見出し画像

「チャレンジ」を許可することについて

Grounding Lifeの長谷川です。
本当に久しぶりの日差しを感じる午後でした。ようやく夏が来た感じですね。

さて、今日は「チャレンジ」を許可することについて、少し考えてみました。

5年生の娘が「お友達と子供だけでバスに乗り、プールに行く」と言い出しました。夏休みに入る前からスケジュールを調整し、約束を取り付けていたようです。

子供同士で話し合いをし、計画を立てるということは素晴らしいなぁと思いました。

一方、やはり「子供だけで40分くらいの道のりを乗り継いでいけるのかな?」と。こちらは心配です。

心配の裏には、
「まだこの子には難しい」
「何かあったらどうするの」
「この子達だけで判断できるの」
という声がありました。

そして何よりも
「親として、それってありなの?」
というどこからかの声。

これ、私の声じゃないんですよね。

私を「親として評価する(と思い込んでいる)世間の声」なんです。

コーチングでも、何か自分にとって新しいチャレンジや本質的なトライをする時に、自分を止めてくるエネルギーがある、とよくお伝えします。私が学んできたコーアクティブ・コーチングではそれを「サボタージュ」と呼んでいます。

サボタージュは「自分を止める力」です。
これがあるから、危ないことから身を守れるとも言えるし、本質的な変化にたどり着けないとも言える。なかなか手強い力なんです。

で、今回の場合。

私はサボタージュに抗いながら、自分の中にある、ある想いに気がつきました。

それは、

「子供の力を信じてみたい。あなたにはエネルギーと力がある、と背中を押してあげたい。」

というもの。娘のエネルギーを100%信頼してあげたい。ただただそれだけ。

だから、娘にプールに行っておいで、と伝えました。

===

帰ってきた娘にどんな時間だったか、と聴くと
「えー、まぁ普通に着いて、思いきり泳いで、好きなものを好きなように食べて楽しかった」
とのこと。

当の本人にとっては、なんてことはないチャレンジ。今回は、私の方がチャレンジさせてもらった感じです。

母としても、コーチとしても、日々学びがあります。そんな気づきをくれる存在に感謝です。

あなたを止めるものがあるとすれば、
それは何ですか。

#コーチング
#子育て
#サボタージュ
#地に足をつける

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
国際コーチ連盟認定PCC取得のプロコーチ。個人、経営者向けコーチング、組織作りのお手伝いもしています。人それぞれ、生きる目的を持っている、と強く信じています。可能性を信じ、思いきり生きることを、一緒に味わってみませんか。https://grounding-life.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。