強がりにさよなら

わたしは、これまで周りに不満や愚痴ばかり言うような恋愛をしてきた。


思ったことを素直に相手に言えばいいだけの話ということは、わかっている(つもりだった)。
それでも、首根っこを強く掴まれてしまったり、相手に完全に何故か論破されてしまったり。怖かった。いつも泣いていた。
まあ難のあるお相手と付き合っていたとは思うのだが、自分が強く芯を持って、恋人に言い返せばよかっただけの話だ。

それでも、わたしはそれができなかった。
なんだかんだ文句を周囲に言いつつも、ずっと付き合い続けていた。
何か起きるたびに、親友や友人に話を聞いてもらい続けていた。
当然、そんな話を毎回毎回聞かされていては面倒くさいので、離れていってしまうような友人もいた。当たり前だと思う。
自分がひたすら弱かった、と感じている。


まあそのような相手の方々と、別れてふた月ほど経った(大1〜3、大3〜社1で2人と交際していた)。
文句ばかり言うならば、さっさと別れればよかったのに。周囲に言われるど正論。本当にぐうの音も出ないほどの正論だ。
何故別れなかったのだろうかと、別れて少し時期が経ち冷静になった今、思うことがある。


わたしは、彼氏がいないということをスペックとして低く感じ、可哀想なヒロインを自分で演じていただけだ。

恋人がいる・いないでスペックが高くなったり低くなったりする。「アイツは彼氏がいない」と、周囲からスペックが低いように扱われたくなかったのだと思う。
愚痴や不平不満を述べて、「こんなわたし可哀想でしょ?」と周りにアピールして、ただただ同調を求めていただけなんだと思う。
こんな自分が情けなく思うし、こんな感情で相手や周囲の友人たちを振り回していたことに対して、すごく失礼だったと感じている。


結局わたしがそのような感情を抱いていることを見透かされたのか、わたしが睡眠障害を持っていて面倒くさくなったのか、単純に付き合うのが嫌になったのか。
2回とも振られている。
きっと相手に「コイツと付き合うのは無理だ」と感じさせたのだろう。

わたしは、相当恋愛が下手だ。
よくもっともらしく恋愛相談に乗ったりしているけど、めちゃめちゃ下手だ。
間違いない。


正直、新しい恋をするのが怖い。
また同じようなことを繰り返してしまうのではないかと。
小さな嘘をついては誤魔化し、相手に本当の気持ちを述べることができず、自分にストレスを抱え、また愚痴を言う。
その負のループ、負の連鎖をもう起こしたくない。

正直、もうそんな弱い自分とも別れを告げたい。
相手と対等に話し合える関係性を作りたい。
小さな嘘をつくようなことをしたくない。

睡眠障害を持っているから、感情や体調に波がある。わたしは、とんでもない事故物件だ。
そんな事故物件だからこそ、誰よりも正直に、相手と接していかなければならない。
自分の弱さをひたすら相手に押し付けるのも違うし、なかなか難しいけれど。


結局、失敗だらけのわたしが何が言いたいかというと、別れる別れる詐欺は本当に無駄。
時間の無駄。もうとにかく無駄だということだ。
周囲の人もうんざりするし、そんな自分情けなくて疲れない?しんどくない?イライラしない?
ずっとわたしも繰り返してきたから、気持ちはわかる。
でも、それはあなたにとって意味のない恋愛だ。ひとつの恋愛経験としては残るけれど、きっと後悔する。
あの時間で何ができたかな、あの時間でこうしていたらなと。


きっと、今このような恋愛をしている人はたくさんいるんじゃないかな。
まあ、つらいよね。しんどいよね。
なかなか別れを切り出す勇気も出ないよね。
でもね、それってすごく後から後悔する。
2度も経験してるわたしが言うんだから、間違いないよ。

この文章を読んで、少し気持ちが変わって勇気を出した行動を取れる人が、1人でも多くいると嬉しいな。
きっと晴れやかな気持ちになれるよ。
きっと違う日々が待ってるよ。
「強がりにさよなら」できることを願います。

#恋 #恋愛 #恋愛相談 #愚痴 #不満 #スペック #悲劇のヒロイン #時間の無駄 #後悔 #イライラ #ELT #持田香織 #Forthemoment #ブログ #note


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13
よろしくお願いします。旅行とカメラが好きです。死や政治といった重たいテーマのブログは、まとめて分けてます。鬱病を患っています。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。