マガジンのカバー画像

グリラスの現場レポート

3
徳島県に位置するコオロギの会社、グリラスってどんなところ?日常が垣間見えるレポートをお届けします!
運営しているクリエイター

記事一覧

【レポート】コオロギの可能性を引き出す、最先端バイオテクノロジー。

グリラスの歴史と未来を語るメディア「グリラスストーリーズ」 今日は、少し難しいけど聞いてほしい。グリラスのテクノロジーについてのお話です。 株式会社グリラスは、フードロスから生み出された循環型食品(=サーキュラーフード)である食用コオロギの製造・販売のみならず、徳島大学の基礎研究をベースにした最先端バイオテクノロジー技術開発の研究所としての側面を持ちます。2019年に会社が創立するより前から、脈々と受け継がれてきたコオロギ研究の蓄積が、今日のグリラスを支えているんです!

スキ
32

【レポート】目指すのは、体温のあるブランド。グリラス初の自社ブランド「C.TRIA」って?

フードロスからコオロギを育て、新たなタンパク質を生み出す循環型食品“サーキュラーフード”に特化したブランドとして誕生したグリラス初の自社ブランドC.TRIA。立ち上げにあたって込めた想いを開発担当 西郷に聞きました。 もっと広く、もっと近くで。声を聞くために生まれたブランド。ー今回設立した新ブランド「C.TRIA」ですが、立ち上げに至った経緯をお聞かせください。 きっかけはすごくシンプルです。グリラスのコオロギパウダーを使って製造されている無印良品のコオロギせんべいや、A

スキ
16

【レポート#1】コオロギの現場最前線より_インターンシップ編

日々、グリラスの現場で起きている日常を切り取って、配信していくために企画した本レポート。第1弾となる今回は、先日行ったインターンシップを取り上げます。 2019年5月に創業し、ようやく2年が経とうしているグリラスは、まだ社員数が10名にも満たなく、全てが中途採用という状況。そんな中、駆け出しのグリラスに興味を持って勇気を振り絞って、コーポレートサイトから直接 info@ への問い合わせくださった22年卒予定の大学生が何と2人もおり、採用担当は驚きと戸惑う状態に...。 中

スキ
12