見出し画像

掃除の事

僕の職業は植木屋さんで
僕は肩書きを庭師といちおう名乗っています。
「いちおう」と言ったのはなかなか自分のやっている仕事を言いあらわす言葉がないからなのですが
世間一般の感じでは植木屋さんです。

その植木屋さんは庭をつくるだけではなく
年末になるとお手入れという仕事で忙しくなります。
お手入れというのは
お庭の樹木を切ったり
掃除をしたりとか
文字通りお庭をキレイにするために手を入れに行く仕事です。

このお手入れはすごく大切で
樹木の伸び方とか
どのように成長しているかとか
お庭で使った材料がどのように経年変化しているかとかを
チェックできる良い機会で
この経験が、これからのお庭づくりの参考になります。
この話は長くなるので、またしっかり書こうと思っています。

今回は掃除の事

いつもお庭を掃除していると不思議で面白いと思うことがあります。
それは庭の掃除は外の空間を掃除するということ

落ち葉を掃いたり
草を抜いたりするわけですが
室内なら土や砂などを掃除して取り除けばキレイということになるのですが
庭の場合だと自分の感覚でキレイになるまで掃除をするわけです

落ち葉が1枚も落ちてないのがキレイなのか
落ち葉がパラパラと落ちていても
それが自然な感じでキレイなのか
これはとても難しいです。

例えば
しっかりと掃除した後に
うっかり椿や山茶花に体が触れてしまい
花がパラパラと落ちてしまいました。
キレイに掃き清めた土の上に花が、、、
それも庭的には美しかったりします。

その場所にあったお庭の掃除の仕方があるはずで
その時のそのタイミングでしかできない掃除があったりするんだろうと思うと
難しいけど僕は大好きなんです。

最近のグリーンスペースのお手入れしたお庭

宝塚の庭

NRMさんの茨木の家

市井洋右建築研究所Tm house

積水ハウスさんの
浜寺の庭

河内長野の庭

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
大阪は八尾でgreen spaceという庭屋を兄弟でやっています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。