見出し画像

日常をライブ配信することで料金が安くなるサービスが増えてくる

福岡で、客室からライブ配信すると、宿泊料金が100円になるというホテルが登場した。

原理は簡単。部屋に取り付けているカメラからずっとYoutubeでライブ配信をする。音声は聞こえず映像だけで、バスルームの一角は映らないというもの。その代わり、宿泊料金が100円になる。

元々は人気のない部屋をどうするのか、という課題から、Youtubeライブ配信をしてみるというものがうまれた。PR効果はあるし、再生数が多ければ広告収入も見込むことができる。

Youtubeライブ配信はここから見ることができる。

部屋の様子だけでなく、管理人のライブ配信も行われていて面白い。これ、ただ人の普通の生活を見てて楽しいの?って思うだろう。いや、本当にその通り。だけど、そのただ普通の生活をなんとなく見てしまう人がいるのも事実だ。なんとなくのぞきたい、見てみたい、そういった欲求を持った人はいる。

ちらっと深夜12時頃にのぞいてみると、100人くらいの人が視聴していた。そしてチャットも行われていて、宿泊者へ英語で質問が行われていた。ぱっとみた感じ、宿泊者は外国人で、チャットしてる人も大半は外国人。宿泊者も楽しみながら質問に答えて、みられている感じだった。

安く宿泊したい人にとっては好都合だし、ホテル側にとっても稼働率があがるし、話題性も出るし、広告料も入ってきてWin-Winな関係になる。

今回はホテルという例だったが、今後、他分野でも多数同じパターンは出てくるだろう。英会話レッスンしているところをライブ配信、スタートアップのオフィス内をライブ配信、カラオケBoxをライブ配信、駅の様子をライブ配信などなど。いろんな普通のシーンを見られるようになる時代がくるだろうし、ライブ配信することで格安になる時代がくるだろう。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
レアジョブ代表取締役社長 中村岳 日本人1000万人を英語が話せるようにするのがミッション。日本とフィリピンを行き来しながら、世界のEdTech企業に。 英語/フィリピン/EdTech/経営/キャリア・教育 https://medium.com/@gakunakamura