見出し画像

【企業Twitter運用方法】1000フォロワー達成までの奮闘記

こんにちは!GrowingWay「人事の知らない世界」編集部です。

皆さん、企業でTwitterを運用されていますか?
近年では、企業のPR活動として、SNSの利用が当たり前の時代となっています。
SNS担当者ならわかると思うのですが、企業のアカウントってなかなかフォロワーを伸ばすのが難しいですよね。
「何を呟いていいのかわからない」
「個人的な感想を述べてはいけないのかな」
「企業の名前を背負っているし炎上が怖い」
「なかなかフォロワーが伸びない」
こんなお悩みを一度は抱いたでしょう。

弊社も企業アカウントを運用しており、今年1月から始めたTwitterが9月で1000フォロワーになりました!
フォロワーの皆様、いつもありがとうございます!!

今回は、弊社の企業アカウントの運用の仕方やフォロワーを伸ばすために実践してきた施策をご紹介します!

①企業Twitterの運用方法

◆テーマを決める

まずは誰に向けてどんな内容を発信したいのかを決めましょう。
フォロワーを増やしたいからといってターゲットを広くしてしまうと、結局誰にも響かない内容になってしまいます。

画像1

どんなターゲットに発信したいのかを決めておくと、一貫した情報をツイートできます。

また、Twitterを運用していく目的を定めておきましょう。

企業の認知がとりたいのか
商品をPRしていきたいのか
社員の魅力を発信していきたいのか
記事やブログの流入に使いたいのか

など目的は様々です。
Twitterを運用して、最終的にどうしていきたいのかを考えると、どんな内容を発信していくべきかを決められます。

◆発信者のキャラを決める

Twitter担当者が複数人いたとしたら、特に徹底した方が良いです。
一人で担当していたとしても、日によって発信するテンションや口調が違うと、情緒不安定に思われてしまいます。
性別、性格、口調、語尾などを誰に公開するわけでもないですが、裏設定を決めておくと発言に一貫性が出ます。

◆プロフィールを充実させる

1000フォロワー達成までの運用方法 (1)

パッと見て、「何の会社」が「どういう内容」を発信しているか分かるようにしましょう。
「このアカウントは有益になりそうだ」と思ってもらえると、フォローにつながります。

プロフィールではリンクも貼り付けられます。
Twitterで興味を持ってもらった方に、さらに会社のことを知ってもらうチャンスです!
Twitter運用の目的に応じて、自社HPやオウンドメディア、商品のリンクを貼りましょう。

プロフィール画像やヘッダー画像にもこだわりましょう。
プロフィール画像は企業の名前やロゴ、オリジナルのキャラクターなども良いです。
また、期間限定で季節にちなんだ画像を設定すると、話題性があって興味を持ってもらえるでしょう。

イメージ↓

画像3

◆発信内容を考える

テーマが決まったら、具体的にどんな内容を発信するか考えましょう。
毎日朝の挨拶はするなどあらかじめ決めておくと、発信内容のネタに尽きずに楽しく発信できます。
企業アカウントだからと気負わず、伝えたい内容をいろんな角度から発信していくのがおすすめです。

いくつか私たちが企業アカウントで発信していた内容をご紹介します!

【朝の挨拶】

朝の挨拶は企業アカウントの中では定番になってきてます。
企業アカウントという堅い印象のあるアカウントが、人間味溢れるツイートをすることで親しみやすさを演出します。

【自撮り繋ぎ】

弊社は採用広報の一貫として、社員の魅力を発信するためにTwitterを行っていました。
社員の魅力を発信する際に何かできないかと考えた際に出た施策が、社員同士の質問をバトン形式で回していくという案です。

当時、芸能人の間で『自撮り繋ぎ』が流行っていたので、「会社にまつわる質問」と「社員の写真」の2点を含め、『#GW自撮り繋ぎ』というハッシュタグをつけ、バトン形式で回していきました。
会社の魅力と社員の人柄を知ってもらう機会になり、社員間では新たな一面をお互い知れる機会となりました。

