何度も読みたい記事 vol.2

1
ノート

休日の基本は「1日休養、1日教養」。

伊勢丹時代、社会人の基本として教えられたことのひとつに「1日休養、1日教養」という考え方がある。

これは、松下幸之助が週休2日を導入を労働組合から反対された際、「教養がなければいい仕事はできない」という導入理由と共に語られた有名な言葉だ。

特に百貨店は常に自分のセンスを磨き続ける必要があるため、この「1日教養」は先輩たちからも口すっぱく言われていた記憶がある。

本を読む、美術品に触れる、私の

もっとみる
ありがとうございます!おかげさまで明日もnote更新がんばれます。
353