見出し画像

この世と俺らの境界線

 奴らの領域が膨張し、包囲網は突破された。

 肥満児は、長い木の棒で警官の腹を易々と貫く。
「う……お?」
——馬鹿な?
 こんなせいぜい小学5年の子供が?
 防刃ジャケットをあんな木の棒で?
 銃弾は命中したのに平気なのか?
 警官の頭を、数々の疑問が一瞬で過ぎり、激痛が疑問を追い出した。
 だがその痛みもすぐに消えた。
 警官の身体は、見る見るうちに制服ごと小さくなり、茶色い塊へと変貌する。
 彼は、唐揚げになった!
 コンビニのレジ横に陳列されている、棒に刺さった唐揚げ棒。
 そのうちの一塊の肉、大きさはサッカーボールより少し大きい程の巨大な唐揚げだ。
 肥満児はそれを美味そうに眺めると、すぐに次の獲物へと襲いかかる。

——そこからすぐ近く。
 スーツ姿の男が、光剣を振るって鮭人間達を斬り捨てていた。
 鮭人間達の後方には、全裸の男が勃起した性器をシゴいている。
 そして今、射精した!
 精液は半額の札が貼られたイクラのパックに放たれるや否や、たちま【400文字】
【続く】

#逆噴射プラクティス #小説 #獣 #魂 #ウルトラスピリチュアル #地球環境 #ラー麺 #相続問題題


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
やー。

こちらでもピックアップされています

逆噴射小説大賞応募作品
逆噴射小説大賞応募作品
  • 7本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。