「ルール」ではなく『指針』で動くコミュニティが強いという話
見出し画像

「ルール」ではなく『指針』で動くコミュニティが強いという話

こんにちは、GO TODAYの大池(オオイケ)です!

画像1

GO TODAY SHAiRE SALONという、フリーランス美容師が集まるシェアサロンを運営しながら、現役で美容師をしています。

前回のnoteにも書きましたが、「GO TODAYやクルーをどうしたいか」という問いへの解を、日々考え、発信していきます。

そこで今回は、「ルール」ではなく『指針』で動くコミュニティが良いよね!っという話をします。

「ルール」ではなく『指針』で動くコミュニティ

「ルール」ではなく『指針』で動くコミュニティとは、これはOKこれはNGという、細かな行動制限で動くのではなく、これは目指す世界観に沿ってるよねという、向かうべき方向性で動けるコミュニティです。

スクリーンショット 2021-01-19 22.04.01

つまり、答えではなく判断材料を共有するコミュニティ。

こうした「ルールではなく指針で動く集団」は強いなぁと思っていて、ザッポス、スターバックス、Netflixなどはその好例です。

ザッポスであれば「顧客に感動を届ける」という指針の元、サポート担当個人に裁量が与えられています。有名な話では、病気で母親を無くし商品の返品を忘れていた顧客に対して、商品の集荷手配をしただけでなく、お悔やみの花束とメッセージカードを送ったり、自社に在庫がなければ競合サイトを検索してその商品を勧めたりと、担当一人一人がその指針(顧客に感動を届ける)を元に、自ら最適な行動を判断することで、多くのファンを惹きつけています。

スターバックスにしても、顧客の「サードプレイス」となる理念が徹底され、カップに描かれるメッセージやイラストは会社のマニュアルではなく、パートナー(店員)個人の判断ですし、Netflixは休暇取り放題、経費使い放題、そのかわり「Netflixの利益を最大化する」という、コントロール(規則)ではなくコンテキスト(条件)を元に各自が判断をしています。

これらはまさに「ルールではなく指針で動く」を体現し、パフォーマンスを上げている集団です。

▼参考文献


これらの例を見て、「なんかGO TODAYっぽいなぁ」と私は思いました。

そもそもクルーの皆さんは各々の技術やサービスでお客様を喜ばせていますし、当然そこに正解やルールは存在しません。クルーの数だけやり方があるというのがGO TODAYの最大の魅力であり、強みです。

スクリーンショット 2021-01-19 22.04.25

なので、できる限りルールを減らしていくべきだと考えています。

指針とは何か?

「ルール」ではなく『指針』で動くコミュニティが良い!とは言うものの、指針とは一体何でしょうか?

指針とは、コミュニティに属する人たちが醸成する「価値観」です。それってGO TODAYっぽいよね、というのが価値観です。

スクリーンショット 2021-01-19 22.04.42

そしてその価値観の集合体が「企業文化」と呼ばれるものです。

企業文化>価値観>指針

特にGO TODAYのような多様な人たちが集まるコミュニティにおいては、価値観がとても重要です。年齢もキャリアも異なる人たちが共存する上で、ルールは案外機能しません(CMの皆さんが頭を抱えていることです)。

必要なのは、価値観の共有です。

価値観を共有できると何が良いか?

価値観を共有できると、以下の3つのことが起こります。

・自分たちで意思決定できる集団になる
・自分たちで課題解決できる集団になる
・共に自己実現(成長)できる集団になる

つまり「自走する集団(コミュニティ)」へと育ちます。

サロン内で何か問題が起こったとしても、自分たちで考え、最適解を見つけ、解決/改善し、共に成長していく。こういった正のスパイラルがコミュニティ内に生まれます。

スクリーンショット 2021-01-19 22.04.59

この状態ではCMの役割も「頼まれごとを解決する人」から「コミュニティを醸成する人」となり、本来あるべき姿でその責務をまっとうすることができます。

まさに、C(コミュニケーション)M(マネージャー)です。

バリュー(行動指針)の重要性

実はGO TODAYにも、Valueと呼ばれる行動指針が存在します。

スクリーンショット 2021-01-19 21.47.15

これは創業前に、私と代表の大庭さんと第1号クルーの愛澤さんの3人で「GO TODAYにはこんな人たちに集まってほしいよね!」と考え言語化したものです。

(当時の様子)

画像7

手前味噌ですが、今見ても素晴らしい行動指針ですし、とてもGO TODAYらしい内容です。

ですが、指針は存在自体にはまったく意味がありません。どんなに魅力的な言葉が並んでいたとしても実態を伴わなければ、絵に描いた餅です。現場に浸透して根付いてこそ、初めて意義があるものです。

クルー自身がValueを元に意思決定をし、課題解決をし、自己実現していく。そこから常に現状と照らし合わせ、Value自体をアップデートしていく。

これがValueのあるべき姿です。

そして何より大事なことは、現場のクルーと共にValueを創り上げることです。

我々が文言を考え、「これがウチのValueだからよろしく!」とクルーへ提示しても、それは生きたValueではありません。

Valueは現場の血が通い、生きたものでなければいけません。

理念に共感する人たちが集まれば世界を変えられる

文化や価値観はそう簡単に真似できません。シェアサロンが急増している昨今においては、この企業文化や価値観こそが優位性となり、その企業やコミュニティの唯一の強みとなります。本物と偽物の差が、より明確になります。

指針を共有し、共に育み成長できるサロンが、唯一美容師さんから選ばれ生き残ると常々感じます。

GO TODAYにもCM陣や社員メンバーを筆頭に、理念への共感が深く、意欲とポテンシャルに溢れ、共に成長していける美容師メンバーが集まってきました。会社は「人」です。

GO TODAYという、未完成のまま大海原へ飛び出した舟に乗り込み、みんなで舟を補強しながら、見たこともない世界を目指し航海を続ける。

そういった仲間たちが集まり、共に育んでいけるサロンがGO TODAYであり、その舵取りをするのが私の役割だと思います。

ん、あれ?

話が逸れたかな?笑

まぁたまには良いでしょう。

ぜひ皆さんの力を貸してください。まだ見たこともない世界へ、共に旅立ちましょう。

まとめ

スクリーンショット 2021-03-23 18.18.13

スクリーンショット 2020-06-10 8.20.54


▼大池の他の記事も見る



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
日本最大級のシェアサロン「GO TODAY SHAiRE SALON」の公式アカウントです。