見出し画像

青春の1ページは見えない相手とともに【試練編】

――それは誠実であろうとしたがゆえの、悲劇の幕開け――

このお話は幻想編・試練編・懺悔編と3部構成になっています。多少盛っていますが、ほぼ事実です。


01

あの出来事から一ヶ月半後、僕にも彼女ができた。
勝手に右翼曲折した末にくっついたので、僕としてはわりと幸せな日々を過ごしていたように思う。

例の出来事は付き合い始めた彼女に全部話した。
何でも共有することで心のつながりを強固にしたかったのだと思う。
彼女は興味津々で聞いてくれて、特に怒ることもなく、共有してくれることを嬉しく思っているようだった。

演劇の方にも本格的に力を入れた。
もともとは「剣道部を正当な理由で休む」というのを考えた時に、その辺にいた友達を呼んで入れてもらったのがたまたま演劇部だっただけなのだが、舞台に関わるににつれて、その魅力にハマっていったからだ。

あの時部室として使っていたプレハブ小屋はその翌年の3月に取り壊された。
秘密基地のようなそれがショベルカーで崩されるのを見て言い得ない喪失感が残ったのは今でも記憶に染み付いている。

新しい部室はもともと写真部が使っていた場所で、コンクリートがむき出しの、いわゆる部室らしい部室だった。
もともとプレハブ小屋にあったソファーだとかテーブルだとか本棚だとか衣装だとか、いろいろなものをそこに移動したが、やはり環境が違うとモチベーションも団結力も弱くなってしまうものだ。
僕はだんだんと稽古があるか、彼女と一緒にいるとき以外は家に居ることが多くなってきていた。

その日は、もう学校は春休みに入っており、特に部活の予定もなく、彼女とも約束していたわけではないので家にいた。
来年度は受験も控えているのでしぶしぶ机に向かおうとしていた…その矢先に、僕の携帯が震えた。

この続きをみるには

この続き: 1,919文字

青春の1ページは見えない相手とともに【試練編】

GOUTEN

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

この記事が入っているマガジン

青春の1ページは見えない相手とともに
青春の1ページは見えない相手とともに
  • 3本

このノートたち非公開(下書き)にしたいよぅ。 恋話 AC2015|http://www.adventar.org/calendars/880

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。