見出し画像

いくつになっても女性が輝く時代を創りたい! 女性のための浄化サロン Reborn代表  清水和代さん

行きつきたいところはみんな一緒。道はたくさんあり、あくまでもツールのひとつで提供させていただいてます。お店の名前Rebornというのは「生まれ変わる」という意味です。その人がその人に再生する。それを手伝える場所でありたいと。札幌で活躍する清水和代さんにお話を伺ってきました。

清水さんプロフィール
出身地 北海道
活動地域 札幌市
経歴 国際若石リフレクソロジスト認定プロ/
若石健康法全国マスターズスクール講師/チャンピサージマスターセラピスト/レイキ療法ティーチャー/介護福祉士マッサージサロンで2年間働き、
2009年に自宅で独立開業。2015年にRebornを始める。リフレクソロジー等の講師も務めており、生徒数は延べ200名以上。現在の職業および活動
サロンを大通にオープン。NPO法人 光を照らすプロジェクト」の運営サロン Reborn代表

記者 本日は、多くの方の生き方のヒントになるよう、インタビューをお願いいたします。

清水 和代さん(以下、敬称略)こちらこそ、よろしくお願いします。

たくさんの人に「身体が軽くなる=心が軽くなる」ということを体感して頂きたい

Q 今のお仕事・活動をされたのはどんなことがきっかけでしたか?

清水 12年前、介護福祉士として仕事をしているとき、あることがきっかけで靴が履けなくなるほど足が浮腫んだ時に、若石リフレクソロジーと出会い、その効果に感動したのが、この仕事を始めるきっかけでした。それまでに感じたことがなかった“本当の足の軽さ”を、ぜひ皆様にも体感して頂きたいです。足が軽くなると心も軽くなって、“本来の自分”に戻れたと感じていただけると思います。これを仕事にできれば、自分自身も喜べるし、喜んでもらうことも。またその体験した人が本来の自分らしくなれる手伝いができることは、本当に喜びだなと思ったので、始めたのが12年前になります。当時の私のように、これが当たり前と思っている身体の症状をあきらめている、受け入れている人は多いと思いますが、あきらめることはないということを知ってもらいたいと思います。施術の後には、簡単な身体のケアの仕方もお教えいたしますので、ぜひご活用ください。皆さんが生涯現役で夢を実現していけるようお手伝いをすることが、私とRebornのいちばんの目標だと思っています。

記者 ありがとうございます。そのような背景があり今のお仕事に繋がっているんですね。

Q 現在は女性のための浄化サロンを経営されていますが、どんな心の在り方や認識の変化が今の活動につながっていますか?

清水 人が一番元気な状態は、元の気の状態がほんとうは元気なんだと思います。やり始めていくうちに足揉みの講習の中で、気づいたことが多かったんですが、「身体を整えるは気を整えること」 なのだと。気は見えない世界なのですが、現代は様々なストレスを抱えやすい環境の中で生きている方が多いと思います。そのような状況が身体に現れ、それぞれの弱いところが病気となって出てきます。体だけではなく、心ですと鬱になったりします。気を調整していく、ストレスを緩和していくと身体は影響されるので、だんだんと整っていくということがわかり、足揉みはあくまでもアプローチです。体にきっかけを与えることで、その方に「本当に大切なことは何かと?」という事を気づいてもらうきっかけになるツールです。本来整えていくのは「気」なんだなと気づかされました。根本は気 「元気」って元の気と書きますが、人が一番元気な状態は元の気の状態がほんとうは元気なんだと思います。元に戻すということは、気を元に戻せば元気なんですよね。 
身体はそこに伴うので、気を整えるを形にしていこうと。

記者 さきほど大切なことに気づいてもらいたいと仰っていましたが、
元気、本来の気の状態を整えることが大事だよということをお客様に伝えたいんですね!

身体を整える、気を整える、心を整える。
整えていくと、もっと精神とか魂も整っていく

清水 そうです!そして心と体と魂は繋がっていますので、体だけをみていてもまた元に戻ってしまいます。なぜなら気が滞っているからです。原因はストレスだったり、全体を整えることが大切だなと思います。私たちは生きていくうえで体という乗り物を使っているので、体を整えるのは現実的に生きるにはとても大切です。それが病んでいく原因が「気」にある。病気は 病の気なので気にあります。身体を整える、気を整える、心を整える。整えていくと、もっと精神とか魂のところも整っていくということが、自分のしてきた結果もそうですし、生徒さんとかお客様とか関わらせていただく方の変化を見ていてそれが大切だなと。体験からどんどん腑に落ちている感じです。施術させていただく際に、ひとり揉むごとに自分の気を整えてから、次の方の足を揉んで下さいというくらい、先ずは徹底して自分の気を整えることを大切にしてきました。

清水 最初は私も頭がかたかったので(笑)

記者 そうなんですね(笑)

