見出し画像

世界の途中にいる

こんにちは午前宙です。

はじめに、この記事は完璧ではありません。

完璧ではありませんが、ふんわりとした考えを形にしています。

メルヘンな独り言なので、そういう人もいるんだな〜ぐらいの感覚で読んでいただければと思います。この記事の感覚をヘタクソながら言葉にすることで、何かに繋がればいいなと思っています。

子供の頃、世界は完璧だと思っていた。

最近色んな世界の綻びが、目に見えるようになってきました。

今思うと私は子供の時、世界は完璧だと思っていました。この完成された世界でどう生きていくかという感覚で無意識に生活していたのです。

色々あるけど、この国は安全で、世界の進化は終わっていて、あとは自分がどう成長していくか、この完成された世界で何を成し遂げるか、という天井があるような感覚と言えばいいでしょうか。映画のフィルムの最後の方の時代に生きていると思っていました。

でも今は、世界が終末を迎えているように感じています。それに反して、人類はもっと哲学や社会をより良くできる、そんな未来への希望も感じているのです。世界の可能性が電線のように揺れている中に生きていると思いますし、ずっとそうだったんだと思うようになりました。この世界の進退を揺らがす構成員の1人のような実感が湧いたと言えばいいでしょうか。

次の世界を見たい

200年後に生まれていたら、どんな世界があるんだろう?どんな意識で生活しているんだろう?とワクワクするのです。人が何を求める世界になっているとか、人がどのように考えられるようになっているか?ということへのワクワクです。

日常の小さなものがゆっくりと変化し続けていて、いずれそれが大きな変化になっているような感覚です。例えば最近どこかで、視聴者は賢くなっている、という言葉を聞きました。これはテレビCMを真に受けやすかった視聴者が、自分でCMの信用度を判断する能力を得てきたという話の流れから聞いたものだったと思います。家に1台はあるだろう身近な家電に対してすら、人は変化してしているのであれば、これ以外の出来事でも、どんどん事象から受け取る人の考え方は変わっていくんだと思っています。対抗策への対抗策が繰り返されているような。

インターネットも昔はヲタクの世界のようなイメージだったけど、今は小さい子も参加する世界共通の裏掲示板みたいな感じで。世界共通の裏掲示板になってしまえば、それはもう裏掲示板ではなくて、世界の本音やビジュアルそのもの、他人や鏡のようなものそのままだから、野蛮なままではいられないような、そんな世界になってきたと思うのです。「ネットの書き込みなんて便所の落書きみたいなもの」なんて言葉を目にしたこともありましたが、今ではちゃんと「誰にでも見えていて、いつでも拾われてしまうポスター」になったような感覚です。

次の世代に何を繋げるか

次の世代に生まれてくる若い命たちにとって、世界がより良い世界になっていたらいいと思います。もっと暴力のない世界にしたいし、人の心が傷つかない世界にしたい。もっと人権意識を学びたいし、教育環境も改善されていて欲しいし、色々あるけど。受け継ぐ内容でヒトは賢くなっていけると思う。

いや25歳にもなって頭お花畑ですか、という感じでしょうが、未来に希望を持って何が悪いのでしょうか?

私は自分の世界を、できることからマイペースに変えています。多くの人がそうじゃないでしょうか?読んでくださったあなたも、世界を変えていると思います。効果の大きさに差はあれど、システムで変わる世界もあれば、家庭の中で変わる世界もあると思います。友人に何を伝えるかで変わる世界もあると思います。本を読んで知識をつけたり、人の考え方を見て変わる世界があります。パートナーにありがとうを言うだけで変わる世界もあります。自分の世界は自分の発する世界で少しずつ変わって行って、それは少なからず大きな世界に反映されると思います。別にインフルエンサーにならなくても、都知事に立候補しなくても、世界を変えたいと思う人が少しだけ行動するだけで、世界は変わると思います。もちろん効果には差があるけど、世界の大きい部分を動かせなければ世界が変わらないと思って何も改善しないで、小さな行動もできなくなってしまったら、それこそ変えられるはずだった世界を変えられないんだと思います。もちろん大きいやり方で世界を変えようとしている方を心から尊敬します。ただし、小さな事でも世界は変えられます。変えられないと思っているほうが、後ろ向きだと思いませんか?

もっとオープンに、下品シモネタいうぐらい気安く、世界を良くしたいと声にできたらいい。そんな声を聞きたい。なんて、メルヘンチックな記事でした。

世界を良くしたいです。

恥ずかしがらずに。

人類の未来に、私達は何ができるのでしょうか?


この記事が参加している募集

いま私にできること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
9
私について▷https://gozenhoshi.com/ 漫画やイラストを書いているぶー的な人です。 活動は上のサイトにまとめてありますので、よかったら見ていってください。 noteでは、日記や感想などを気まぐれのんびりに更新する予定です。 お手柔らかに、よろしくお願いします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。