見出し画像

201102_フルボ酸

1.フルボ酸

:フルボ酸って知っていますか?一般にはあまり知られていないと思いますが、健康マニアの人は普通に知っている存在のものです。以下より引用です。

フルボ酸とは、もともと森林や土壌の中に存在する有機酸の一つで、植物にミネラルを補給する役目を担っています。
人に対してはミネラルなどの微量養分を運び、体内で循環する効果(イオン交換)があります。

森林にあると言われています。

:さらに。

私たちが栄養素を摂取することにより、フルボ酸が掴んだミネラルを永続的にイオン交換できることが大きな魅力のひとつです。
このイオン交換の働きで、老化原因のひとつである活性酸素やフリーラジカルの分子構造を分離し、その活動を抑制できます。
また、分子量も小さいため体内吸収や経皮吸収にも優れ皮膚の表面でイオン交換をすることで効率よく酸素を取り込み、生態活動を活発化させます。
つまり、細胞を活性化させる天然のイオン交換物質であり、結果として体内の生体活動を活性化させるのがフルボ酸だといえます。

:森林伐採が進む前は、この森の中のフルボ酸が近くを通る川に流れ出て、それが海に注がれ、そのフルボ酸をカキなどが食べる構図が合ったようなんですが、伐採が進んでその構図が壊れたという話があります。

2.スカベンジャー

:そのフルボ酸を摂り込んだカキを人間が食べることで、非常に栄養価の高いカキを季節ごとに頂いていたようなんですが。さらに。

まだ解明されていない点もありますが、もし、私たち人間が直接フルボ酸を手軽に摂取できるとすれば、生活習慣病をはじめ、有害物質の分解能力による細胞の機能回復や美肌づくり、アトピー性皮膚炎やアレルギー体質の改善、視力回復や育毛、免疫力アップなど、フルボ酸の未知なる可能性に大きな期待が寄せられています。

見てるとシャンプーとかにもフルボ酸配合とかあったりしますね。実は最近、フルボ酸ウォーターというものを発見しました。

:こちら。

早速、取り寄せてみました。活性酸素を抑制するとありますから、癌対策にもなるということで。実は、癌対策ってのは、何か1つ摂ればいいってものでもなく、多様なガン対抗手段を取り揃えておく必要があります。マイナスのネジにプラスドライバーを使ってもしょーがないように体内の様々な局面に対応できるように多様な活性酸素対策を持っておく必要があるのです。ですから、単一のものを食べ続けているとリスクがあるということになります。

:活性酸素対抗手段をスカベンジャーと言いますが、多様なスカベンジャーを普段より用意しておくのは大事です。特に中年期に多様なスカベンジャーを意識しておくのは健康に生きる上でキーポイントとなるでしょう。

3.さらに効果

:さらに引用です。

フルボ酸によるミネラル吸収力は、サプリメントでは到底なし得ない能力を発揮します。例えば栄養補助食品として有名なサプリメントですが、サプリメントに使われている「鉱物性ミネラル」の体内吸収率はたったの3%程度。ほとんどが活用されずに排出されてしまいます。また野菜や果物に代表される「植物性のミネラル」の体内吸収率でも30~50%と言われています。その点、フルボ酸が蓄積する「フルボ酸ミネラル」の体内吸収率はなんと95%前後。驚異的なミネラル吸収率です。

一般的には栄養素を全て吸収するわけでないと言われていますね。

:一時、フルボ酸って脚光を浴びつつあったんですよ。その時ってのは311の原発事故があったときです。放射能対策にフルボ酸って言っている人がいたからだと思いますが、でも何故かあまり意識が向けられないような感じになりましたね。

フルボ酸は生成過程で様々なミネラルをキレート作用により取り込んでいます。その含有ミネラル数は70種類以上。これは通常の作物内の必須栄養素が16~18種と言われているので驚きの含有数です。しかもさらに驚くべきはその質量で、例えば「鉄分」においては、フルボ酸原液5mlで、ほうれん草1.2kg分に相応します。

:キレートレモンというドリンクがあったかと思いますが、そのキレートのことを言っています。錆びる鉄と錆びない鉄があって、その差はこのキレートが絡んでいるだったかな?確か、そんな話だったと思います。

要約:フルボ酸を摂り入れてみる。

画像1

シャナラ・シャラナ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ロメイン・スターレン(4096)

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ドモヽ(´Д` ) ( ´Д`)ノドモ
もう少ししたら秋をかすかに意識させる季節になってきました(^^)/ 【2021年8月に入りました!残暑御見舞い申し上げまする。今月、現実世界で彼岸花を見ることができるか!?】