清水 こういう技術と教われば、技術を完璧にしたかったので。
ある時期、お客様の足を揉んでいたら、お客様の足がみんな逃げるんです。
痛くて。ガンガン揉んでいたら、力も強いから(笑)お客様は痛いですよね。それが、お客様のストレスになったら意味がない。また新たなストレスを生み出してしまう。その体験から、体を整えるとはリラックスして緩まった状態でというのが、より改善が早いということも身に染みて教えていただきました。足が逃げないで揉むにはどうしたらいいか?ということを探っていた時にヒーリングに出会いました。ヒーリングを取り入れてからは、お客様の足が逃げなくなりました。同じようにやっているんだけれど、足が逃げなくなって、これは本当に効いているんだとお客様の反応がまったく違うので、私が体験するというよりは、お客様をみてヒーリングの効果を教えてもらった感じです。

頭でどんなに理解していても実際それが日常でどう活かせるか?
それがリアルで大事なことだと。

Q ヒーリングと出会ったことでどんな内面の変化がありましたか?

清水 お客様の体感でのフィードバックが一番うれしかったですが、自分が疲れない!どんどん元気になっていきましたね。周りの人から「どうしてそんなに元気なの?」と聞かれるようになりました。自分で気づいているというよりは、周りから私がこんなに変化しているんだ。お客様の反応がこんなに変化するんだと客観的に知れた感じです。ヒーリングをすることで自分にも循環し元気になることが実感できました。最初は意気込んでやっているという感じではなく、流れで体験から確信に至った感じです。
頭で理解してというよりは、目の前の変化が教えてくれている感じでした。
頭でどんなに理解していても実際それが日常でどう活かせるか?
それがリアルで大事なことだと。そのリアルなことは体験しかないと。
その体験からヒーリングの効果を見せてもらいました。足揉みやエネルギーワークを教える立場に立った時に、より変化し仕事に対しての思いが深くなりました。人が自分に気づいて受け入れて変化していこうとした時に
色々なブロックが取れていかないとなかなか難しいですね。こうなりたいとうことを形にしようと思っても、なぜ進まないかというと、ブロックがあるからです。ブロックを溶かしていくのがヒーリングでもあります。
3次元の中で現状に流されて、こうあるべき、こうするべきではなく、本当の自分は何を望んでいるのか?自分の人生に向き合っていくこと、一度立ち返って見つめる時間が大切だとそのきっかけになっていただけたらと。
生徒さんを通して体験から気づかせてもらいました。


行きつきたいところはみんな一緒。道はたくさんあり、あくまでもツールのひとつで提供させていただいてます。

サロンをオープンしたのが4年前で、お店の名前Rebornというのは「生まれ変わる」という意味です。その人がその人に再生する。それを手伝える場所でありたいと。形にしていきたいとサロンにしました。今はNPOにもして、たくさんの方により貢献できる形で提供できたらと。場で沢山の方にという方法もあり、そのような講習もあり、みんなでシェアする時間も大事にしていますが、基本的にはひとりひとりに丁寧にその方に合わせて、深く向き合いたいと考えています。自分が少しずつでも発信していくことでそれを理解してくれる人が増え、また応援してくれるということを実感し、発信することの大切さというものを感じます。三年後には、札幌の街中でサロンをしNPOにすると周りの方に言っていたそのことが実現しました。宇宙の流れは、発信しそれに向かい行動する。あとは委ねること。を自らの経験を通して伝えたいことです。

記者 緑がいっぱいで本当に素敵なサロンですが、何かテーマはあったのですか?

清水 屋久島へ行ったことがきっかけでした。自然の森をテーマに空間をつくりました。北海道は半年間雪があり、その間は緑を感じることができません。1年を通して緑を感じられ、自然を感じてリラックスできるような空間を作りたいと。屋久島に行ったときに、これを北海道に作りたいと!自然に帰ることは本来の自分に戻ること、リラックスすること、力が抜けること。まずは空間から作っていくと、そこに入れば自然とリラックスできる。そうすると自然とゆるんでいくので、体も心も整いやすくなりますので、空間はとても大切にしています。

記者 空間(場・環境)によってその方の在り方にも影響がありますよね!きれいな海で生き生きと泳ぐ魚みたいに。

清水 はい。浄化とあえて使った理由は、浄化という言葉は固いとか、反対もあったのですが、あえて使いたかったのです。今、量子力学とか、見えないものが立証されてきている時代になってきています。人も振動・波動だというという本などもたくさん世の中に出てきています。波動を整えるということがどんどん一般的になっていく。この浄化という言葉をもっと当たり前にしたかった。本来に戻すこと。水も自浄作用があるように、人も自然治癒力をもっています。それを引き出していくことが、結果身体が元気になることですし、心が沈んでしまっていても、自らの力で気力をあげて元気になることができます。当たり前だからこそ意識してない「元に戻すこと・元に帰ること」変化するのではなく「元に戻すこと」なんですよね。みんな、元気な状態が元の状態なんです。

記者 ありがとうございます

Q 「NPO光を照らすプロジェクト」のことについてお伺いできますか?