このように自社のTwitterに合った施策を期間限定で考えるのも良いでしょう。
Twitterで話題のハッシュタグやトレンド欄をチェックし、その内容と絡めたものだとより多くの人に見てもらえる可能性が広がります。

◆情報発信を画像にまとめる

Twitterは最大140字入力が可能です。
文字で情報発信をするのも良いですが、タイムライン上だと流れてしまいます。
そこで目に止まりやすいのが画像。
情報発信を画像にまとめると文字ツイートと差別化できますし、フォロワーにとって視覚的にわかりやすくなります。

②フォロワーの伸ばし方

◆自分からフォローしていく

アカウントを運用していく上で自然とフォロワーが伸びていくと良いのですが、最初のうちはフォローされるのを待つだけではフォロワーを伸ばすのは難しいでしょう。
まずは見てもらえる機会を増やさなければ、フォロワーを増やすことが難しいので、1000~2000人までは地道にこちらからフォローしていくことも手です。

こちらからフォローすると言っても、ただ闇雲にフォローしても意味がありません。
自分たちのターゲットとしている層をフォローしていきましょう。
フォローしてもなかなかフォローバックしてもらえない場合は、発信内容に問題がある可能性があるので、内容を見直した方が良い場合があります。
目安としてお伝えしますが、弊社のアカウントでは15%の確率でフォローバックをしてもらえました。

フォローしてもらえたら、そのアカウントにアクセスし、お礼と挨拶のメッセージをするのもおすすめです。
そこでそのやりとりを見た相手のフォロワーがあなたのアカウントに興味を持つと、そこで更なるフォロワー獲得につながります。

◆インフルエンサー、企業アカウントに絡む

こちらから積極的にインフルエンサーにリプや引用リツイートで絡んでいきましょう。
リプをもらったり、リツイートしてもらえたりするとそのインフルエンサーのフォロワーにあなたのツイートが見られます。
そこで興味を持ってもらえたら、新たなフォロワー獲得に繋がるので是非試してみてください!

◆いいねをしていく

Twitterのアルゴリズムで、「いいね」をしてくれる人のツイートがタイムラインに表示されやすい傾向があります。
なので、積極的に自分からも「いいね」を押していきましょう。

画像5

このようにリスト化するとタイムラインが整理されて、いいねやリプがしやすくなります。

◆ツイート量を担保する

皆さんも、自分に有益ではない情報を発信しているアカウントをわざわざフォローしないですよね。ツイート数の少ないアカウントは自分に有益な情報を発信しているか判断しづらいので、フォローされにくいです。
ターゲットに合わせ、充分な量のツイートをしていきましょう。

◆ハッシュタグをつける

ハッシュタグはユーザーがタグ検索をした際に、検索結果に載ってくるので、新規フォロワー獲得に有効です。
Twitterのトレンド欄に話題のハッシュタグが載ってるのでチェックしましょう。
「#企業公式が毎朝地元の天気を言い合う」など、企業アカウントが参加しやすいタグもあるので、是非使ってみてください!

③炎上対策

◆複数人でチェックする

Twitterを投稿する前に複数人で確認することも一つの手です。
弊社の場合は、Twitterの担当者を3名つけており、お互いのツイートに問題がないか確認しあっています。
ツイート内容に不安があるものは、自分だけでなく他の人に客観的な視点でみてもらいましょう。

◆Twitterルールブックを作る

1000フォロワー達成までの運用方法 (2)

Twitterを行う目的やどんな発信をしてはいけないのかをまとめておきましょう。
ミッションやビジョンも改めて載せておくと、企業イメージに合った内容が発信できます。
画像を作成する際は、フォントの種類や使用するカラーも統一させておきましょう。

企業ブランディングのためには、統一された発信が非常に重要になってきます。
担当者が複数人いる場合は、一貫した内容をツイートするため、特にこのルールブックが必要です。

