたい事に気軽に連絡をとれる仲になり、連絡回数を増やしていけたのも良かったのかなと思います!

他社と協業で運営するメディアの広告配信をGunosy社が担当することになり、その広告審査のフロー整備や社外窓口を担当したことが受賞に繋がったと思っています。もともと会社として早くローンチしたいプロダクトだったので、それを予定通りに実行できたことが、結果的によかったのかなと思います。
國谷
本当に姜さんがいなかったら、あのスピードで広告配信の開始はできていなかったと思います!営業からの急な依頼も一つ一つ丁寧に社外と交渉してくれて。

このプロジェクトは、全く決まっていないフローや仕組みを社外の人と一緒に決めなくてはいけない難しさがありました。社内・社外ともに関わってる人が多く、認識にズレが出て、言葉だけでは私の伝えたいものの60%も伝わらないことがありました。それを可視化させるため、理想とする広告掲載審査フローを図に落として、必要な情報やシステムをまず確認しました。そこから今の状況を洗い出し、整理した上で、社内メンバーの要望や協業者様の要望をヒアリングして実現できる部分はすぐに実装し、実現できない部分はどうすれば実装できるのかをエンジニア側と相談したりしていきました。
保坂
ADNWでの業務を評価していただけたと思っています。マネージャーになってからも担当媒体を持って、市場やクライアントさん目線でGunosy Network Adsのポジションを見つけられたことが、プロダクトの方向性を決めるだけでなく、市場が厳しい中でメンバーをモチベートする点でもプラスに働いたと思います。働き方としては、普段から自分のネガティブな面を他の人に伝えないよう心掛けていています。ネガティブな人と一緒に働きたい人は、いないので(笑)

保坂さんがマネージャーになった時、すごく納得感がありました。これまでもADNW以外の色々なプロジェクトに携わっていて、今回までMVPをとっていなかったことが不思議なくらいです。
保坂
ADNWのマネージャーになる前に、Vingoという動画ADNWの立ち上げも任せてもらいました。当初は自分で3C分析を作って開発チームと連携して、セールスも1人でこなして自分なりに頑張っていたのですが、どこか社内の先輩方に遠慮もあって、どこまで自分でやっていいのかというモヤモヤを早い段階で確認できなかったことが後悔で、、、ADNWのマネージャーを任された時は過去の反省を活かして「自分の手で全部やり切る」と最初から100%の熱量で取り組めました。


Gunosyの規模だから得られる経験と人脈

画像6

國谷
今後、Gunosyにジョインしてくる人たちに向けて、やりがいなど伝えたいことはありますか?
保坂
うちの規模だからこそ寄り添えるお客さんがいて、密度の高い関係値を築けることだと思います。会社としてではなく、個人としてお客さんの記憶に残ることができるので、フロントを外れた今でも連絡を取り合えるような関係を築けるのは、Gunosyの営業のやりがいです。
古橋
規模の話で言うと、一部上場企業とはいえ、新卒や未経験者でも大手代理店さんを任せてもらえる環境なので、自分次第で成長できるチャンスやキャリアの選択肢があると思います。

あとは、いい意味でやり方が決まってないことが多いので、自分が思ったことを形にできる小回りの良さは強みです。
國谷
今後はどんなキャリアを考えているか教えてください。
古橋
マネジメントに挑戦したいと思っていて、今もサブマネージャーをしているんですが、いずれは保坂さんのポジションを狙いたいです(笑)
また、マネージャーをやりたいと思う一方で、広報にも興味があります。社内の素敵な人をもっと発信したいなと思っていて、社に貢献しているのにスポットライトが当たらない人を取り上げたり、他部署がどんなことをしているのかお互いに知れる機会を作ったりしたいです。

私は、Gunosy Ads自体のプロモーションをしていきたいです。グノシーのアプリ自体はブランディングやプロモーションをしていますが、広告商材としてのプロモーションはまだできることたくさんあると思うので!インターネット広告に対して市場が求めることの中で、Gunosy Adsができることを体系的にアウトプットして行けたらいいなと思います。あとは、人事にチャレンジしてみたいなと思っています。人材確保、教育、体制作りなどを通して、企業の成長に貢献したいです。
保坂
広告事業全体の成長を促したいです。新規機能の追加や既存機能のブラッシュアップなど、まだまだやれることがたくさんあります。また、良いものを作っても売れる人がいないと、広く世の中に広がっていかないので、営業の育成だったり、モチベーション高く働ける組織を作ったりしていきたいです。それが数字にも繋がってくると思いますし、自分の成長にもなると思っています。
そして、Gunosy Adsをもっと多くの人に使ってもらいたいです。入社して4年目ですが、まだまだクライアントさんにGunosy Adsの良さを伝えきれていないと思っています。
國谷
皆さん、ありがとうございました!


社員紹介

画像1

保坂あゆみ(2018年1月入社)
アカウントプロデュース部 第一アカウントプロデュースグループ マネージャー
自社媒体や動画ADNWの立ち上げを担当後、運用型広告の営業を行う現在の部署へ。2020年度下期にBest Manager Awardを受賞(最もチームの生産性向上に貢献したマネージャーに贈られる賞)と総合MVPを受賞。

▼保坂への取材記事はこちら


画像2

古橋佳奈(2017年11月入社)
アカウントプロデュース部 第一アカウントプロデュースグループ
自社媒体の予約型広告やADNWの広告営業を担当後、運用型広告の営業を行う現在の部署へ。2020年度下期にBest Ad Producer Awardを受賞(広告媒体の価値向上に貢献した人に贈られる賞)。


画像3

姜麗眞(2017年11月入社)
アカウントマネジメント部
自社媒体の予約型広告や運用型広告の営業を担当後、運用&分析チームを行う現在の部署へ。2020年度下期にBest Sales Staff Awardを受賞(顧客の課題解決に最も貢献した人へ贈られる賞)。

画像7

國谷萌(2017年1月入社)
営業戦略部 部長
自社の女性媒体LUCRAの営業統括を担当後、現在の部署へ。2018年度上期に総合MVPを受賞。
社外の方々にGunosy Adsや営業組織を知っていただくため、今回インタビュアーを担当。


Gunosyでは、一緒にプロダクトを創っていく仲間を募集しています。
ご興味がある方は、下記をご覧くださいませ。

photo:WeWork Shibuya Scramble Square


この記事が参加している募集

社員紹介

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
【Gunosy Ads】official note
株式会社Gunosyの広告サービスに関する情報を発信するnoteアカウントです。 https://gunosy.co.jp/