【変化し続ける事の大切さ】五箱体制変更の真実
見出し画像

【変化し続ける事の大切さ】五箱体制変更の真実

五箱の広報担当

こんにちは、五箱広報部のたばてぃーこと田畑です!
今回は五箱のメイン事業部である広告事業部が社内の体制変更や新しい取り組みを始めたみたいなので、マネージャーの小田さんにお話を伺いました。

五箱がお客さまと向き合う上で大切にしている事や五箱社内の仕組みについてお話してもらいます。

過去の課題について

-小田さん、それではよろしくお願いいたします。はじめに今回事業部の体制変更をするにあたり、今までの広告事業部の問題点や課題についてお話を伺えればと思います。

画像1

小田:
はい、よろしくお願いします。
おおきく課題に感じている点は2つありました。
1つ目はリモートワークを1年半くらい行っているのですが、客観的にメンバーを見渡たすと一人一人が宙ぶらりんになっているなと感じていました。やっぱりリモートワーク環境下っていうのもあるし、自分が何をしたらいいのか不安があるメンバーが増えてきたなっていう印象がありました。
2つ目は提供しているサービスレベルをちゃんと引き上げないともっとお客さまに喜んでもらえないので、そこのレベルアップ、底上げですかね。

-いきなりリモートワークになったこともあり、一人一人の不安が部分が顕在化してきたんですね。

小田:
そうですね、正直僕自身も不安でした。このままでいいのかなっていうのがあって、リモートワークになってから、分からないなりにがむしゃらに頑張ってやってたんですけど、どうしたら会社のためになるのかとか、マネージャーとして求められていることを改めて整理するために体制変更を行うことになりました。

体制変更を行った経緯

-どうして体制変更しようと思ったんですか?経緯について教えてください。

画像2

小田:
一言でまとめると「事業部メンバーにちゃんと向き合う時間を作るため」です。
課題に感じていたメンバーの不安とサービスレベルを上げていくためには一人一人とコミュニケーションの量を増やさないといけないと感じていました。

目標の見直しやメンバーの働き方、価値観を含めて五箱でどんなキャリアを積んでいきたいか、会社からはどんな役割で仕事をして欲しいと思っているかをしっかりすり合わせしないといけないタイミングだなと。

今までの五箱は良くも悪くも、自主性を尊重するスタンスで社内の「マネジメント」ってほぼなかったんです。好きなように思いっきりやろうっていうスタンスで基本的に自由にやりなさいっていう文化だったんですが、自由度が高すぎてしまうと人によってはどうやったらいいか分からなくなってしまう。所属歴、雇用形態、適性が異なるメンバーが集まって立場が違う中で自由にやっていいよとなると厳しい部分があったので、会社側というかマネージャーという立場からメンバーに歩み寄る必要性を感じました。

-今まで五箱は「個人プレー」という印象でしたが、今回リモートワークになったことで、より「会社らしさ」を追求できるタイミングだったんですね。

どんな体制変更を行ったのか

-実際にどんな体制変更を行ったのか詳しく教えてください。

画像3

小田:
今まではマネージャーが2人いました。2名体制でやっていたのを僕が全体マネージャーを担当して、もう1名はサービスの向上を目指すための相談役という立場に役割を変更しました。

-今年の広告事業部の目標である、「サービスレベルの底上げ」を行うための取り組みですね。

小田:
そうです、そうです!あとは、マネージャーが2人いるって良くない側面もあって、遠慮しちゃったり、意思決定者が2人いるという状態だと相談する側も誰に相談したらいいのか分からないっていうのも見え隠れしてたので全員が分かりやすくなるようにマネージャーは一人体制にしました。

昔はチーム体制みたいな感じで広告事業部が3つくらいに分かれていたんですけど、基本的にチーム制もなくして1チームにして見直すことにしました。

現在行っている取り組みは?

-体制変更を行った後、現在新たに行っている取り組みは何かありますか?

画像4

小田:
今は事業部メンバーの個人目標づくりをやっています。

-一人一人がどんな方向に向かいたいかを話して、個人目標を決めているんですね。

小田:
そうですね。各メンバーの方向性はすごく大事にしていて、結局評価する側のエゴには絶対にならないようにと、個人の価値観は尊重したいので、働き方、能力、適性がお互い納得した状態で、同じ目線で進めていけるかっていうのをすごく大事にしています。

あとは主体性がないと有意義な取り組みにならないので、本人たちの中でこれだったら自分は主体的に動けるなっていう取り組みにできるように意識しています。

広告事業部が目指している目標

-今後、広告事業部が目指している目標は何ですか?

画像5

小田:
やっぱりお客さまありきなので、僕らの提供するサービスレベルを高めていって、お客さまにもっと満足してもらえる。そこをとにかく追求していくのと、事業部全体ではできない事をなくすことを目指しています。

五箱だったら誰に頼んでも自信をもって最大の価値を提供できるって胸を張って言えて、安心してもらえる組織を作っていきたいです。
そのために武器を増やす取り組みを行いつつ、ボトムラインの底上げをしてチームレベルを上げていく事が目標です。

もうちょっと詳しくお話すると、サービスレベルを上げるって言うと技術を高めていけばいいと思われがちですが、技術だけが高くてもお客さまには満足してもらえないと思っています。
技術だけでなく、ちゃんと今やってることをわかるような言葉で正確に伝える。お客さまによって立場が全然違うので、その人たちが本当に五箱に求めてるものをちゃんと把握して、技術的、やってることを伝える力というのは両方必要なんです。それはどっちもないと喜んでもらえないっていう点で今のところ結構大事かなと思います。

結局、伝え方次第でお客さまとの乖離が生まれるんですよ。
私たちが技術的な面から見た正論だけを伝えたとしても、お客さまからしたら、技術面の正論よりももっと大事なことがあると思うんです。そういう意味で伝える力をすごく高めたいですね。じゃないとお客さまに喜んでもらえないし、価値がわかってもらえないと思うので。

あとは、基本的に運用からフロントまでを全員対応しているので、それも五箱の良さだと思います。業務分担しないで、お客さまが求めているものをちゃんと理解して、お客さまの期待を上回るためにあらゆる手段を使って提供するってのが僕らの仕事なんで、そのためにサービスレベルはもっと高めていけるように目指していきたいです。

-お客さまにもっと喜んでもらえるために、技術と伝える力を伸ばしていきたいですね。小田さん、ありがとうございました。

取材後記

広告事業部マネージャーの小田さんに事業部の体制変更についてお話を伺いました。

今回の体制変更を通じて、よりお客さまとの向き合い方や社内のコミュニケーションが円滑になるのではないかなと感じました!今後の五箱の成長が楽しみです(^^)/

また、今回の記事で五箱がどんなサービスを目指しているかが少しでも伝われば嬉しいです。

最後に五箱では運用型広告やウェブサイト構築・運用を行っています。
Web集客のお悩みやWebサイト構築でご検討中の方はお気軽にお問い合わせ下さいませ(^^)/

▽お問い合わせはこちら
https://gohako.jp/contact/

みなさまからのご感想やTwiterなどでのシェア、お待ちしております!
次回もお楽しみにー!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
良かったらシェアしていただけると泣いて喜びます。。
五箱の広報担当
株式会社五箱の広報部です。 少しでもWeb集客に困っているお客さまに五箱を知ってもらえるように発信をしています。