◆炎上さしすせそ

画像7

これらの話題は炎上しやすい内容となっておりますので、企業アカウントはあまり発信しない方が良いでしょう。

また、これらの内容をツイートしない方が良いのは、炎上しやすいからだけではありません。
災害時は、被災者が情報を求めてTwitterへアクセスが集中します。そんな時に関係のないツイートでタイムラインを荒らしてしまっては、大事な情報が埋もれてしまいます。
その観点からも災害時はツイートを控えると良いでしょう。
一方で、家電メーカーの「災害時に漏電の注意を促すツイート」などは、ユーザーにとってとても有益な情報です。

このように企業アカウントの担当者は、「社会がよくなるために、自分たちはどうしたらよいのか」を考えておくと、ユーザーに求められてような発信ができます。

④ツイートを分析する

◆アナリティクスを見る

画像8

画像9

画像10

左側のメニューの「もっと見る」を選択すると、「アナリティクス」が見れるようになります。
自分のツイートが何人に見てもらえたのか、その中で興味を持ってもらったのは何%かなど、詳しくツイートが分析できます。

画像11

・リツイート
・いいね
・返信
・プロフィールへのアクセス
・リンククリック
・メディアの再生数
・メディアのエンゲージメント数
上記いずれかの反応が合った場合、「エンゲージメント数」に加算されます。

インプレッション数もエンゲージメント率もどちらも大切ですが、インプレッション数は見られた回数なので、リツイートされることで多くの人に見てもらうことが可能です。
よって弊社では、エンゲージメント率をあげることを重視しています。

◆Social Dogを使う

フォロー・フォロワー管理機能などがついており、Twitterを運用していく上で補助として使えます。

Twitterの元々の機能と変わりがないように感じますが、アクティブではないユーザーやどのくらい前にフォローしたユーザーかが把握できるため、自社に関心が薄そうなアカウントやそもそもTwitterをあまり使っていないアカウントなど、確実にフォロワー管理をすることができます。

◆投稿時間に気をつける

皆さんはどんな時にTwitterを見ますか?
朝起きてすぐ、通勤時間、昼休み、帰りの電車、寝る前……etc
皆さんが見るような時間にユーザーもTwitterを見るので、その時間を狙いましょう。

弊社企業アカウントの場合は、土日など休みの日のツイートはしておりません。休みの日に発信すると休みも仕事をする会社というブランディングになってしまうと判断したからです。

とはいえ、Twitterは継続が大切。
「うちは休みでもTwitterを運用したい」という担当者さんは、予約投稿もできるのでご活用
してみてください!

◆Twitterのアルゴリズムを理解する

アルゴリズムとは、ツイートを多くの人に見てもらうための「仕組み」のことです。

画像12

画像13

画像14

まずはタイムラインの表示の仕方を設定しましょう。
最初は「ホーム」表示になっており、自分に関連度の高い順番で表示されるようになっています。設定し直さないと変わらないので、ほとんどの人が「ホーム」表示です。

しかし、Twitter担当者は「最新ツイート」表示に設定しましょう。
最新のツイートに反応すると、相手と関連度の高いアカウントとTwitterに認識され、相手のタイムラインの上部に表示されやすくなります。(相手は設定し直していない限り、ホーム表示になっているため)

このように、関連度が高かったり、反応が多かったりするツイートは、Twitterに良いツイートだと判断されタイムラインの上部に表示されます。

画像15

まとめ

企業アカウントは、個人アカウントより伸ばすのが難しいと言われています。
今回の記事で紹介した内容が少しでもお力になれていたら幸いです。

自分たちが伝えたい内容を発信することも大切ですが、ユーザー視点になって「求められていることが何なのか」を考えると、反応がもらえるツイートにつながります。

地道なPDCAを回して、これからも一緒に頑張っていきましょう!


株式会社GrowingWayは採用ブランディングを行っています。
Twitterの発信をする前に、まず自社の魅力がわからないという方は、是非弊社までお問い合わせください!

お問い合わせはこちら↓


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いつも、ありがとうございます!♡
16
"熱量や自主性を持って働く人を増やし、活気に満ち溢れた社会をつくる"をミッションに掲げている株式会社GrowingWay(https://growingway.jp/)のノウハウをnoteで公開しています! 皆様是非フォローの方よろしくお願いいたします。