マガジン_ヘッダー_1

「初収入」は2006年。ここからはじまる。

現在、私は個人事業主として独立していますけど、数年前までアルバイトと副業(ネット活用ビジネス)を兼用していました。

どこかのコミュニティに30万円ぐらい払い、数か月後に結果がでて独立できた。という能力の高い人間では全くありません。

全くの凡人です。

その歴史を振り返りたいと思います。

2006年当時…

あるコンテンツ制作の仕事を12時間働いていました。

時間もかなり拘束されて出勤も週6していたので収入は良かったです。

でも、時間がないので何か生きた心地がしなかったです。

そのときの休憩中にネットサーフィンをしていた所。

「BOOKオフに行くだけで月20万円」とかの情報商材がはやりはじめていた時期で会社に属せずに自宅で自由な時間をもちながら仕事をしたいと思っていました。

その時は、手段も何もわかりませんでした。

夏頃に、ある事で会社を辞めて無収入になりました。

「どうやって稼ごうかな…」

最初に手をつけたのが楽天証券で口座を作っての短期株取引のデイトレです。

100万円ぐらい入れて手探りでやっていました。ノウハウなんて全く知りません。
儲かったり損したりの一喜一憂しながら、これ以上マイナスになるとヤバいな。と思って損切りをして退散しました。

「あー、やっぱり個人で稼ぐのは難しいな」

と思いながら新しいバイトをやりはじめました。

そこで知り合った人がチケットをヤフオク!で販売するために多めに買っていると言っていました。たぶん、夏フェスのイベントだったと思います。(今は違法です)

実際にやっている人はいるんだなーと思いました。

落札者として利用していましたが

「あ!これがこんな値段で売れるんだ」というのは、いつもチェックしていました。

だから、自分で出品したいと思っていました。

同時期に、友人が「ヤフオク!」をやって不要品の洋服を販売しているという事を聞いて、1商品代行としてお願いしました。

高校の時、コンサートの設営バイトでもらった、ミスチルのスタッフ半被です。1円スタートで5000円で売れました。

あれだけ株で稼げなかったのに、すぐに5000円の利益は嬉しかったです。

そこから自分でIDを習得して、

まずは某アーティストのバスツアーでもらった限定ストラップ+クロムハーツのカタログ(無料配布)をセットに1円スタートで売りました。

すると4000円で売れました。

はじめてIDを習得して自分の力が得たお金です。そこから、不要品をどんどん販売していきました。

不要品=カネだ!と思い、水を得た魚のように売りまくりました。

友達にも言いました。

「これが、〇〇〇〇円で売れたよ」

「え。それは凄いね」

じゃあ、今度売ってあげるからもっておいでよ。

不要品代行をして売ってあげて折半するという感じでやっていました。

仕入れをやりはじめたのは、少し後の話です。

とりあえず、会社以外での収入を得たことがなかったので、何か違う世界を味わっているような気がしました。


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

貴方様にとって、私との縁が素晴らしい未来のヒントになれるように最大限の努力をしたいと思います。ありがとうございます。

ありがとうございます(^^♪すごく嬉しいです。感謝です。
3
都内でネット関連の自営業をやっています。アマゾン物販、電子書籍、コンテンツ販売、アフィリエイト、コンサル等の事業をしています。過去週刊SPA!にも取り上げて頂きました。「好きなコトを書いて収入にする」『人と比べず人から学ぶ』でやっていきたいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。