見出し画像

【2回目】ボストン倶楽部レッスンレポート/日本語サポート、必要かも?

ボストン倶楽部2回目は、前回と同じC先生です。

前回のレッスン内容はこちら。


INTRODUCE

本日ものスモールトークからスタート!
先生:hello!how are you?
息子:Im fine!
先生:Oh!good good!

今日のレッスンは、前回の続き、Easy Conversations(https://www.eslfast.com/easydialogs/index.html)のDaily Life (Part One)・2. I Have a Hondaをお願いしました。

【2. I Have a Honda】
A: Do you have a car?
B: Yes, I do.
A: What kind of car do you have?
B: I have a Honda.
A: Is it new?
B: It was new in 2003.
A: So, it's pretty old now.
B: Yes, it is. But it still looks good.
A: Do you take good care of it?
B: Oh, yes. I wash it once a week.
A: Do you change the oil?
B: My mechanic changes the oil twice a year.

会話の前半部分を重点的に

まずは前回同様会話の読み合せがスタート。
会話全部ではなく、前半の4行だけを何度も練習する先生。
「息子にはとにかく繰り返すことが必要」と、1回のレッスンで理解してくれた先生に感謝!

冒頭4行を3回繰り返したあたりで、交互に読む練習に入りました。
先生:This time,you are A I am B!

4行を読み合せたら終わりと思いきや、
「Is it new?」
とマイペースにAの音読を続ける息子。
「Good good!Go ahead!」
と柔軟に対応してくれ、練習していない箇所もすべて読み合せました。

最後まで読んだ後は、最初の4行に戻って、AとBをスイッチ。
先生:Let's go back.I'm A,you are B.

今回は4行で読み合せは終了しました。

イラストを見ながらフレーズ練習

先生:Hold on!

画像2

先生:Do you know these animals?
            Here is...
息子:bunny!

rabbitではなくbunnyと答えた息子ですが、
Yes!bunny!
と先生。
alligatorに関しても、crocodileと答えた息子。
「bunny is rabbit,crocodile is alligator.Same!」
と教えてくれたのち、ウサギのことはbunny、ワニのことはcrocodileと、息子の答えに合わせてくれる神対応。

先生:What' this?
息子:fish!
先生:Yes!How this one?
と8つの動物を答えた後は、フレーズ練習。

先生:What kind of pet does she have?
息子:bunny!
先生:Good!Can you try?Can you ask the question?
息子:んーーーYes!
息子:What kind of pet does she have?
先生:Bunny!I like a bunny!
とノリノリで答えてくれる先生。
It's my turn
It' your turn
と順番で息子と先生が質問しあいました。

ここで軽いスモールトーク。
先生:Do you have a pet?
息子:No!I don't.
先生:What do you like a pet?
息子:んーCat!
先生:Oh!I like a cat, too! 

イラストを使って先生とクイズ

先生からクイズの提案がありました。
後から録音を聞き返すとめっちゃ説明してくださっているのですが、レッスン中はすぐに先生がやりたいことが理解できなかった私と息子。

【先生の説明書きおこし】
I am going to game.
I have a name in this paper.
I have the name Pet here in this paper.
You have to guess what pet is this.
You ask me for example 「do you have a dog?」
OK?
上のフレーズを何度も先生に繰り返し言ってもらい、やっと「先生が紙に書いたペットの名前を当てるゲーム」のことだと気が付いた私。

まずは息子のターン。
息子:Do you have a cat?
先生:Oh!!Yes!!!!

まさかの一発で当ててしまった息子。
先生が描いたかわいいネコの絵を見せてもらいました。

先生:It's your turn!
   You choose like this,you like one .
   You just hide from me!
息子:Hold on!
絵を描きだす息子。
息子:できた!!
先生:OK!Dont show me!

次は先生のターンです。
先生:Do you have a frog?
息子:No!
先生:Oh got!Do you have a dog?
息子:No!
先生:Terrible!Do you have a cat?
息子:No!
先生:Strike 3!I like a cat!Why ?
           Do you have a fish?
息子:No!
先生:Oops!
とノリノリ!
結局息子が描いたcrocodileをあてるのに、7回の質問をした先生でした。

先生:OH!!!Your crocodile is Amazing!
息子:Thank you!

最後はもう一度会話の読み合わせ

もう一度会話の読み合わせをして、レッスンは終了しました。
先生:Practice one more time!
   You can be A.Go ahead!

そして、読み合わせ後に一言。
「Can I see your crocodile one more time!」
お互いの絵を見せ合って、レッスンは終了しました。

2回目のレッスン・まとめ

画像3

2回目のレッスンも楽しく終わりました。

・1回目のレッスンで息子には繰り返しが必要だということ
・ゲームを取り入れて楽しいレッスンにしてくれたこと

がすごくすごくありがたかったです。

ただ、今回先生の言っていることをつかむまで時間がかかってしまうことがありました。
すごくいい先生なんですけど、英語が得意でない私にとってはやっぱりきつかった汗。

ただ、息子はすごくC先生が好きなんですよね。
だから、次回は一度「日本語(上級)」の先生でレッスンを受けてみて、どちらの先生がいいのか息子に聞いてみたいと思います。

次回のレッスンも楽しみです!

レッスンレポートはこちらにもまとめています。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!うれしいです!Have a great day!
2003年アフリカ人の夫と国際結婚。2010年生まれ男子・2017年生まれ女子の母。楽しいを大切に、トリリンガル夫とおうち英語実践中♪初心者の親子でも英語を楽しく学べる・おやこイングリッシュ運営中(URL:https://amoglish.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。