インストラクターのご紹介
見出し画像

インストラクターのご紹介

こんにちは、GoSportsです。
今回は、GoSportsの陸上競技クラブのインストラクターをご紹介させていただきます。

■BEAMS Athletic Club■
指導者 紹介

青山耕也

<経歴>
立命館大学スポーツ健康科学部スポーツ科学科卒業
陸上競技部 元主将
フロリダ大学への留学経験あり(コーチング学)

専門種目/短距離、走り幅跳び、混成競技
全日本中学校陸上競技選手権大会出場(6位)
ジュニアオリンピック陸上競技大会出場(3位)
全国高等学校総合体育大会(インターハイ)出場(6位)
国民体育大会出場(9位)
日本学生陸上競技個人選手権大会3年連続出場
日本学生陸上競技対校選手権大会3年連続出場
関西学生陸上競技対校選手権大会4年連続出場(2連覇)
西日本陸上競技対校選手権大会2年連続出場(3位)
日・中・韓ジュニア交流競技会(4位)
日本ジュニア室内陸上競技大会(4位)

小学校3年、短距離走をきっかけに陸上へ。
私は小学校から陸上を始めました。バスケットやサッカーも好きでしたが、3年の時に短距離走で初めて負けてから、陸上に専念するようになりました。以来、大学までずっと陸上競技ひと筋です。大学時代は指導理論を身に付けるべく、アメリカ留学まで体験しました。
陸上を続けていてわかったことのひとつは、他のスポーツにも応用が利く拡張性です。サッカーでも足の速さは有利になりますし、走力は全ての競技の基本となります。だから陸上競技に価値を感じ、続けられたのだと思っています。競技は幅跳びを中心に、短距離や8種競技まで幅広く取り組んでいました。

小学校から大学まで、各世代で主将を経験。

私は小、中、高、大学それぞれの時期で、主将の経験があります。コミュニケーションが好きだったので、そこが認められたと言えるでしょうか。3人兄弟の真ん中ということで、上の世代や下の世代との接点が日常的にあり、そうした経験も役立っていたかもしれません。
主将をしていて気づいたのは、学年が上がっていくたびに、横も縦も繋がりが変わっていったことです。中学では選手宣誓を担当するなど役割が重くなっていき、大学では200人の部員をまとめるまでになりました。この時代のトピックスとしては、組織変革が挙げられます。それまでは短距離や長距離など、専門ごとのミーティングが主体でした。それでは部としての意志の疎通が図れないと考え、全体ミーティングを実施。さらにマネージャーの意見も取り入れながら、チームとして向かう方向を揃えていきました。

指導を極めようと、アメリカへ留学。

こうして競技を続け、リーダーシップやコミュニケーション能力を磨いていくうちに、指導の面白さに目覚めました。いつしか人を教える道に進みたいと思うようになったのです。そこで私は、より深く理論を身に付けるべく、アメリカのフロリダ大学へ留学。座学と現場で、指導を学びました。ちなみに同校は、あのサニブラウン選手が在籍していたところで、スポーツの名門と言える学校です。
スポーツの専門指導会社に入社し、現在も指導現場におりますがそこでは運動に苦手意識を持った方対象で、熟練者よりゼロベースの子どもたちに教えることは、私にとって楽しみなチャレンジでした。

運動とは縁遠かったご家族に寄り添う。

実は大学時代にも、子どもたちへの指導経験はあります。近くの小学校の子どもたちが来てくれたり、クラブチームでも指導をしていました。でもモチベーションの違いというか、満足に走れないところからスタートするケースは初めてで、そこは新しい学びでした。しかもそうした子の保護者の方も、スポーツ経験がほぼありません。現在は運動とは縁の少ない方々の暮らしに寄り添いながら、指導者としての幅を広げている状況です。
実際のところ12歳まで、いわゆるゴールデンエイジに運動に親しんできたかどうかは、運動能力にかなり影響を及ぼします。しかしながら運動神経はずっと発達していきますし、そのあたりの理論も学んできているので、心配しないでくださいと言い続けています。

ゼロベースの子どもは、伸びしろも大きい。

これまで子どもたちを教えてきた中で印象に残ったのは、バレエを習っていた女の子が、わずか4日間で走りの楽しさに目覚めた事例です。自分で専用ノートを作りカリキュラムを記録したりして、「私の熱意が伝わった」と嬉しくなりました。その子は4日間、記録を測るたびに向上し、ゼロベースだとすぐ伸びるという実感を得ました。
筋肉の発達状況を考えてみると、半年から1年くらいは継続すると、身体の成長にも後押しされてタイムは向上していきます。そこで我々が手伝えるのは、身体の成長を上回る記録の伸びです。そのためには時間も必要であり、保護者の方にも深くご理解いただくようにしています。
タイムは必ず向上する、これは皆さんにお約束できます。小学校6年生までは運動神経がもっとも発達するので、理論と経験によって大きく引き上げることができるのです。

人生に一度の成長期、ぜひBEAMSを活用してください。もちろん、その時期を過ぎても手法はあります。ご相談をお待ちしています。

画像1


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキをありがとうございます。
特定非営利活動法人GoSportsのひとりごと、日記など。 HP▶https://gosports.jp/ 少人数制 陸上競技クラブ▶https://gosports.jp/contents/