見出し画像

ヘルシー志向はお断り! の食べ歩き 〜 四谷の隠れ家過ぎるフレンチ 『Jour de Marche(ジュー ドゥ マルシェ)』〜

『行きつけ』

良き響きですな。 いい大人である以上、そんなお店の一軒や二軒、持っておきたいものだ。

かる〜く、隠れ家風味の、そんなやつね!

そこで、よく出没する曙橋界隈で、そんなお店を作りたいものだ、と探してみました。

そして見つけたのが、

『Jour de Marche(ジュー ドゥ マルシェ)』

これがまあ、隠れ家にも程があるだろ、という隠れっぷり。気配の消し方が絶妙で、幾度となくお店の前を通っていたはずなのに、全く気付いていなかった… 

血鬼術か!!

愈史郎…

画像1

出典 鬼滅の刃/吾峠 呼世晴/集英社

めちゃくちゃわかりにくいが、店内に入れば、こじんまりしつつも、オシャレで可愛らしい雰囲気。

料理はお任せコース一本。苦手な物は聞いてきてくれるので、大丈夫!

画像2

突き出しは『トリュフとなんたら芋のスープ

安定のうろ覚え。

上にかかってあらせられるのは、ヒジキではなくトリュフです。念のため(何のためだ)。

この手のものはフレンチのお店ではよく出てくるが、まあー、間違いなく旨いやつですな!

『これなら5杯くらい飲み干せる…』

という、お店の雰囲気に似つかわしくない下品な感想を垂れ流す。

画像3

『軽くソテーしたイカと菜の花?のサラダ』

イカの火入れがいい感じだ。火を通しすぎていないので、硬くなっていないが、旨味、甘みは引き出されている。

画像4

『チーズの盛り合わせ』

デザートの代わりに選んだものを、早めに出してもらう。

チーズは食べ頃の状態で、旨い!! 付け合わせのパンも、イチジクとクルミが入っており、チーズとの相性が抜群。

画像5

『鳳凰卵のスクランブルエッグ?』

こちらもトリュフ風味。個人的には、トリュフ×卵 の組み合わせは、最強に近いと思っている。相乗効果で、1+1が200だぜ!!

画像6

画像7

まあ、そのう、、リゾット… です…

…何のリゾットかは忘れたけど、美味かったのは確かです🧡(最低の食レポ)。

画像8

『キハタのソテー 蕗の薹のソース』

蕗の薹のフリットがお供につく。蕗の薹の爽やかな苦味が味を引き締める一皿。キハタは生臭みなぞ皆無、皮身はパリっと、身はふっくらと仕上げられ、旨い!

画像9

『松坂牛のシンシンのグリル』

赤ワインソースの煮詰め具合がちょうど良い。肉は見た目の通り、サシはあまり入らず、赤身中心。噛み応えがあり、肉の風味も良い。ほんのりとした熟成香もあり、飲み込むのが勿体無い逸品だった!

全ての料理が高水準で、手抜き無し! よく行き届いた料理を出してくれる、素晴らしいお店だ。

ただし、サービス料が10%加算されるので、予想より少しお高い請求書が届きます苦笑

それ以外は本当に素晴らしい! 懐に余裕があり、血鬼術に惑わされないあなたにはオススメだ!!

#鬼滅の刃 #グルメ #食べ歩き  #ツイッター #Twitter #インスタグラム #インスタ #Instagram #短編 #ショートショート #ショートコント #コント #ノンフィクション #コラム #note #生き方 #雑記 #ひとりごと #ブログ #オリジナル #フレンチ #隠れ家 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

きゃー! やだ、もうー!!
15
40代のオヤジのすなる、旅行記・脱力するような事件簿にしていきたいと思っています。 この歳からでも、書いてやる!  時は来たり、time is at hand !!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。