見出し画像

Cocoda!で『Human Interface Guideline』を実践しながら学べるコンテンツがリリースされました!🚀

Cocoda!デザイナーのグレイテストヒロキです🕺
この度、UIデザインを学習している人・もっとUIデザインのスキルを付けたいデザイナーに向けた、デザインガイドライン(Human Interface Guideline)を元にしたアプリデザインができるようになるコンテンツが追加されました!🎉

同時に、アプリデザインだけでなく「WEBデザインが作れるようになる」コンテンツも追加されているので、そちらと併せてチェックしてみてください!✨

↓↓早速取組んで見たい方はこちらから👍👍↓↓
https://cocoda-design.com/contents

✍️Human Interface Guideline(=HIG)とは

スクリーンショット 2019-10-07 23.59.18

HIGとはApple社が提供するiOSを構成するUIの基本原則や指針、各部品の意図や使用方法などが定められた「ルールブック」のようなものです💡
Google社が提供している「Material Design」と並ぶ代表的なデザインガイドラインです。

iPhoneやAndroidなどプラットフォーム上で展開されるデザインを組み立てるUIデザイナーにとって、ガイドラインを理解した上でUIをデザインできる力はなくてはならないものになっています💪

一方で、ガイドライン自体が英語で記載されていたり、性質上知識として取り入れるだけでは理解しづらい内容であるため、なかなかUIデザイン学習者が学びづらい現状にあります。

⭐ガイドラインを分かりやすく、実践的に学べるように。

上記のような背景を踏まえて今回追加されたのが「UI Graphic ガイドライン編」です。このコンテンツは、主にHIGについて日本語解説+目標デザインを実際に作ってみながら学べる実践的な流れになっています🙋‍♀️

スクリーンショット 2019-10-07 20.42.50


具体的には以下のような目標デザインを実際に作っていく過程で、主要な知識をスライドや動画を元にして学ぶことができます💡

画像3

画像4


普段何気なく使っているアプリのデザインの背景を深く理解したり、自分でも実際にガイドラインを元にしたデザインができるようになれるコンテンツなのでぜひ取組んでみてください🕺

↓↓さっそく取組んで見たい人はこちら↓↓

スクリーンショット 2019-10-08 2.50.11


🎁さらに! WEBデザインも学べるようになりました

今回のリリースでは、上記のガイドラインコンテンツだけではなく新たにWEBデザインを題材にしてデザインの基礎が学べるコンテンツもリリースされました!🚀🚀

今まで主にアプリデザインをメインに扱っていましたが、実際UIデザイナーとして働く際にはWEBサービスやLPをデザインすることも多くあるため、「レイアウトの作り方」をテーマとして実際にWEBデザインが作れるようなコンテンツにしてみました。

スクリーンショット 2019-10-08 1.03.20


ガイドラインコンテンツと同じく、以下のような目標デザインを実際に作っていく過程で、主要な知識をスライドや動画を元に学ぶことができます💡

画像6

画像7

それぞれ15分程度でWEBレイアウトを手軽に作ってみながら学べるコンテンツになっているのでぜひ取組んでみてください✨

↓↓さっそく取組んで見たい人はこちら↓↓

スクリーンショット 2019-10-08 2.49.59


これからもUIデザインや、サービスデザインの力を身に着けられるようなコンテンツを続々と増やしていく予定です。ご期待ください😆🙌


-----------------------

今回リリースされたコンテンツ以外にも、デザインを作って投稿するとプロのデザイナーからフィードバックがもらえるお題や、企業コラボお題もどんどん増えているのでそちらもぜひチェックしてみてください!


画像8


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いえい!あなたの人生に幸あれ!
68
Cocodaというサービスを作っています。 主にデザイン・フロントエンドを担当しています。 デザイン界隈を盛り上げたい欲が食欲を一回り分くらい上回ってます。 twitterはこちら(https://twitter.com/greatest_hiroki)

こちらでもピックアップされています

アート×デザイン=クリエイティブ
アート×デザイン=クリエイティブ
  • 2098本

アートとは「自己表現を通じて鑑賞者の感情を励起する装置」であり、デザインとは「機能や目的に向けてユーザーの行動をアフォードする装置」である。故に両者の総和たるクリエイティブとは「暗黙知を通じて人々に新しい知見や体験を与えるプロダクトを生む活動」に他ならない。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。