見出し画像

たおるくらげ

ぐら

おふろってとてもきもちがいいけれど
ちょっとたいくつ。

とてもきもちよくて
あたまはまわるのに
考えたことが
シャンプーといっしょに洗い流されてしまうかのように
すぐに忘れてしまう。

手は水にぬれていて
かみやペンはもてない。

おふろを出たあとに
そうだ、なにかいいアイディアがあった気がする
なんて思ったり

さいきんは、スマホが防水になったこともあって
おふろにスマホをスマートに持ち込んだりする。

カメラをのぞいて
ここから誰かとつながってはこまったものだ
といちおう
じぶんが裸であることはかくにんしよう。

そういえば、こんなに
おふろを(きもちいいたいくつ。)とおもっているのはいつからだろうか。
カメラの向こうのたくさんのだれかに
きいてみたい。

こどものころから?
いや、そんなにおふろたいくつとおもった
今ほどのきおくはない。

こどものころ、それなりに
たのしかったんだとおもう。
たぶん。

たぶん、幼いわたしはあそんでた。

カメラのむこうがわ
検索。
遊びは、キャンドル入浴。

こっちがわのわたし
そうだ。
あそびは、タオルくらげ。

そうだ。
おさないわたしには、おばぁちゃんがいた。

おふろにタオルを入れてはいけませんだなんて
そんなの
ひとり暮らしのおふろ場ではナンセンスだ。

そうだ、
あそぼう。

こんどは、シャンプーに
きおくが流されないように。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ぐら

サポートありがとうございます。サポート頂けましたら、気持ち分、イラストor記事ネタのリクエストにお答えさせて頂きます!