岐阜県教員採用試験 教育時事、地域(ローカル)問題の勉強法

どうも、福永です。

この記事では岐阜県教員採用試験の教養試験で出題される「教育時事とローカル(地域)問題」を徹底分析し、出題傾向をデータにまとめました。

このデータを使えば、

・教育時事でよく出ている答申や通知が分かる
・頻出の岐阜県に関する資料が分かる

この2つが分かれば、対策が難しい教育時事やローカル問題の傾向を知ることができます。

試験では「面接試験」や「専門教養」の対策に70%以上かけなければいけません。

教養試験は科目も負担も多いので、効率よく勉強しないといつまでたっても合格することは厳しいです。

そこでこの分析データを提供したいと思います。2019年(令和2年度)実施問題のデータも反映済みです。

※過去問を5年分を分析しています。やろうと思えば個人でも分析は可能ですが、そんなに時間とれますか?
※福永個人の見解です。
※一部有料(500円)記事となっています(それだけの価値があると思っています)

岐阜県教員採用試験 傾向

岐阜県教員採用試験の教養試験は教職教養から出題があります。

しかし、問題をよく見ると、

教育時事
地域(ローカル)問題

からも3~4問出題があるんですね。

ちなみに教養試験は全10問なので30~40%を占めているわけです。

他の科目と違って、参考書がないので対策は無理に思えませんか。

でも、過去問を数年分分析すると、ある程度分野を絞ることができます。

例えば、下記データをみると、

いじめ
人権

に関する岐阜県の資料から数年出題があることがわかります。

これが分かれば岐阜県のホームページに行って、

・「いじめ データ」
・「人権 数値」

って検索すれば該当する資料がでてきます。

検索上位=よく読まれている=重要資料ってわかるので、最新資料を2~3個ほど目を通しておけば点数を取れる可能性が高まりますね。

これは闇雲に、何もしないよりも確実に点数を取れる勉強方法です。

最新(2019年実施)の試験情報を盛り込んだデータを作ったので、必要な人はダウンロードして活用してください。

この続きをみるには

この続き:22文字

岐阜県教員採用試験 教育時事、地域(ローカル)問題の勉強法

Makoto Fukunaga(福永真)

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
教員採用試験ブログ「教員採用試験 Road to Success」(https://www.kyosai365.onine)運営。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。