211009_ポールシフト
見出し画像

211009_ポールシフト

ロメイン・スターレン(4096)

ポールシフトについては数年前にずいぶん騒がれていた話題なんですが、疫病関連の話題で影を潜めた感じがあります。ポールシフトについてウイキペディアより引用です。

ポールシフト (英語:pole shift) とは、惑星など天体の自転に伴う極(自転軸や磁極など)が、何らかの要因で現在の位置から移動すること。軸を固定したまま南北の磁性のみが反転する現象については地磁気逆転と呼び区別する。現在では極端な移動こそはないものの、中心核の磁性変動で磁北が1年に約64キロメートルというスピードで東へ向かって移動しているとする研究結果が発表されている。自転軸に関しても、2004年12月26日に発生したマグニチュード9.1のスマトラ島沖地震では、最大で約2センチメートル程度移動した(広義の"ポールシフト"、極運動が発生した)可能性があるとする予測がある。

ポールシフトで検索すると人類滅亡系の情報がヒットしますが、すぐ滅亡系にリンクするような情報はちょっとウンザリするところがあります。そうは言っても惑星レベルで起こる変化は人類にとってはどうしようもないレベルのものであることもありますね。

そして惑星レベルよりもさらに広大な宇宙レベルの変化となると、もはやさらにどうしようもないレベルのもので。遠い未来の人類ってのは、この宇宙レベルの変化に直面するときが出てきます。でもそれは現代の話ではないので知らなくても良い話題ですね。

画像は拝借しました。

画像2

よく目にする地図だと北海道が必ず北のほうの上に位置している感じですが、ポールシフトという概念を入れてみると、この地図の向きがもはや成立しなくなっているという話ですね。だから、もしポールシフトが現実に起こっている場合は、この地図を示す情報はもはや古いものであると言っていいのかもしれません。

こうやって色々な情報に触れて定期的に自分の構成している世界観というものをアップデートしておかないと、急に世間の流れについていけないといううことが起きそうです。よくあるのが、【こんなの信じられない】という反応ですね。このような反応が起こる前に幾度となく、見知らぬ概念が目に飛び込んできているハズなんですが、無視していると【こんなの信じられない】という反応が起こるのではないかなと思います。

自分の都合の良い情報ばかりを集めることに危険性があるのは、あるとき急に流れについていけなくなるような場面を目にする可能性を高める結果を作っているからと説明できそう。

画像1

ロメイン・スターレン

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ロメイン・スターレン(4096)

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ゲ━━━━━(σ・∀・)σ━━━━━ッツ!!!!
ロメイン・スターレン(4096)
冬を意識させる季節になってきました(^^)/ 【2022年1月に入りました!今年は事実と推測を分けて捉えていくことが大事となります👍】