清水 もともと本来は日本の文化を継承するというプロジェクトで2年前に立ち上がりました。皇居の勤労奉仕や、田んぼプロジェクト、古事記の勉強会など様々な活動をしています。女性の為の浄化サロンはその中の活動のひとつです。女性を応援する。女性のためにということで、私自身も母子家庭ですが、女性は子供もいて生活を立てなきゃいけないとなった時に、夢だったり、したいことだったりをあきらめていく人が周りにも沢山いました。自分に使える時間やお金がみんな現状ないでんです。ただ、環境がどうだったとしても本来の自分らしく生きるというということを本当は選べるよと。それにはやるべきこともありますけども、それができるかは体力と気力にもよりますが(笑)環境に負けないで自分をあきらめずに社会で形にしていくことは、結果まわりだったり子供だったりに必ず何か影響として、いい反応がみえたり、「自分もやってみようとか!」とか必ず繋がると信じてやってきました。今こうして形になったことで、現実問題があり、なかなか実現できない方や躊躇されている方に、少し違う目線でですとか、心と体を整えていくと、本当は何でもできるよ!ということを提供できる場になりたかった。
自分自身がそうでしたから。母子家庭ということで守られている部分もたくさんあるのですが、社会的にはなかなか大変な部分も正直ありました。裕福な状態でここがあるわけではなく、何もない状態から一歩ずつ進んできた感じです。あきらめなかったからだと思います。

記者 ご自身の経験から「女性たちが自分らしく生きられる」ということを
体現されたのですね。清水さんからの女性たちへのメッセージでもありますね。

清水 はいそうです!できるよと!実際、言うは易しですが、実際こうして体験しましたから、一人ができたことは誰でもできると思います。同じ人間ですから。そういうこともあり、このNPOが女性たちを色々なアプローチで支援したり、一歩踏み出す手助けになればと思い作った目的でもあります。
幾つになっても気づいた時からです。

置かれた場所でそこから逃げるのではなく、

置かれた場所で「どう輝けるのか?」

どのような状況にある女性でも、「何か自分もやってみよう!」と思って
一歩ずつ動いていける。まず周りのひとたちから増やしたい。
そのお手伝いができればと思います。

Q 最後に清水さんは、今後どんな美しい時代を創っていきたいですか?

清水 それはもう!!女性たちが輝く時代を創りたいです!
シンプルに!現実に疲弊しすぎずに、環境にも負けずに、置かれた場所でそこから逃げるのではなく、置かれた場所で「どう輝けるのか?」
もし場所が違うと感じたらそれもまた軽やかに選んで進めること。
女性が自分の選択で輝いて生きていけることです。

「生まれてくる時、どんなことをしようと決めて来たと思いますか?」

答えは自分しか知らないと思います。私もそうでしたが、人生の中でほんの少しでも自分のことを深く考える時間をとることはとても大切なことだと思います。

記者 本日は素晴らしい時間をありがとうございました。


清水 こちらこそありがとうございます!

**********************************

清水さんの活動、連絡先についてはこちらから ↓ ↓

NPO 光を照らすプロジェクト  http://www.taiyosun.com/hikari/

【編集後記】
今回インタビューを担当しました米光(ヨネミツ)です。

ご自身の経験から
「女性たちが自分らしく輝いて生きられる」ということを
体現された清水さん。どのような状況にある女性でも、
「何か自分もやってみよう!」と思って一歩ずつ動いていける。
何もない状態から一歩ずつあきらめなかった清水さんからの
メッセージは、多くの人に届くのではと、心から感じさせて頂くそんなインタビューになりました。ありがとうございます。

この記事は、リライズ・ニュースマガジン”美しい時代を創る人達”にも掲載されています。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!よろしければシェアもおねがいします♪
104
【Lifestyle未来デザインラボUNIQUE】オフィシャルブログ http://globallyunique.blog.jp【facebook】https://www.facebook.com/yonemitsuminako

こちらでもピックアップされています

Re・rise News
Re・rise News
  • 1251本

AI時代に人間にチャンスを提供し、まだ見ぬ未来から今をリライズする新時代創造マガジン。 HP:http://rerise-news.com/ 社会のシステムが全てAIで賄われる時代だからこそ、人間の持つ本来の無限の可能性と機能を最大限花開かせる美しい時代を創っていく為に、既に活躍されている方々にお話を伺い、認識の変化のきっかけをご紹介することを通して、誰もが美しい時代を創る生き方を始められるヒントを提供していきます! Re·rise Newsはこのムーブメントを応援しています。 https://peraichi.com/landing_pages/view/lockdown

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。