見出し画像

記憶を辿る|宮城県気仙沼 日帰りドライブ

実に20年ぶりの訪問、宮城県気仙沼市。
前回の訪問から随分と時が経ってしまいましたが、美しい気仙沼の記憶を辿りに、晴れ空の下Go!with LEVORG の旅です✦

気仙沼市岩井崎|三陸復興国立公園

最初に訪れたのは、気仙沼の名所、岩井崎。

画像1

当時と変わらない透き通る青い海。
岩にぶつかる波しぶき。
春の暖かさを乗せた潮風が、とても優しく、気仙沼が私たちを歓迎しているように感じました。

画像2

龍の松

画像3

岩井崎の先端を目指して歩く中、一番最初に私たちの目に飛び込んできたのが、この「龍の松」。

津波により被害を受けた松の一部が奇跡的に残り、まるで天へと昇っていく龍の姿に見えることから「龍の松」と名づけられ、復興のシンボルとなっているそうです。

潮吹き岩

画像4

海蝕洞の岩孔に波が打ち寄せるたびに潮を吹き上げる「潮吹岩」。
ダイナミックな自然のパワーに魅せられた私たちは、
「潮で錆びるよー!」
と、地元の方に声をかけていただきながらも、濡れても懲りずに、ただひたすらシャッターを切り続けていました。
撮影が終わった頃には、カメラも私たちも潮まみれ....(°▽°)hahaha

夢中になりすぎたと反省しつつ、ゆっくりお散歩。

画像5

画像6

潮吹き岩から少し歩くと、美しい海であることがより分かる場所を発見。
そこには、透き通った海水と、波で角が取れたキレイな貝殻や、石たちがいっぱい。

夏を待てずに海水ではしゃぐ子供たちの声に誘われ、
私たちも、思わず水遊び…!!!!

は、しませんでしたが、

以前、岩井崎で家族と過ごした楽しい時間を思い出し、
自然と笑みがこぼれました(*'▽'*)

画像7

岩井崎アクセス

所在地 〒988-0241  宮城県気仙沼市波路上岩井崎 MAP
交通アクセス (1)気仙沼線陸前階上駅から車で5分  (2)東北自動車道一関ICから車で90分
駐車場 有り

海鮮を求めて|気仙沼お魚いちば

気仙沼といえば、そう。

新鮮な地元で取れる海鮮!!
平日にもかかわらず大盛況のお魚いちば。観光客だけではなく、地元の方にも愛されているお店のようです。

画像8

そして、こちらが私たちの注文した「港町丼」。
これぞ、海の宝石箱やー♡と、窓の外の港を眺めながら、
いや、眺める余裕がないほど夢中で食しました。
ホタテの甘味や海老の甘味、臭みのない肉厚なマグロがなんとも美味でした。

気仙沼お魚いちばアクセス

所在地 宮城県気仙沼市港町2-13
営業時間 8:00~18:00
定休日 無休
駐車場 有り

気仙沼大島大橋(鶴亀大橋)

画像9

お腹もいっぱいになったところで、最終の目的地、気仙沼大島大橋へ。

本土と気仙沼大島を結ぶ橋として、2019年の春に完成した気仙沼大島大橋。
全国でも珍しい大型のアーチ橋で、橋の長さ(アーチ支間長)は297mと東日本では1番とのこと。

画像10

全国でも、3番目の長さを誇るだけあり、その存在感は想像以上。
風光明媚なこの地に、堂々とかかる真っ白な橋は、観る者を皆虜にしてしまう美しさでした。

画像11

本土側、大島側両方に駐車スペースがあり、片側には歩いて渡れる歩道も。
海と大橋を見渡せる小さな展望デッキは、私たちにゆっくりと絶景を堪能させてくれました。

気仙沼大島大橋アクセス

復興祈念公園|祈りの帆(セイル)

帰路に就こうと市街地へ戻る途中、山の上に白い船の帆のような建造物を発見。
私たちはその建造物に目を奪われ、すぐさま予定を変更。道に迷いながらも、見える方へと車を走らせました。

画像12

たどり着くとそこは、震災から10年を迎えた日、2021年3月11日に開園したばかりの「復興祈念公園」。
私たちが見た美しい帆のような建造物は、復興のシンボルとなるモニュメント「祈りの帆(セイル)」でした。

The wind fills the sail with my all prayers.
祈りを込めて帆がいっぱいに風をはらむ

沢山の方々の祈りが込められた祈りの帆の中には、海の方角へいつでも祈りを捧げられるようにと、献花台が設けられていました。

画像13

園内各所には、震災の記憶や教訓を、時代を超えて普遍的に語りついでいけるようにと、伝承のオブジェが複数設置されています。

画像14

20年前と変わらない、美しい海。
綺麗な空気。
そしてあたたかな優しい潮風。

海に祈りを捧げるオブジェの側で、
私たちはそっと祈りを捧げ、気仙沼を後にしました。

復興祈念公園アクセス

所在地 気仙沼市陣山264
駐車場 50台

しばらくの間、胸がいっぱいだった私たち。
高い防波堤の向こうに時折のぞく美しい海に見送られながら、
下道をゆっくりと進み、三陸海岸で一呼吸。

画像15

日が落ちると共に、ゆっくりと海の色が移ろう景色は、とても神秘的で、
静かな波音と潮の香りは、私たちの心を優しく解かしてくれました。

画像16

美しき宮城県の名所。
今日という穏やかな一日に感謝し、私たちは帰路に就きました。

ドライブ後書き

当日は閉館日でしたが、こちらの気仙沼海の市も、お食事処やお土産などを扱っている人気スポットとのこと。

画像17

建物にサメの顔が施された、なんともユニークな外観が気に入ってしまいました!次回はフカヒレを食べに!!

この記事が参加している募集

一度は行きたいあの場所

この街がすき

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
45
宮城スバル編集長が、東北のドライブスポットやグルメをご紹介🚙✨ ※宮城スバルSNSポリシーに基づき運営しております。宮城スバル公式サイト:https://www.miyagi-subaru.co.jp/